• HOME
  • ブログ
  • 広告
  • 広告代理店の仕事内容や年収ランキング!求められる人材や志望動機の書き方

広告代理店の仕事内容や年収ランキング!求められる人材や志望動機の書き方

スポンサードリンク

「特に志望業界はないけど、広告代理店ってなんか華やかでカッコいい」
「候補に入れてみたいけど、実際にどんな仕事をしていて年収はどれくらい?」

新卒の就活生に今も人気を誇る広告業界、年収も高くて魅力的ですよね。

しかししっかりリサーチをしてから企業を選ばないと、思った年収が得られなかったり、そもそも仕事が肌に合わない可能性もあります。

そこで今回は広告代理店の概要や年収ランキング、そして広告代理店が求める人材やESに使える志望動機までを徹底解説。

広告業界に入ってみたいと考えている方に必要な情報を全て紹介します!

1.広告代理店とは?職種別仕事内容から年収ランキングまで全部紹介

広告代理店とは、クライアント(出稿主)と広告制作会社の間に入り、広告出稿のお手伝いをする会社のこと。

販促に役立つマーケティングを代行し、手数料を得て収益を上げています。

クライアントには消費者の心を打つ広告のノウハウがなく、メディアに対しての広告枠も持っていません。

そのため広告代理店に依頼をし、広告出稿のノウハウや出すべき広告の選定・制作などを依頼するのです。

  1. 広告代理店の種類
  2. 職種別の仕事内容
  3. 広告代理店の年収

この3つの内容を解説していきますので、まずは概要を知っておきましょう。

(1)広告代理店の種類

一口に広告代理店といっても、実は大きく3つの種類に分けられます。

  1. 総合広告代理店
  2. 専門広告代理店
  3. ハウスエージェンシー

基礎知識としてそれぞれの代理店の違いを知っておきましょう。

#1:総合広告代理店

総合広告代理店とは全ての広告媒体を扱っている代理店のこと。

広告には新聞や雑誌、テレビからWebまで幅広い媒体があり、総合広告代理店は原則この全てを網羅します。

また企画を立てるところから制作まで一気通貫で行う会社が多いです。

博報堂や電通などが代表的な総合広告代理店ですね。

扱う媒体が多いために仕事量は多めで、きつさでいうと激務と言われています。

#2:専門広告代理店

専門広告代理店は特定の媒体に特化した広告を扱う代理店です。

例えばサイバーエージェントはネット広告に特化した専門広告代理店ということができます。

媒体に特化するため選択肢は狭まりますが、その分マーケティングや広告出稿のノウハウが深いです。

扱い媒体自体は狭いですが、専門知識を覚える必要がある、割り振られる部署によっては残業も多め。

特にネット業界はかなり伸びてきているため、仕事量は多いでしょう。

#3:ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーは特定企業のための広告を手がける子会社です。

大体は大企業の宣伝部を独立分社化させ、自社広告に特化させているケースが多いですね。

取引先が親会社なのでやや業務は他の広告代理店と比較すれば軽めの場合が多いでしょう。

ただし東急エージェンシーやサン・アド(サントリーの子会社)は、元はハウスエージェンシーですが他社の広告も手がけるようになりました。

上記の2社のようなハウスエージェンシーだと、他社からの依頼もあるので業務量は増える傾向にあります。

(2)職種別の仕事内容

広告代理店の職種は大きく分けて3つです。

  1. 営業
  2. マーケティング部門
  3. クリエイティブ部門

この3つに分類できます。

もちろん事務職や経理・総務などもありますが、特筆すべき特徴はありません。

今回はこの3つの職種別の仕事内容を紹介します。

#1:営業

営業職はクライアントから広告出稿の依頼を取ってくるのが仕事です。

クライアントの悩みを聞いてプランを提案したり、予算を聞いて見積もりを立てて調整するのも業務に含まれます。

広告業界でも特に大手はまだ昭和の風潮が強いため、かなりの激務・クライアントとの飲み会への参加などが必要なことも。

体力とコミュニケーション能力が問われる仕事と言えるでしょう。

#2:マーケティング部門

マーケティング部門は、広告出稿の戦略を立てる役割を担います。

営業が聞き取ってきたクライアントの悩みを分析し、消費者心理をついた広告を提案、企画するのが仕事。

市場調査を行って有効な広告を提案する他に、役職によっては他部署との調整やスケジュール管理まで担う広告業界の花形ともいえる職種です。

業務量はかなり多く、徹夜が続くなど激務なこともあります。

この辺りは企業が働き方改革にどの程度真摯に取り組んでいるかにもよりますが、家に仕事を持ち帰るという社員もいるようです。

体力的なタフさや計画性、冷静な判断力などリーダーシップも適正に含まれます。

#3:クリエイティブ部門

クリエイティブ部門は、企画された広告を実現させる役割を持っています。

営業が取ってきた仕事をマーケティング部門企画し、媒体に合わせた広告のイメージを形にする作業を行うわけです。

イメージが企業の持っているものを相違していないかを打ち合わせしたり、社内に戻って作業やチェックを行う細かい仕事を担います。

コピーを書いたり、コンセプト作りを行ったりというのがメインの仕事内容。

制作を自社で行なっている場合は広告の制作業務にも携わるので、業務量は膨大です。

アート系に興味があったり、何かを作り上げたいという人には向いている職種と言えるでしょう。

広告業界の仕事についてはこちらの記事でも紹介しています。

【広告マンを徹底解剖】年収1000万でモテるのは本当?

2020.04.18

(3)広告代理店の年収はどれくらい?

次に気になるのが広告代理店の年収ですよね。

結論から言うと広告代理店の年収は平均を上回る高級の職業ということができます。

役職や企業によっても年収は大きく違いますが、平均と比較しても高めと言えるでしょう。

  1. 年代別広告代理店の平均年収
  2. 2019年最新広告代理店の年収ランキング

上記データを見て、大体どれくらいの収入を得られるかも調べておきましょう。

#1:年代別広告代理店の平均年収

年代別広告代理店の平均年収は以下のようになっています。

年代 年代全体の平均年収 広告業界の平均年収
20代 325万円 350万円〜400万円
30代 397万円 450万円〜600万円
40代 462万円 650万円〜
50代 491万円 800万円〜1,000万円以上

広告業界全体での平均年収ではありますが、年代全体と比べてもかなり上回っている金額と言えます。

特に50代以上は役職者が多いこともあり、1,000万円以上の年収を得られる可能性も。

正直業務自体はきつめなので、それに比例して収入も多くなります。

入れ替わりの早い業界ではありますが、長く勤務してキャリアを積めば将来的にはかなりの収入を得ることができる業界です。

#2:2019年最新広告代理店の年収ランキング

2019年のデータで、広告代理店別の年収ランキングを見てみましょう。

企業名 年収平均(全社)
電通 1273万円
博報堂DYホールディングス 1089万円
サイバーエージェント 709万円
ティー・オー・ダブリュー 671万円
CARTA HOLDINGS 654万円
セプテーニ・ホールディングス 629万円
バリューコマース 617万円
オプトホールディング 603万円
サイジニア 578万円
プラップジャパン 578万円

