人事コンサルタントは4種類!それぞれの仕事内容と必要な資質とは

「人事コンサルタントってよく聞くけれど、どんな仕事内容なんだろう…」
「人事コンサルタントにもいろいろあると言うけれど、どんな種類があるんだろう…

このように、人事コンサルタントという職業について気になりつつも、詳細が分からず困っていませんか?

この記事では、人事コンサルタントという仕事がどのような仕事であるか、人事コンサルタントにはどのような種類があり、どのような資質が求められるのかを徹底解説します。

この記事を読めば、人事コンサルタントについての理解が深まり、人事コンサルタントになるにはどうすれば良いのかを知ることができますよ!

1.人事コンサルタント4種

人事コンサルタントは、企業の人事課題を解決するために、クライアント企業の問題を分析し対策を練り、その問題を解決へと導く仕事です。

企業の営業戦略や、技術的な介入をおこなうコンサルティングではなく、「人や組織」の部分に対するコンサルティングとなるため、人に強い好奇心を持ち、対人能力に優れている必要があります。

人事コンサルタントの仕事は大きく4種類に分類されます。

人事コンサルタントの仕事種別4つ
  1. 人事組織コンサルティング
  2. 採用コンサルティング
  3. 人材育成・研修コンサルティング
  4. グローバル人事コンサルティング

それぞれの仕事内容について説明します。

(1)人事組織コンサルティング

人事組織コンサルティングとは、企業の人事評価制度の見直しや組織改革、クライアントの人材に関わる課題解決をすることです。

企業には、それぞれに独自の評価制度が定められています。

人事組織コンサルティングでは、それらが適切であるかを判断し、必要に応じて評価制度の再構築を行います。

例えば、企業の規模に見合った人件費が設定されているかの確認や見直し、社員がモチベーションを保ち働ける適切な評価制度があるかどうかの確認などがあります。

クライアント企業の戦略に適した人事戦略を練り、組織として企業がさらに上手く機能していくように促します。

(2)採用コンサルティング

採用コンサルティングとは、企業にとって必要な人材を採用するための支援を行う仕事です。

企業によって必要な人材はそれぞれ異なります。

採用担当者は、企業に必要な人材とはどのような資質を持った人材なのかを正確に見定め、その条件に見合う従業員を雇用していく必要があります。

採用コンサルティングは、採用業務における戦略を立てたり、採用業務自体をサポートすることで、企業が必要な人材を雇用し強い組織を作るためのサポートをします。

(3)人材育成・研修コンサルティング

説明会

人材育成・研修コンサルティングとは、従業員をさらに成長させるための研修プログラムの立案や、今後企業を率いていく立場になる次期リーダーの育成計画を策定するなど、人を育てる部分に注力したコンサルティングのことです。

新入社員から中堅社員、さらには経営陣までの研修の全てを企画し、それを実行するのが人材育成・研修コンサルティングの仕事です。

企業ごとに研修プログラムを作成することもあれば、自社で用意している研修カリキュラムをそのまま導入するケースもあります。

(4グローバル人事コンサルティング

グローバル人事コンサルティングとは、企業がグローバル企業へと成長するにあたり必要なグローバル人材の育成に特化したコンサルティングです。

外国人の従業員を採用する場合には、会社の企業理念や経営者の想いが伝わりにくいことがあります。

文化的な相違や言葉の壁などさまざまな障害があることで、グローバル人材の育成や研修は非常に難しいと言われています。

今後企業がさらに成長していくのに欠かせないグローバル人材を育成し海外進出への準備を整えることが、グローバル人事コンサルティングの主な目的です。

2.【種類別】人事コンサル一覧

ここからは具体的なコンサルティング会社を種類別にそれぞれ一つずつ紹介します。

(1)人事組織コンサルティング

 

 

HELP YOUは250社以上ものコンサル導入実績を持つ人事組織コンサルティング会社です。

元大手企業に勤めたキャリアを持つコンサルタントが多く所属しており、バックオフィス業務から営業サポートまで幅広くサポートを行います。

業務効率化を目指し、様々な角度から業務の見直しをおこない、従業員が気持ちよく働ける環境づくりを目指します。

利用継続率97%のサービス満足度を誇る人気のコンサル会社のひとつです。

(2)採用コンサルティング

 

 

