• HOME
  • ブログ
  • 広告
  • クリエイティブだけじゃダメ!【広告業界の志望動機の書き方】とは?

クリエイティブだけじゃダメ!【広告業界の志望動機の書き方】とは?

スポンサードリンク

「広告業界を志望するが効果的な志望動機の書き方がわからない」
「どんな人材が求められているかわからない」

そうお悩みではないでしょうか。

広告業界はクリエイティブさが求められていることが多く、志望動機も独創性が求められていると考える人は多いでしょう。

しかし、クリエイティブさを求めるあまり、伝わりにくい志望動機を書いてしまっている人も少なくありません。

そのような自体を回避するためには、適切なフレームワークを学んだ上で伝わる志望動機を書くことが大切です。

この記事では広告業界が求める人材や、志望動機の書き方のフレームワーク、志望動機の事例を3つ紹介します。

この記事を読めば、広告業界で適切に伝わり、内定獲得に繋がる志望動機が書けますよ。

広告業界について詳しく知りたい人はこちらもご覧ください。

【保険業界】志望動機の書き方は?求める人材別に書き方を解説

2020.03.17

1.広告業界が求める人材とは

広告業界で求められる人材は大まかに以下の3つです。

広告業界で求められる人材

  • アイデアを出せる人
  • 行動力がある人
  • 営業力や調整力がある人

次で詳しく解説します。

(1)アイデアを出せる人

広告業界で求められる人はアイデアが出せる人です。

広告業界ではクリエイティブな能力が重要視され、他にはない発想力やアイデアが求められることが多いです。

ただし、広告業界では、アイデアを出せることを強みとする人は多く必要な要素ではありますが、競合となる人材も多いでしょう。

CMや広告のデザインなどを手がける人で、他にはない発想を提示するのは難しいですが、うまくPRできれば他の人との差別化ができます。

ただし、アイデアに自信がない場合は、無理にPRするよりも違う分野で勝負をかけた方が無難です。

(2)行動力がある人

広告業界では常に新しい情報を求め、探求していく好奇心や行動力がある人が求められます。

営業などの仕事でも、常にアンテナを張り続けていく気持ちを持つことが大切です。

広告業界では広告の制作だけではなく、企画、制作、運用など幅広い仕事が求められるため、アクティブに取り組めることはPRできる要素の一つです。

(3)営業力や調整力がある人

広告業界で働くには営業力や調整力も求められます。

広告業界ではクライアントだけではなく、社内のデザイナーなどとのやりとりなど、高いコミュニケーション力が求められます。

出演するタレントの手配やCM枠の調整などを企業に行うなど、裏方で調整を行う業務も少なくありません。

こうした細やかな調整ができることは広告業界では有効なPRの一つです。

2.志望動機の書き方は?

「志望動機をどう書けばよいかわからない」という人も多いかと思います。

広告業界の志望動機の書き方は以下のフレームワークに沿って書くのがおすすめです。

志望動機を書くためのフレームワーク

  • 志望業界からビジョンを決める
  • ビジョンと業界とを繋げる
  • 業界と企業の特色を関連付ける
  • 自己PRと希望職種を関連付ける

広告業界ではクリエイティブ性が求められる印象が強いです。

確かに間違いではないのですが、大前提としてきちんと伝えるためのフレームができていないと、メッセージが伝えられません。

このフレームワークを抑えて志望動機を書くことで、面接官に伝わりやすい、志望動機を書くことができますよ。

このフレームワークを活用した詳しい書き方については、以下の記事にて解説していますので、ぜひご覧ください。

【例文】エントリーシートの志望動機をフレームワークで簡単に書こう!

