【保険業界】志望動機の書き方は?求める人材別に書き方を解説

スポンサードリンク

「保険業界を志望するが、どんな人材が求められるのかわからない」
「保険業界の志望動機の書き方がわからない」

そうお悩みではないでしょうか。

保険業界は、いわゆる金融業の一種であり、関わる職種によって、志望動機の書き方が大きく変わります。

そのため、志望職種に合わせて、志望動機を変えることが内定獲得のためには大切です。

この記事では、保険業界が求める人材や、志望動機の書き方の基本、実際の志望動機の事例について紹介します。

この記事を読めば、志望する職種に合わせた志望動機を書け、面接官により効果的なPRができるようになりますよ。

保険業界の動向や将来性について知りたい方はこちらもご覧ください。

保険業界の将来は大丈夫?なくなる?仕事内容・今後の動向を徹底解説!

2020.04.17

1.保険業界が求める人材とは

大保険業界で求められる人材大きく分けると以下の3つがあります。

保険業界で求められる人材
  • コミュニケーション能力が高い人
  • マーケティング力がある人
  • ホスピタリティ精神がある人

次で詳しく解説します。

(1)コミュニケーション能力が高い人

保険業界で求められる人材はコミュニケーション能力が高い人です。

保険はその性質上「無形商品」と呼ばれ、具体的な形のない商品を扱う性質上、営業する難易度が高くなっています。

そのような商品を営業として扱うためには、高度なコミュニケーション力と、営業力が求められるでしょう。

ただし、営業でも保険という商品の性質上「売りたい、売りたい」という気持ちを全面に出してしまうのは好まれない場合もあります。

(2)マーケティング力がある人

生命保険業界で求められる人材はマーケティング力がある人です。

保険はその販売だけではなく、新しい商品の企画・開発も行います。

損害保険の分野ではドローンに対する保証など、新しい観点から、保険の立案を求められることも多いです。

保険業界の中で、自身が持っているマーケティング力を生かしたいと考えているのであれば、この保険業界も選択肢になるでしょう。

(3)ホスピタリティ精神がある人

保険業界で求められるのはホスピタリティがある人材です。

保険は「もしも」に備えるもので、それぞれの人によって何に備えておくべきなのか、どのくらいの保険内容が求められるか大きく変わります。

このためには相手の立場になって、相手のニーズを読み取る力が欠かせません。

それぞれの人ごとに異なる要望を、その背景まで考えられるホスピタリティは一朝一夕で身につけられるものではないものの、非常に大切な能力になるでしょう。

2.志望動機の書き方は?

「志望動機をどう書けばよいかわからない」という人も多いかと思います。

保険業界の志望動機の書き方は以下のフレームワークに沿って書くのがおすすめです。

志望動機を書くためのフレームワーク
  • 志望業界からビジョンを決める
  • ビジョンと業界とを繋げる
  • 業界と企業の特色を関連付ける
  • 自己PRと希望職種を関連付ける

このフレームワークを抑えて志望動機を書くことで、面接官に伝わりやすい、志望動機を書くことができますよ。

これらの点を踏まえた詳しい書き方については、以下の記事にて解説していますので、ぜひご覧ください。

【例文】エントリーシートの志望動機をフレームワークで簡単に書こう!

2020.04.17

3.保険業界を志望する志望動機3つ

保険業界と一言で言っても、携わる業務には違いがあり、関わりたい業務の違いに合わせた動機を書くことが大切です。

ここでは保険業界を志望する動機の例を3つ紹介します。

(1)コミュニケーション力をPRする例文

ここでは営業職を希望し、コミュニケーション能力をPRする例文を紹介します。

コミュニケーション力をPRする志望動機例文

①ビジョン
私が貴社を志望するのは、営業担当として人に安心できる環境を提供したいと考えるからです。

②業界
私は大学時代に母が自動車事故にあった際に、自動車保険に加入していたことで、金銭的に助けられました。
その時の担当者が親身になって相談に乗ってくれ、本当に必要なのはどんな保険か、私自身が保険に加入するときにも、親身に対応していただけました。

③企業
また、説明会でお伺いした〇〇さんのお話では自動車保険を走行距離に応じてその人のリスクに合わせた最適な保険を提供することで、毎日の生活に負担をかけずにセーフティネットを作れることだとお伺いし、「お客様にベストな選択肢を提供したい」という私の目標に合致すると感じました。

④業務
6年間のアルバイト経験で得たコミュニケーション能力を活かし、様々な安心を支える提案をして、貴社の保険をより広めていきたいです。

(339文字)

保険業界は形のないものを販売するため、高いコミュニケーション力が求められます。

保険のように形のないものをうまく伝えて結果が出せた事例があれば、強いPRになるでしょう。

(2)マーケティング力をPRする例文

保険の企画立案に求められる能力がマーケティング力です。

マーケティング力は非常に幅が広い言葉ですが、「分析力」「課題解決力」をPRすることが効果的な場合が多いです。

マーケティングの志望動機例文

①ビジョン
私が貴社を志望するのは、マーケティング担当として、より時代に合ったセーフティネットを提供したいと考えているからです。

②業界
保険業界は現在国内の展開から、海外に力を入れているとお伺いしました。
私はボランティアで海外の途上国に関わり、病気に対して何の保証もなく苦しんでいる人たちに触れてきました。
この経験から、途上国でお客様のニーズに合わせた商品を開発し、その人たちの一助になりたいと考えています。

③企業
貴社の積極的に新商品を開発する姿勢や、今後途上国での海外展開を視野に入れていることから、自身の目標に合致すると感じました。

④業務
海外ボランティアの運営として、途上国の問題に向き合った経験を生かし、途上国に合った保険を企画し、貴社の保険をより広めていきたいです。

(304文字)

この事例で言えば、「途上国の課題をどう分析したのか」をうまくPRすれば、より説得力の高いPRになるでしょう。

(3)ホスピタリティをPRする例文

ホスピタリティをPRした事例を紹介します。

ホスピタリティ精神をPRする例文

①ビジョン
私が貴社を志望するのは、営業担当として、一人一人に寄り添った提案をしたいと考えたからです。

②業界
私は祖父母の介護に携わっていたのですが、生命保険による金銭面のサポートがあることで、家族一同の精神的にも大きな助けになっており、保険がもつ安心感を痛感しました。
この経験からお客様のもしもに備え、人生を支えられる生命損害保険業界で働きたいと考えるようになりました。

③企業
また、貴社では「ご契約者第一主義」を掲げており、病気や怪我などのリスクだけではなく、その人の生活に根ざした保険を提供することを掲げているため、自身の目標に合致すると感じました。

④業務
介護を通して培ったその人に寄り添ったコミュニケーションができることを活かし、様々な安心を支える提案をして、貴社の保険をより広めていきたいです。

(316文字)

ホスピタリティはそのまま使うと、抽象的で曖昧な印象を与えてしまいます。

具体的どう接したのか言い換えることを意識してください。

4.まとめ

この記事では保険業界で求める人材はどんな人物なのか、志望動機の書き方のフレームワークやその事例について詳しく解説しました。

保険業界と一言で言っても、業種には違いがあり、自分がどの業種を志望するかで、志望動機の書き方は大きく変わります。

しかし、どんな業種で何をPRする場合でも、4つのファネルをうまく活用することで、効果的なPRをすることができますよ。

この記事を参考に、より伝わる保険業界の志望動機を書くことで、内定獲得に繋げてください。

保険業界で内定を取る方法が気になる方はこちらもご覧ください。

項目別の保険業界ランキング!保険業界で内定をもらう3つのコツ

2020.04.16
スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。