• HOME
  • ブログ
  • 金融
  • 外資系投資銀行とは?知っておきたい外銀用語や求められる素質を解説!
外資系 投資銀行

外資系投資銀行とは?知っておきたい外銀用語や求められる素質を解説!

スポンサーリンク

「外資系に興味があるけど投資銀行はどんな感じなのかな?」
「外資系の投資銀行って仕事が難しそうなイメージがあるけど実際はどうなんだろう?」

このように、就活で外資系の投資銀行に興味がある方もいるでしょう。

投資銀行業界に関する知識を身につけておけば、準備万端な状態で就活ができるので、怖いものはありません!

外銀に対する理解を深めれば、面接でも流暢に自分の考えを話せるようになるので、立派なアドバンテージになります。

この記事では、外資系の投資銀行とは何か、外銀の就活でよく耳にする言葉、求められる素質などについて解説します。

この記事を読めば外銀業界への基本的な理解が深まり、どのように就活の準備をすればいいかが見えてくるので、読んでみてください。

1.外資系投資銀行とは

SPIの数学の問題を解く3つのコツ

外資系投資銀行とは、ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーのような「外銀」と呼ばれる企業のことです。

「銀行」という名称が入っていますが、みなさんが日常生活で利用している銀行とは別物です。

投資銀行は、証券会社や銀行とはどのように違うのでしょうか。

それぞれの違いを説明します。

(1)投資銀行とは

投資銀行とは企業の資金調達サポートやM&Aを行う際のアドバイス業務を行う金融サービスです。

銀行という名前がついていますが銀行とは違い、企業が資金調達をする際の証券を買い取って投資家に販売したり、他の会社を買収したり合併して事業成長を加速させていきたいという会社に対してのアドバイス行なっています。

証券に最適な値付けをして上手に販売していくためには、知識や技術、ノウハウが必要となります。

それらを持っているのが投資銀行なのです。

(2)証券会社との違い

OB・OG訪問

証券会社と投資銀行の大きな違いは、市場と取引相手の違いです。

証券会社は、投資家同士が証券の売買を行う際の仲介業務を行なっていますが、投資銀行は主に、資金調達を行う会社の証券を自社で引き受けてそれを販売しています。

日系投資銀行として上がる会社の多くは証券会社なので混同しやすいですが、厳密には違う機能を担っているものになります。

(3)銀行との違い

投資銀行と銀行の違いは、個人や会社に融資を行うかどうかという点です。

投資銀行は資金調達の際のアドバイスやサポート業務を行うのに対し、銀行は預金を企業や個人に融資することで金利を得ています。

「銀行」という名前がついているので混同しやすいですが、全く異なった役割を持っているものになります。

2.何それ?外銀就活でよく耳にする言葉

外資系 投資銀行

これから外銀就活を始める場合、外銀に関する専門用語を耳にする機会が増えると思います。

カタカナ言葉ばかりなので「外銀って難しそう…」と思うかもしれませんが、しっかりと勉強しておけば大丈夫です。

ここからは外銀就活でよく耳にする言葉の意味について解説します。

実際に外銀から内定をもらった人のエピソードについては、以下の記事を読んでください。

【外銀内定者インタビュー】新卒年収1500万!就活最難関に内定するには

2019.03.14

(1)カバレッジ

外資系 投資銀行

カバレッジとは、企業に対して営業をする部門で、企業からの案件獲得を目的に業務を行っています。

具体的な営業内容は、顧客企業に対する資金調達や企業の合併・買収(M&A)、証券の発行などの提案です。

企業の目的や、今後の指針を予想した上で営業をしなければいけないので、カバレッジ部門は質の高い提案ができるように提案書作成に時間をかけます。

そしてカバレッジ部門は営業先の企業に応じて、主に以下のグループに分けられています。

カバレッジ部門のグループ

①FIG(Financial Institution Group)

→金融系企業に営業するグループ

②TMT(Telecom,Media and Technology Group)

→通信系、メディア、テクノロジー系企業に営業するグループ

③GIG(General Institution Group)