上位10社の年収平均を見ると、トップは電通、次は博報堂と続きます。

ネット広告の需要も高まっていることで、上位10社の広告代理店の収入はどこも上昇傾向です。

新聞や雑誌などの紙媒体の専門広告代理店は下降傾向にあるので、今後のことを考えるならネット広告を扱っている代理店が収入的にはオススメですね。

(4)広告代理店は昇格しやすいか

広告代理店に入社しても、昇格していかなければ大きな昇給は望めません。

勤続年数で出世するというよりは、成果主義で実力のある人が出世していくケースが多いです。

営業であれば成績TOPを維持する、クリエイティブやマーケティング部門も同様でクライアントに満足されるプランや広告を作成した人が評価されます。

出世コースから外れると昇給の幅が少なくなったり、ボーナスもさほど増えないということもあり得ますね。

あなたが結果を出せば評価されるので、向上心が強い人には向いている業界です。

2.広告代理店への就活倍率は正しい数字とは言えない

広告代理店の就活を考えている方は、倍率などを知りたいですよね。

しかしネットに出ている倍率などは公式のデータを参照したものではなく、あくまでも目安程度に考えておいた方が良いでしょう。

倍率は採用人数をエントリー人数で割ることで大体の数字を出すことができます。

例えば電通の毎年採用枠は100〜200名程度。

明言はされていませんが、何万人単位のエントリーがあるため、倍率としては100倍以上となります。

博報堂も正確な数は発表されていませんが、エントリー自体は数万人、その中から100〜200名程度が選考されるため倍率は同様と予測できるでしょう。

自身が希望する企業の採用枠とエントリー人数を比較することで、倍率の目安とすることができます。

3.広告代理店が求める人材とは?

