【自動車業界:志望動機例文集】知っておきたい志望動機のポイント

スポンサーリンク

「自動車業界の志望動機ってどう書けばいいのだろう?」
「志望動機を手軽に書く方法ってないかな…?」

自動車業界に就職したいあなたは、どのような志望動機を書けばいいのか分からずに困っているのではないでしょうか?

そこで今回は、自動車業界の志望動機を書くためのポイント3選を紹介します。

記事の後半では、志望動機を手軽に書けるフレームワークや職種ごとの志望動機の例文も紹介しているので、この記事を参考に内定の切符を掴み取りましょう!

なお、自動車業界の分析も合わせて進めたい方は以下の記事がおすすめですよ。

自動車業界の現状は?コロナ禍の影響は?課題や今後の動向について解説

2020.08.31

1.自動車業界の志望動機を書くためのポイント3選

自動車業界の志望動機を書くためのポイントは以下の3つです。

自動車業界の志望動機を作成するにあたって、業界分析は極めて重要ですが、闇雲に分析を進めるだけでは採用担当者の心を掴めません。

というのも採用担当者の多くは、志望動機を「企業と応募者の適性を判断するための材料」として捉えているからですね。

そのため、採用担当者が求めているポイントを押さえ、「自社が求めている人物像とマッチしている」と思わせることが非常に重要です。

(1)「なぜ自動車なのか」という動機を洗い出す

自動車業界の志望動機を書く場合、まず「なぜ自動車なのか」という動機を洗い出すことが重要です。

というのも、採用担当者は業界への理解度や志望度を図るとともに、その学生の価値観を知ろうとしているからですね。

たとえば、日本にはいくつもの業界が存在しますが、その中から自動車業界を選ぶということは、その人なりの考えや判断基準があることを意味します。

そして、それを知ることによって企業と就活生との適性を図ろうとしているわけです。

そのため、自動車業界の志望動機を書く際には動機を徹底的に洗い出し、「自動車業界でしかできないこと」を模索する必要があります。

(2)企業選びの軸を定めれば「なぜその企業なのか」が自ずと分かる

「なぜ自動車なのか」という解答を用意したら、次は「なぜその企業なのか」を考えましょう。

この際、必要となるのが企業選びの軸を定めることです。

企業選びの軸とは簡単に言ってしまえば、自分の価値観が満たされる企業の条件のことで、たとえばその企業が独自に展開している事業や業務内容、社会貢献度などが該当します。

この企業選びの軸を明確にすることで、「なぜその企業なのか」が自ずと分かります。

逆に言うと、企業選びの軸が定まっていない状態では「なぜその企業なのか」を導き出せないので、志望動機がどうしても思いつかない場合はもう1度企業選びの軸を考え直してみましょう。

(3)自動車業界は就活生の「想い」を重要視している

一般にはあまり知られていませんが、実は自動車業界では就活生の「想い」を非常に重要視しています。

たとえば、大手自動車メーカーであるトヨタの新卒採用サイトには、かつて以下のような文言が記されていました。

実際に面接でお会いする日を前に、ひとつお願いがあります。「あなたはどんな社会をつくっていきたいか。社会にどんな影響を与え、責任を果たしていきたいか」について、大いに考え尽くしてください。

引用:トヨタ自動車

また、同じく大手自動車メーカーであるホンダのESには以下のような記載があります。

あなたが仕事を通じて成し遂げたいことは何ですか。その根底にある想いや理由をあわせて入力してください。

夢の実現の場としてHondaを志望する理由を入力してください。

引用:本田技研工業

このように、自動車業界ではその人の「想い」や「ロマン」を重要視する傾向にあります。

そのため、自動車業界の志望動機を書く際は、自分の熱意を積極的な伝えるよう心がけましょう。

2.自動車業界に就職するなら志望動機の型を覚えよう!

「自動車業界の志望動機のポイントは分かったけど、実際にそれを文章化するためにはどうしたらいいのだろう?」
「もっと手軽に志望動機を作成したい!」

そんな方におすすめしたいのが志望動機のフレームワークです。

フレームワークとは簡単に言ってしまえば志望動機を書くための土台で、自分の思いや考えを当てはめることにより、採用担当者に刺さる志望動機を作成できます。

実際に、上記フレームワークを使って自動車業界の志望動機を作成してみましょう。

自動車業界の志望動機例文

①ビジョン
私は車作りを通して、お客様に居心地の良い空間を届けたいと思っています。
②業界
私は幼いころから、父が運転する車に乗るのが大好きでした。そんな私にとって、車は単なる移動手段ではなく、大切な人との思い出を共有させてくれる「居場所」だったのです。しかし、若者の車離れが叫ばれる昨今、車は単なる移動手段として捉えられてる向きがあります。
③企業
そんな中、貴社は積極的に若者の車離れ対策を講じており、車を単なる移動手段としてでなく、人と社会を繋ぐサービスとして位置づけています。その姿勢に感銘を受け、貴社を志望するに至りました。
④業務・職種
私が貴社の営業部に就いた暁には、お客様のニーズに合った商品を提案し、お客様のより良い車選びに貢献したいと思います。

(308文字)

上記例文のように自分が抱くビジョンや業界分析、企業分析、希望業務・職種に触れておくと、その人の志望動機に説得力や現実感が生まれます。

そのため、採用担当者の心をより掴みやすくなるわけですね。

あとは自分の勉強や分析の成果を反映させるだけなので、このフレームワークをもとに志望動機を作成してください。

3.【職種別】自動車業界の志望動機例文

自動車業界の志望動機の例文を以下の3つの職種に分けて紹介します。

自動車業界の志望動機例文
自動車業界には様々な職種が存在するため、仕事内容によって伝えるべきポイントが微妙に異なります。

それを踏まえたうえで、志望動機の例文を具体的に確認しましょう。

(1)研究開発職は自分の研究内容と企業の取り組みを結びつけることが重要!