→その他企業に営業するグループ

あなたが外銀に就職するなら、どのカバレッジグループに関わりたいかイメージしておくと良いでしょう。

(2)プロダクト

外資系 投資銀行

プロダクトとは、カバレッジ部門が獲得した案件を遂行する部門です。

例えばM&Aの案件を遂行する場合「どのぐらいで企業を買収できるか」などの計算を行います。

プロダクト部門は主に、以下のグループに分けられています。

プロダクト部門のグループ

①M&Aアドバイザリー部

②資本市場部

それぞれ見ていきましょう。

#1:M&Aアドバイザリー部

M&Aアドバイザリー部では、企業の合併・買収のアドバイザリーを行います。

「どのぐらいの金額で企業を買収できるか」を計算し、顧客企業の利益が最大になるように交渉を進めます。

また企業買収の際には、売却する側にも利益がなければいけないので、買収する側だけでなく売却する側の利益も考慮しなければいけません。

したがって高めの売却価格で買収してくれる企業の探索、売却後の条件が良い(売却後に買収した企業で働けるなど)企業の探索なども行います。

このようにM&Aアドバイザリー部は、企業を買収する側・売却する側の双方を考慮して業務を進めていくのです。

#2:資本市場部

資本市場部では資金調達の業務や、投資家に対するヒアリング業務などを行います。

資本市場部は、さらに2つのチームに分けられます。

資本市場部のチームの種類

①株式資本市場部(Equity Capital Market)

→株式発行を行うチーム

②債券資本市場部(Debt Capital Market)

→債券発行を行うチーム

どちらの部も、株式や社債の引受手数料を利益にしています。

(3)シニアバンカー

外資系 投資銀行

シニアバンカーとはバンカーの中でも階級が高いバンカーを指します。

シニアバンカーにあたる役職は以下の3つです。

シニアバンカーにあたる役職

①マネジング・ディレクター

②ディレクター

③ヴァイス・プレジデント

上に行くほど階級が高い役職です。

#1:マネジング・ディレクター

マネジング・ディレクター(Managing Director)は、部長クラスの役職です。

プロジェクトや経営の責任を負いますが、年収の目安は3,500万〜と高いです。

#2:ディレクター

ディレクター(Director)は次長クラスの役職です。

年収の目安は2,500万〜です。

#3:ヴァイス・プレジデント

ヴァイス・プレジデント(Vice President)は課長クラスの役職で、通称VPと呼ばれています。

年収の目安は1,500万〜です。

(4)ジュニアバンカー

外資系 投資銀行

ジュニアバンカーは基本的に若手のバンカーで構成されています。

ジュニアバンカーにあたる役職は以下の2つです。

ジュニアバンカーにあたる役職

①アソシエイト

②アナリスト

上に行くほど階級が高い役職です。

#1:アソシエイト

アソシエイト(Associate)は入社4年目以降につける役職です。

しかし個人のスキルによっては早めに昇進したり、遅れたりする場合があります。

年収の目安は1,200万〜です。

#2:アナリスト

アナリスト(Analyst)は入社1年目〜3年目の役職ですが、アソシエイトと同様にスキル次第で昇進できるタイミングが異なります。

年収の目安は750万〜です。

3.求められる素質

外資系 投資銀行

外銀の就活を成功させるには、入社してから仕事ができる人だと思ってもらうことが重要です。

では、外銀の仕事で求められる素質とはどのようなものなのでしょうか?

外銀の仕事で求められる主な資質は、以下の2つです。

外銀で求められる資質

①論理的思考

②数字に強い

③ストレス耐性

求められる素質を理解した上で、インターンや面接の対策をしていきましょう。

(1)論理的思考能力がある

1つ目は論理的思考能力があることが求められます。

業務内容が、調査・分析・アウトプットのサイクルを大量かつ高速に繰り返すことなので、日々新しい問題や課題が目の前にあり、それをデータベースやネットワークを駆使して調査し、クライアントにとってのソリューションを考え、提案・アドバイスをし続けていきます。

その仕事を高い品質で行うためには、論理的な思考力が必要です。

例えばフェルミ推定という少ない根拠から答えに限りなく近い数字を見つける能力があると物事を論理的に考えられるようになります。

新卒採用の選考でも論理的思考力を求められるため、入社したい人は今すぐ論理的思考力を鍛えましょう。

問題や課題の分析、ソリューションの分析・考察、クライアントへの説明など、全ての業務において高い論理性が求められるので根拠を大事にして論理的に考え効率的に業務が行えるようにしましょう。

(2)数字に強い

2つ目は数字に強いことが求められます。

数字に対する正確性へのこだわりや、数字的に判断するセンスは必要です。

普段からクライアントワークを行う際に「この価格では損なのか特なのか」といった即座の計算力が求められる世界であり、トレーダーやリサーチはもちろん、セールスでも計算力は重要なスキルです。