広告代理店が求める人材とはどのようなものでしょうか。

  1. 適正
  2. 学歴・資格

この2つに分けて広告業界が欲しがる人をまとめました。

(1)適正

広告代理店に向いている適正はこのようなものです。

  1. コミュニケーション能力
  2. 提案力
  3. 向上心

詳しくそれぞれの項目を見ていきましょう。

#1:コミュニケーション能力

広告代理店の適正として欠かせないのはコミュニケーション能力です。

営業職を目指すのであればクライアントとの会話、特に悩みを引き出す能力や相手に信頼感を持ってもらう話術が必要。

マーケティング部門は分析がメインとは言え、タブ所への指示出しや連携・スケジュール管理も多いため、チーム内での対話がうまくできないと業務の遂行に支障が出ます。

クリエイティブ部門でもチームで一丸となって広告制作をすることが多いので、コミュニケーション能力がないと場の雰囲気が悪くなり、仕事の効率が下がるでしょう。

広告業界を目指すならどの職種においてもコミュニケーション能力は欠かせない要素と言えます。

#2:提案力

広告代理店の適正としては提案力も重要です。

営業職はクライアントの悩みをヒアリング後、改善案を提案してあげる力が問われます。

またマーケティング部門では適切な広告をプランニングして提案したり、企業によってはコンペ形式を取るため提案力は欠かせない要素。

クリエイティブ部門はコピーの考案などを請け負いますから、社内会議でより良い意見を出す力が必要です。

提案する力を持っていないと、広告代理店でやりがいのある仕事を任せられるポジションにつけないでしょう。

#3:向上心

広告代理店の適正として向上心も必要です。

実力主義の風潮が強い業界なので、向上心がないと出世していくことはほぼ不可能。

言われただけの仕事をこなすという姿勢は特に広告業界では評価されないでしょう。

またクライアントの悩みを一緒に改善し、販促につなげるという強い気持ちも必要なので向上心は絶対要素。

昨日の自分を超えていくくらいの強い気持ちが必要です。

(2)学歴・資格

広告代理店に入社するのに学歴や資格は関係あるのでしょうか。

基本的にポテンシャル採用の部分が多い業界ですが、統計的に多い卒業大学や持っている資格を見てみましょう。

#1:大手広告代理店に多い卒業大学

大手広告代理店に多い卒業大学は以下のようになっています。

  1. 慶應義塾大学
  2. 早稲田
  3. 東大
  4. MARCH
  5. 日東駒専
  6. 京大・立命館大学・関西学院・同志社大学

電通や博報堂クラスだと、慶応・早稲田卒の学生がかなり多いようです。

次が東大、その下がMARCHや日東駒専と続きます。

関西圏からは立命館大学や同志社大学など、有名私立からの入社が多いようですね。

学歴が高ければ有利とも言い切れませんが、基本的に高学歴の人が大手には集まります。

学歴採用をする訳ではありませんが、最低でも4大卒以上の学歴は必要と言えるでしょう。

#2:英語力

広告代理店に入社するのに英語力はさほど問われないと言われています。

特に日系企業であればクライアントも国内のことが多いため、英語のスキルは問われません。

ただし外資系の広告代理店を狙う場合、または募集要項にTOEFL何点以上等の特記がある場合は必須です。

留学経験や英語力はアピールの一貫にはなるので、必須ではありませんがあると有利に働くこともあります。

#3:ウエブ解析士・統計検定

広告代理店に入社するのに持っていると有利になるのはウェブ解析士や統計検定です。

基本的にポテンシャル採用なので資格面は重視されませんが、アピールとして使えます。

ウェブ解析士はアクセス解析だけでなく、事業の成果につながるWebのデータを解析・PDCAを回すための計画立案に関する資格。