リスナーズ株式会社は会社説明会のコンサルティングから、採用ツールの企画制作まで、採用に関わるさまざまな業務を行います。

1,500社以上の取材と30冊以上の出版実績のある編集チームが、採用広報の企画立案から取材・執筆・編集までを徹底的にサポートしてくれるため、これらをすべて一任することが可能です。

より多くの人に企業を知ってもらうために、リスナーズが独自に開発したマッチングプラットフォームを駆使し、より良い人材の獲得を目指します。

リスナーズ株式会社では、学生のインターンを募集しています。

内容としては、就活生の目線でモニターをする、企業の社員にインタビューをして記事を書くなど、就活をしながら働ける点が大きなメリットです。

(3)人材育成・研修コンサルティング

 

 

株式会社プレセナ・ストラテジック・パートナーズは、新人層から役員層までの全てをターゲットとして、社内講師による育成や研修プログラムを行い、組織全体のスキルを底上げします。

コンサルティング会社による研修は、外注の講師により行われることが多いものの、株式会社プレセナ・ストラテジック・パートナーズにおいては、その全てを社内講師で行う点が大きな特徴です。

これまでの研修データを分析し、企業が必要としているスキルを効果的に伸ばすことができる研修プログラムを提供しています。

分野においても幅広く対応しているため、さまざまな部分でのスキルアップを図ることができる、頼りがいのあるコンサル会社です。

株式会社プレセナ・ストラテジック・パートナーズでは、新卒採用や第二新卒採用を行っています。

(4)グローバル人事コンサルティング

 

 

ウイリス・タワーズワトソンは全世界140カ国以上、45,000人超の社員を持つ世界規模のコンサルティング会社です。

大企業から中堅ベンチャー企業までの様々な規模のクライアント企業に向けて、グローバル人事コンサルティングを行います。

ウィリス・タワーズワトソンでは、「コンサルティングは決まりきったものではなく、それぞれのクライアント企業に応じてオーダーメイドのコンサルティングを展開する」ことをポリシーとしているため、企業ごとの特徴に見合った成果をあげることが可能です。

3.人事コンサルタントに求められる資質3つ

人事コンサルタントになるために求められる資質は3つあります。

人事コンサルタントに求められる3つの資質

  1. 対人関係構築力
  2. 知的好奇心
  3. 精神力

それぞれの資質について説明します。

(1)対人関係構築力

人事コンサルタントになるには、対人関係構築力が欠かせません。

人事コンサルティングは、「人」に関わる仕事です。

人と向き合い、どこに課題があるかを見据えることができなければ、課題を解決することも不可能です。

そのため、人を動かす高い対人関係構築力が必須となります。

#1:人事コンサルタントになるために持っておくと良い資格2つ

人事コンサルタントになるためには、持っておくと良い資格があります。

ここではその2つを紹介します。

・キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは国家資格です。

この資格を持つことで、キャリアコンサルタントを名乗り、キャリア形成などにおけるさまざまなアドバイスを行うことができます。

・社会保険労務士

社労士と呼ばれるこの資格は、企業の人事や労務、社会保険関係のエキスパートとしての知識を持つことを証明できる資格です。

(2)知的好奇心

人事コンサルタントになるには、知的好奇心が旺盛である必要があります。

人事コンサルタントは、クライアントにより求められることが変わります。

この企業はどこを目指しているのか、そのためには何が必要なのか考え、解決に導くスキルが求めらます。

相手を知りたい、そのために興味を持って積極的にクライアント企業に入り込んでいく好奇心旺盛な人にこそ適している仕事だと言えます。

アンテナを張り、常に新しい情報を集める知的好奇心は、人事コンサルタントになくてはならない資質です。

(3)精神力

人事コンサルタントになるには、強い精神力が必要です。

クライアント企業の上層部と直接関わることが多いのが人事コンサルタントの仕事です。

ときには、上層部の要望と現場の従業員の想いに板挟みにあうこともあるでしょう。

そのような状況下でも問題解決に向けて動き続ける強い精神力は、人事コンサルタントになくてはならない資質です。

4.まとめ

この記事では、人事コンサルタントの4つの種別や、それぞれのコンサルティング会社の紹介、そして人事コンサルタントになるために必要な資質について解説しました。

人事コンサルティングは、非常に興味深い仕事です。

企業が成長するか否かは「人材」次第。

企業にとって必要な人材を採用し、育成していく人事コンサルタントの仕事は、企業の成長に大きく関わるやりがいの大きな仕事です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。