研究開発職は、自分の研究内容と企業の取り組みを結びつけることが重要です。

もともと、研究開発職は募集人口が少ない傾向にあるため、単に熱意や想いを伝えるだけでは採用に繋がりにくいです。

そのため、自分の研究内容がいかに会社の利益に繋がるかをアピールし、採用担当者に「即戦力として期待できる」と思わせましょう。

研究開発職の志望動機例文

①ビジョン
私は自身の研究成果を活かして、交通事故死傷者ゼロの実現に貢献したいと思います。
②業界
私は過去に交通事故を経験したことから、常に自動車の安全性に興味を持っていました。大学では、交通事故時の衝撃発生メカニズムの分析と、安全確保のための技術開発に取り組んでいます。
③企業
また、自動車メーカーの多くは、独自に安全技術の開発に取り組んでいますが、その中でも貴社は安全設計ボディの開発に力を入れておられます。新技術開発のノウハウも蓄積している貴社でなら、私の目標である「世界一安全な車作り」ができると考えました。
④業務・職種
私が研究していた安全工学の知見を技術製品の発展へと結びつけ、貴社の自動車の安全性向上に貢献したいと思います。

(302文字)

(2)企画職は社会の動向やトレンドを意識!

企画職は、社会の動向やトレンドを意識した志望動機を書くことにより、「希望職種に適性がある」と判断してもらいやすくなります。

また、企画職は消費者のニーズを満たすための問題解決能力も求められるため、リサーチに対する解答を用意しておくとさらに効果的です。

企画職の志望動機例文

①ビジョン
私は消費者がより安心して車を利用できるようにするために、ポストコロナのニーズに応えられる製品を提案したいと思います。
②業界
自動車業界は100年に1度の大転換期に差し掛かっているとされており、各企業がこぞってCASEやMaaSに取り組んできました。私自身、交通に不便な地域に住んでいることもあってモビリティサービスとしての自動車に強い共感を抱いています。
③企業
しかし、2020年初頭に流行し始めた新型コロナウイルスの影響により、自動車業界はポストコロナを意識した車両開発が求められ始めています。貴社は自動車業界の中でもとりわけコロナ対策に力を入れており、新型コロナウイルス感染者用の搬送車両も生産しています。
④業務・職種
交通が不便な地域において、コロナウイルスがいかに不安な存在であるか身に染みて理解しています。そんな消費者の不安感を解消するために、コロナ対策を意識した車作りを提案していきたいです。

(387文字)

(3)生産技術職は物作りへの喜びや商品愛をアピール!

生産技術職は、物作りへの喜びや商品愛をアピールすると、熱意とともに企業分析の深さもアピールできます。

また、職場体験のエピソードやインターンシップ、アルバイト経験などを絡めると、志望動機により現実性が生まれやすくなりますよ。

生産技術職の志望動機例文

①ビジョン
私は貴社の生産技術職に就くことで、物作りの偉大さや楽しさを次の世代へと受け継いでいきたいと考えています。
②業界
私は中学生の頃、貴社の工場で職業体験させていただいたことがあります。その際、貴社の生産技術の方から、車作りがいかに魅力的な仕事なのかを実演を交えていただきながら教わりました。
③企業
その後、免許取得を機に貴社の〇〇に乗車する機会が増えたのですが、あの日生産技術の方が携わっていた車もこうして消費者のもとに届けられたと思うと、非常に感慨深いものがありました。そして、私自身も車作りに携わることで、消費者に感動をお届けしたいと考えるようになりました。
④業務・職種
自動車は約2万~3万個もの部品によって作られています。その1つ1つに誰かの想いが込められていることを、私は誰かと共有したいです。そしてそのためには、最初の感動を味わった貴社の生産技術部門で車作りに向き合う必要があると考えています。

(390文字)

4.まとめ

この記事では以下の内容について解説しました。

まとめ
  • 自動車業界の志望動機を書くためのポイント3選
  • 自動車業界の志望動機を手軽に作成できるフレームワーク
  • 自動車業界の志望動機例文
自動車業界の志望動機を書くうえで最も重要なのは、採用担当者に「自社の求めている人物像とマッチしている!」と思わせることです。

そのためには、採用担当者が何を基準に評価しているのかを知る必要があるので、今回紹介したポイントを参考に志望動機を作成してくださいね。

なお、志望動機の書き方の基本について知りたい方は、以下の記事がおすすめですよ。

【最適文字数で志望動機を書こう】7つの要素をマスターすれば完璧!

2020.04.14
スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。