ウェブ解析士・上級ウェブ解析士・ウェブ解析士マスターと3つのランクがあるので、一番基本知識を学べるウェブ解析士は取っておくと良いですね。

国家資格ではありませんが、Web広告に主体を移している今の時代背景を考えると、会社で一目置かれるなど有利に働きます。

統計検定は統計に関する知識に関する資格です。

データに基づいて現状を客観的に判断し、問題解決に向かわせる能力を示すもの。

特にWebマーケティング部門に進みたい方は、取っておいて損はないでしょう。

必須ではありませんが、上記2つの資格はアピールポイントにもなりますし、人事採用担当の目を引く資格といえます。

4.広告代理店のES・面接に使える志望動機

広告代理店の就職活動では、資格などよりもポテンシャル、適正やビジョンが問われます。

そもそも新卒生は業務経験もないため、業界や企業の社風に合うかどうかが判断材料になるんです。

とはいえどう書いていいか分からない、明確な志望動機が自分の中にないという人もいるでしょう。

簡単に志望動機が書けるステップを紹介するので、参考にしてみてください。

(1)広告代理店の就職で書くべき志望動機

広告代理店のエントリーシートや面接に使える志望動機は、以下の4つのステップに繋げると簡単に書くことができます。

志望動機の4ステップ
  1. ビジョンを描く
  2. ビジョンと業界をリンクさせる
  3. 企業について触れる
  4. 業務・職種について触れる

志望動機を上記に触れて書いていくことで、採用担当や面接官の心に刺さる志望動機を作成できるでしょう。

#1:ビジョンを描く

志望動機作成の最初のステップはビジョンを描くことです。

広告代理店に入社して、どのようなことを実現したいのか、志望企業のコンセプトなどをサイトで確認して書くと良いですね。

ビジョン例
  • 商品の魅力を消費者に伝えることで、人々の生活をより豊かなものにしたい
  • クライアントの悩みを解決することで経済発展の役に立ちたい
  • 人の心に響く広告を作り、感動という心の豊かさを与えたい

このようにあなたが広告業界で働いた末に実現したいことは何かを明確にしましょう。

その際に学生時代の部活やサークル活動、アルバイトなど自分の経験と紐づけるとよりリアルな動機を書けます。

#2:ビジョンと業界をリンクさせる

志望動機作成の次のステップはビジョンと業界をリンクさせることです。

業界について無知だと「適当に就活している軸のない就活生」という印象を与えるでしょう。

業界研究をしっかり行ってから志望動機を作ってください。

ビジョンと業界のリンク例
  • 商品の魅力を消費者に伝えることで、人々の生活をより豊かなものにしたい→広告業界においてしか実現できないことに触れる
  • クライアントの悩みを解決することで経済発展の役に立ちたい→広告の仕事はクライアントの課題解決であることに触れる
  • 人の心に響く広告を作り、感動という心の豊かさを与えたい→短いCMや一行のコピーが人の心を動かす、広告の魅力に触れる

広告業界でないと自分のビジョンが叶わない、ということをアピールしましょう。

#3:企業について触れる

志望動機作成の次のステップは企業について触れることです。

多くの企業があるなか「なぜ自社を選んだのか?」という疑問に答える必要があります。

ビジョンと業界のリンク例
  • 商品の魅力を消費者に伝えることで、人々の生活をより豊かなものにしたい→企業理念などに触れて、自身のビジョンが叶えられるのはこの企業だけと伝える
  • クライアントの悩みを解決することで経済発展の役に立ちたい→OB訪問の体験談などを用いて、先輩営業マンがクライアントの悩みを解決、販促拡大した事例などを出す
  • 人の心に響く広告を作り、感動という心の豊かさを与えたい→志望企業の過去の広告例を勉強しておき、評判の良いものや自身の心を打った広告の例を出す