2019.11.27

3.広告業界を志望する志望動機例文3つ

広告業界と一言で言っても、携わる業務には違いがあり、関わりたい業務の違いに合わせた動機を書くことが大切です。

ここでは広告業界を志望する動機の例を3つ紹介します。

(1)アイデア力をPRする例文

ここではクリエイティブさやアイデアを重視したPRを紹介します。

アイデアをPRする志望動機例文

①ビジョン
私が貴社を志望するのは、コピーライターとして人の心に残るキャッチコピーを作りたいからです。

②業界
私は大学生のときにサークルの勧誘のためにどうやって勧誘するかチラシや勧誘方法を工夫し、立ち上げたばかりのサークルを3年間で100名規模にまで成長させました。
私は貴社の〇〇(商品)の「〇〇(キャッチの内容)」に代表されるように、短い言葉でわかりやすく消費者の心を掴むPRを通して、広告業界でも成果を出したいと考えています。

③企業
貴社では、顧客目線に立った、わかりやすいキャッチコピーを大切にしており、こうした点から、相手の心を掴みたいという私の志望動機とマッチすると考えました。

④業務
サークルの新入生募集で培ったアイデアやノウハウを生かし、消費者にインパクトを与える広告を作り、貴社の売り上げに貢献したいと考えています。

(327文字)

アイデアをPRする際に注意するべきなのが、「ひとりよがりにならないこと」です。

ひとりよがりのアイデアをPRするだけであれば、PRとして不適切です。

消費者やクライアントを意識し、その人の心を掴むために実践したアイデアなどをPRしましょう。

(2)行動力をPRする例文

広告業界では、様々な業務があり、様々な情報に積極的に関わる行動力やリサーチ力が求められます。

そのため好奇心や行動力をPRすることが効果的な場合が多いです。

行動力の志望動機例文

①ビジョン
私が貴社を志望するのは、持ち前の好奇心や行動力を生かし、消費者のニーズに合った広告を作りたいと思って入りからです。

②業界
私は好奇心が強く注目を集めていないものでも、面白いものはないか、SNSや情報を集めています。そうして見つけたものをツイッター上で共有し、1,000リツイートを超えたつぶやきもいくつかあります。

③企業
貴社でも、まだ魅力の伝えられていないものをPRすることを重視していることから、私の強みを活かせると考えました。

④業務
積極的に探す姿勢が活かし、より魅力を伝えられる広告を作ることで、貴社に貢献いたします。

(230文字)

この事例で言えば、行動力を生かし、まだ注目されていないものをうまくPRできたと伝えることでより説得力の高いPRになるでしょう。

(3)営業力や調整力をPRする例文

広告業界では多くの人が関わるため、営業力や調整力をPRすることも有効です。

営業力や調整力をPRした事例を紹介します。

営業力や調整力をPRする例文

①ビジョン
私が貴社を志望するのは、様々な人とのやりとりを円滑に進められる力を活かせると感じたからです。

②業界
私はサークルのイベント企画で、100人を超える人を取りまとめるリーダーを努めました。
決して仲がよい人ばかりではなく、ぶつかりあいも少なくありませんでしたが、必要に応じてクッション役を努め、会議などでもスムーズに進められるよう事前に根回しをすることで、大きなトラブルなくイベントを進行させました。

③企業
貴社では大人数の広告企画を進めることも多く、私の持っている強みを活かせると考えました。

④業務
私の業務を円滑に進める調整力を生かし、チームを一眼にまとめ、スムーズに業務を進められるよう努めることで、貴社に貢献したいと考えています。

(287文字)

コミュニケーション力とも言い換えられますが、調整力と表現することで、どんな能力なのか具体的にイメージしやすくなります。

4.まとめ

この記事では広告業界で求められている人材や志望動機の書き方のポイント、志望動機の事例について解説しました。

広告業界は、クリエイティブさが求められるのは確かですが、それ以外にも行動力や調整力などの能力も求められます。

独自のアイデアと言っても、奇抜なだけではなく、消費者のニーズを把握した上でのPRをしていくことが大切です。

この記事を参考により伝わる広告業界の志望動機を作成し、内定獲得に繋げてください。

エントリーシートに欠かせない自己PRについてはこちらもご覧ください。

エントリーシートで必須の自己PRとは?書き方を例文付きで詳しく解説!

2019.11.22
スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。