しかし、暗算力や難しい計算が必ずしも必要と言うわけではないです。

例えば、「人件費を抑えて、新商品の販売数をあげればいつか黒字になります」と言われても根拠があまりなく納得されません。

そこで、「人件費を10%削減して、新商品の販売数を15%アップさせれば3ヶ月後には1億円の黒字になります」と数字に根拠を持たせることで提案力が増します。

つまり不確実な将来を定量的にシミュレーションすることで、必要な打ち手の優先順位を考えられるビジネスパーソンが投資銀行では活躍ができます。

投資銀行のテストでは計数の点数が必要になることがあるので対策が必要になってきます。

こちらは玉手箱などのテスト対策の記事になるので、対策方法がわからない方は確認しておくことをおすすめします。

【webテスト対策】意外と難しい!玉手箱の対策やコツを徹底解説

2020.04.12

【SPI完全攻略】問題例や攻略法を解説!おすすめ対策本3冊紹介

2020.06.10

(3)ストレス耐性

外資系 投資銀行

外銀で仕事をするのであれば、強いストレス耐性を身につけておく必要があります。

特にアナリストの時期は資料作りなどに追われることが多いので、勤務時間も必然的に長くなりがちです。

以下は外銀に勤めていた方の口コミです。

元外銀社員の口コミ

入社したての頃は何とか仕事をこなせましたが、次第に一人ではこなすのが困難な仕事を任されることも増えてきました。スケジュールも厳しく、支えてくれる体制も不十分だったので大変でした。

せっかく入社しても激務に耐えられずに転職するケースもあるので、今のうちにストレス耐性と上手な休息の取り方を身につけましょう。

4.外資系投資銀行にまつわる噂

外資系 投資銀行

外資系投資銀行について何となく「稼げそうなイメージがある」というようなイメージを持っている方もいるかもしれません。

最後に、外資系投資銀行にまつわる以下の噂について解説します。

外資系投資銀行にまつわる噂

①高収入って本当?

②激務って本当?

③モテるって本当?

④すぐにクビになるって本当?

⑤高学歴でないと入れないって本当?

それぞれ説明します。

(1)高収入って本当?

外資系投資銀行は他の業界と比べても、収入が高いです。

上記のランキングは銀行・証券会社の新卒の収入ランキングです。

新卒でも目安としては700万円以上もらえますし、昇給すれば年収3,000万〜も目指せます。

(2)激務って本当?

外資系投資銀行は高収入ではあるものの、仕事がハードで退職する人も多いです。

入社して数年間は資料作りに追われたり、昇給しても責任が重い仕事を任せられたりするなど、仕事のレベルは高めです。

激務でも仕事を続けられるようストレス耐性と、スムーズに仕事をこなせるスキルを身につけましょう。

投資銀行がどのぐらい激務なのかを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしましょう。

投資銀行が激務の噂って本当!?激務でも働きたい3つの魅力も紹介!

2020.04.19

(3)モテるって本当?

外銀は年収が高めですし「外銀」という響きにプラスなイメージを持つ方もいます。

しかし仕事上で論理的思考を求められるせいで、いざ飲み会で知り合っても論理的思考を発揮して「話していて面白くない」と思われてしまうケースもあります。

また外銀に勤めていると基本的に自分の会社名は公にできず、あくまで「外銀に勤めています」としかアピールできません。

そもそも激務ゆえに、遊ぶ時間が確保できないケースもよくあります。

外銀そのものに対しては良いイメージがありますが、外銀に勤めているというだけでモテるのは簡単ではありません。

(4)すぐにクビになるって本当?

外資系投資銀行では実際にリストラがあります。

外資系投資銀行は実力のある人の給料は減らしたくないと考えるので、実力のない人や成果を出せていない人をリストラします。

一方で日本の場合はアメリカと違い、労働者保護が強く、雇用を守る意識が強いためクビになりにくいです。

外銀は実力主義の世界ですので、早めの段階で業務内容を理解しておきましょう。

(5)高学歴でないと入れないって本当?

外資系投資銀行の多くは、学歴フィルターをかけていません。

しかし、難易度の高いwebテスト等の選考を勝ち抜いてきた学生たちは必然的に高学歴ばかりになります。

そのため、ほぼすべての内定者が高学歴です。

一番重要なことはwebテスト対策や面接対策なので、高学歴の学生もしっかり対策をしましょう。

5.まとめ

今回は外資系投資銀行の特徴や求められる素養について解説しました。

よく聞くワードや噂についても解説しましたので、外銀に対するイメージがより具体的になったかと思います。

外銀は高収入で昇給も大きいですが、仕事が忙しい上に実力も厳しく問われます。

内定をもらい、内定後も安定して働けるよう、自分のスキルを身につけていきましょう。

外銀についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

【就活最高峰】外資系投資銀行(外銀)とは?外銀ランキング・特徴や選考対策を解説

2020.04.18
スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。