このように企業に特化した内容を入れ込むことで、より説得力のある志望動機を作ることができます。

企業研究のやり方のポイントはこちらで紹介しているので、併せて読んでみてくださいね。

企業研究のやり方徹底解説!ポイントを押さえて効率よく研究する方法とは?

2020.04.16

#4:業務・職種について触れる

最後に希望する業務や職種について触れましょう。

自身の適正が職種にどのように向いているかを書くことで、採用担当者に「この学生を雇用したらどんな働きをしてくれるか」を明確にイメージさせられます。

企業にとって採用は利益を上げるための投資なので、あなたを採用して職を与えるメリットを感じさせる必要があるのです。

業務・職種の例
  • 私の強みは傾聴する力です。この能力が企業の問題を余さず聞き取り、課題を解決するために役立つと確信しています。
  • 私の強みは向上心の強さです。同業他社に負けない広告を打ち、必ずクライアントを業界1位に押し上げる広告を提案します
  • 私の強みは提案力です。どんな逆境でも目的を見失わず、目的達成への道を見つけ出せます。

このように自身の強みが職種にどんな風に役立つのかを伝えると良いでしょう。

(2)広告代理店の志望動機の例文

それでは実際に広告代理店の志望動機を作成してみましょう。

上記のフレームワークに当てはめながら例文を紹介するので、あなたの適正やビジョンに当てはめてみてください。

広告業界の志望動機例文①

①ビジョン
私は商品の魅力を広く世の中に認知してもらうことで、人々の生活をより豊かで便利なものにしたいと考えています。
そのために私の強みである傾聴力が役に立つと確信しています。

②業界
学生時代のアルバイト先で広告を打つことになり、アルバイトも含めて広告の提案をした経験があります。
店長の悩み・そして既存のお客様から意見を伺い、お店とお客様双方のメリットが叶うお店としての方向性を打ち出し、集客を倍増させたことがあります。

③企業
私は御社の企業理念である「社会を広告で豊かなものに変える」という部分に非常に共感し、私のビジョンを叶えられるのは御社しかないと思ってこの企業を志望しました。

④業務・まとめ
入社後は私の強みである傾聴する力を活かし、クライアントの課題を解決するのに役立てたいと思っています。

(328文字)

こちらの例文では傾聴力を強みとしてあげました。

コミュニケーション能力と書いても問題ありませんが、傾聴力と書くことで「人から悩みを引き出す力がある」ことをアピールしています。

また学生時代に広告と関わった経験を入れ込むことで、ビジョン形成の経緯をつたえ、より説得力をつける例文に仕上げました。

広告業界の志望動機の作り方や例文はこちらの記事でも紹介しています。

より詳しい例文を知りたい方はぜひこの記事も合わせて読んでみてください。

クリエイティブだけじゃダメ!【広告業界の志望動機の書き方】とは?

2020.04.18

5.まとめ

今回は広告業界の概要や仕事内容、年収から必要とされる人材情報や志望動機までを紹介しました。

倍率の高い人気の業界であり、年収が高い故に激務とされていますが頑張った分評価されるので、やりがいはある仕事です。

クライアントの課題を解決し、人の心を打つ広告をチームで作り上げた暁には、大きな達成感を感じられるはず。

様々な業界の人と関わることができるので自身の経験にもなり、知見を広めるチャンスにもなります。

広告業界に興味が湧いた方、ぜひ就活候補に入れたいと思う方は今すぐ志望企業をリサーチしましょう!

今回紹介した志望動機の作り方のフレームワークを使えば、簡単に志望動機を作ることができます。

ぜひ広告業界の内定を獲得できるように動き出しましょう!

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。