【広告マンを徹底解剖】年収1000万でモテるのは本当?

スポンサーリンク

「広告マンがどのくらい稼げるか知りたい」
「広告マンの仕事内容や今後について知りたい」

そうお考えではないでしょうか。

広告マンは平均年収が高めで、自分の実力次第で大きく稼げる可能性がある業界です。

しかし、ハードな業界である場合も多く、それなりに過酷な環境で働くことにもなるでしょう。

この記事では広告マンの仕事内容や業界の内容、年収について詳しく解説します。

この記事を読めば、広告マンの仕事が自分に向いているかどうか、簡単に判断できますよ。

1.広告マンはどんな仕事?

「広告マンはどんな仕事かわからない」と考える方も多いでしょう。

広告マンとはいわゆる広告代理店で働く人のことです。

広告代理店の仕事では、ある商品の広告に関わる行程を販売元の会社の代わりに行います。

広告の方向性を定め、広告の制作まで広告に関わる全ての行程に関わると考えて問題ありません。

業務の内容は幅広いですが、CMのクリエイターや営業など仕事内容は細分化されていることが多くコミュニケーション力が重要な仕事です。

例えばCMの作成を行う場合であれば、CMの企画制作だけではなく、CMに出演するタレントとの調整や、テレビ局相手にCM枠の調整など、裏方の役割を担うこともあるでしょう。

(1)広告業界の仕組み

広告代理店が収益を得る方法は主に2つです。

広告代理店が収益を得る方法
  • メディアの広告枠を他者に販売し手数料を得る
  • 広告主と販売戦略を立てながら、広告の企画運営する

広告主と販売戦略を立てながら、広告の企画運営する方法がメインだと思われがちですが、メディアの広告枠を買い取って販売する方法でも収益を得ています。

近年ではYouTubeやInstagramなどで、フォロワーが多いインフルエンサーの影響力が高まっており、広告の手法も多様化してきました。

(2)広告業界は離職率が高い

広告業界は他の業界と比べると、離職率が高いことが特徴です。

2015年に電通で勤務していた女性が過労自殺したことは有名な事件でしょう。

人の入れ替わりの激しさや、残業の長さ、クライアントからの無茶な要求などがその理由としては考えられます。

ただし、近年ではブラックな広告代理店ばかりではなく、サイバーエージェントの離職率は8.2%と一般的な企業よりも低い数字になっています。

2003年時点では30%を越えていたため、そこから考えると、労働環境が大きく変わったことが伺えます。

参考:「【サイバーエージェント】離職率はたった8.2%!サイバーエージェントの5つの人事制度とは?

とは言え、中小企業の広告代理店の中には離職率が極端に高いブラック企業なども存在しているため、志望する会社の残業時間や労働内容についてはよく確認した方がよいでしょう。

(3)広告マンはモテる?

「広告マンとして働いているとモテるのでは?」と考える人も少なくありません。

広告マンは華やかでコミュニケーション能力が高く、年収が高いというイメージがあります。

実際に、大手の広告代理店の広告マンは年収が高く女性からの人気が高いです。

また、クリエイティブさや競争が激しいことから、他業種と比べるとモチベーションが高い人が多い傾向にあり、魅力的に見える人も多いでしょう。

こうした点から見れば、広告マンは「モテる」職業であるとは言えそうですが、あくまでイメージなので、参考程度で考えてください。

(4)広告業界に求められる人材は?

広告業界に求められるのは以下のような人材です。

広告業界に求められる人材
  • アイデアを出せる人
  • 行動力がある人
  • 営業力がある人

広告業界に求められる人材の詳しい解説や、志望動機の書き方は以下の記事に紹介していますので、ご覧ください。

クリエイティブだけじゃダメ!【広告業界の志望動機の書き方】とは?

2020.04.18

2.広告マンの年収はどのくらい?

広告マンの年収は高い、というイメージが強い人もいるでしょうが、実際のところはどうなのでしょうか。

「1000万円以上稼げる」というイメージがある人もいるかもしれませんが、実際のところはそこまでではありません。

広告マンの年収の実態について解説します。

(1)全体の平均年収は450〜650万円

広告マンの年収は高いというイメージがありますが、実際の年収としては450万〜600万円ほどが平均のようです。

平均年収としては他の業界と比べると高めなのは間違いありません。

ただし「1000万稼げるか?」と言われると、現実的とは言えないケースが多いでしょう。

会社によっては残業が非常に多い可能性もあるため、その点も考慮に入れる必要があります。

(2)電通・博報堂の平均年収は1000万以上

広告マンの年収が高いと言われるのは、広告業界でも主流の博報堂と電通の平均年収が1000万円を超えているからです。

広告マンとして高収入を狙いたいのであれば、広告代理店というよりは博報堂や電通に入社することを考えた方がよいかもしれません。

ただし、広告業界の変化はインターネット広告が主流になっており、平均年収の順位が変動することは大いにあり得ることでしょう。

他に年収が高い仕事の内容が気になる方はこちらもご覧ください。

外資系証券会社の年収ランキング!気になる就職活動のポイントを紹介!

2020.04.19

外資系コンサル企業の年収ランキング!4種の役職別の仕事内容を紹介

2020.04.18

3.広告業界の今後の動向は?

広告業界他の業界と比べると、かなり変化が激しくなることが考えられます。

大まかな動向としては以下の2点があげられるでしょう。

広告業界の今後
  • インターネットが主流に
  • 変化がより激しくなる

次で解説します。

(1)インターネットが主流に

今後の広告業界はインターネットが主流になってくると考えられています。

これまでの広告業界ではテレビが主流で、新聞や雑誌も大きな力を持っていました。

しかし近年ではインターネットの広告が増加傾向にあり、新聞の影響力は徐々に下がっています。

インターネットと一言で言っても、その内容はfacebookやInstagramなどのSNSやYouTubeなどの動画コンテンツなど、種類は非常に豊富です。

今後、5Gが主流になることで、長時間の動画配信なども可能になることから、インターネット、特に動画コンテンツの注目度はより高まっていくと考えられるでしょう。

(2)変化がより激しくなる

今後広告業界の動向として、変化がより激しくなることが予想されます。

テレビが主流だったものがインターネットに変化しつつあり、インターネット広告の分野でも変化が非常に激しくなっています。

facebookが主流だったものがInstagramになり、今後新しいSNSや広告媒介が登場することで、新しいものが生まれる可能性もあるでしょう。

そのため、時代の変化や流行の波を敏感に読み取っていくことが今後重要になると考えられます。

4.まとめ

この記事では広告マンの仕事の内容や年収、今後の動向についてお伝えしました。

広告マンは他の業界と比べると平均年収が高めではあるものの、離職率が高い会社も多いです。

そのため、自分次第で年収をあげられますが、過酷な環境下に置かれる可能性もあるでしょう。

そのため、ある程度過酷な環境でも働けるタフさやモチベーションの高さが必要な業界だと言えます。

この記事を参考に広告マンの仕事が自分に合っているのかどうか、その判断の参考にしてください。

チャレンジしたい人でベンチャー企業の内容が気になる方はこちらもご覧ください。

ベンチャー企業のメリットと向いている人の特徴とは?就活初期必見!

2020.06.18
スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。