項目別の保険業界ランキング!保険業界で内定をもらう3つのコツ

スポンサードリンク

「保険業界に興味を持っているけど、どこの企業が人気なの?」
「保険業界で就職先におすすめの企業ってどこがあるの?」

就職活動を始めたばかりで、保険業界に興味はあるものの、保険業界のランキングを知らない人は多いのではないでしょうか。

保険業を事業の中心として実施している企業もあれば、サブ事業として行っている企業もあります。

また、保険と言っても、生命保険や損害保険など種類もさまざまです。

実は就活期間中の準備次第で内定の可能性を高めることができます!

今回は、保険業界のランキングや内定をもらうためのポイントについて紹介するので、この記事を参考に、保険業界についての理解を深め、しっかりと対策をしましょう!

1.項目別の保険業界ランキング

項目別の保険業界ランキング

さっそくですが、保険業界ランキングを紹介します。

今回紹介するランキングは以下の3つの項目です。

  1. 年収ランキング
  2. 売上高ランキング
  3. 総合評価ランキング

3つの項目でおすすめの就職先を上位3位まで紹介するので、参考にしてみてください。

それでは、順に紹介します。

(1)年収ランキング

年収ランキング

まずは、保険業界の年収ランキングを紹介します。

転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイの調査では、ランキング上位3社は表のようになりました。

それぞれの企業について触れてみましょう。

#1:第1位

年収ランキング1位は、アフラック生命保険で年収は648万円でした。

2014年に営業と営業事務の区分けを撤廃し、社員全員営業部門とするなど営業力の向上を図っている姿勢が特徴的です。

営業部門と内勤部門では収入の差があるのかもしれませんが、賞与が年に3回も支給されるため、収入面で不満に思っている社員は少ないのでしょうね。

#2:第2位

続いて2位は、年収582万円で損害保険ジャパン日本興亜でした。

保険業界の中でも管理職になれるチャンスが多い企業で、公募ポストに応募できる制度や優秀な社員の飛び級制度など、キャリアアップしやすい特徴があります。

そのため、40歳を超えるとほとんどの社員が年収1000万円を超えるとも言われているほど年収が高いです。

#3:第3位

3位はジブラルタ生命保険で、年収は573万円。

一般的な企業であれば賞与は年2回くらいですが、なんと年に4回で仕事の役割や成果によって報酬が決まるので、社員のモチベーションが上がりますよね。

年収1億円を超える猛者もいるほど弱肉強食の会社なので、自信がある人ほど向いている企業ではないでしょうか。

(2)売上高ランキング

売上高ランキング

続いて売上高ランキングを紹介します。

上位3位の企業は表の通りです。

それぞれの企業の特徴について触れていきます。

#1:第1位

保険業界でトップの売上高を出している企業は、6.1兆円で日本生命保険でした。

保険業界に詳しくない人でも一度は聞いたことがある企業ではないでしょうか。

大手の中の大手なので競争率は高いですが、営業力に自信がある人は力試しに応募してみましょう!

#2:第2位

続いて、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスが売上高5.5兆円で第2位にランクイン。

保険業界に詳しくない人は聞き慣れない企業かもしれませんが、グローバルな保険・金融サービス事業を展開しており、スケールの大きな企業です。

目指すのは世界トップ基準の保険会社なので、やりがいを感じながら働きたい人は応募してみてはいかがでしょうか。

#3:第3位

まず売上高ランキング第3位は、5.3兆円で第一生命ホールディングスでした。

「一生涯のパートナー」をグループテーマにしており、お客様満足度にこだわる企業で有名です。

保険業界と言えば堅いイメージがあるかもしれませんが、接客に力を入れている企業なので人とコミュニケーションをとるのが好きな人は向いている企業ではないでしょうか。

(3)総合評価ランキング

総合評価ランキング

最後に総合評価ランキングを紹介します。

社員の5段階の口コミ評価を基にしたランキングです。

評価項目は以下の8つ。

  • 待遇面の満足度
  • 社員の士気
  • 風通しの良さ
  • 社員の相互尊重
  • 20代成長環境
  • 人材の長期育成
  • 法令順守意識
  • 人事評価の適正感

社員満足度の高い企業は以下のようになりました。

参考資料:open work 生命保険、損害保険業界の総合ランキング

それでは、3位から順にそれぞれの企業を紹介します。

#1:第1位

社員満足度が最も高い保険会社は、評価4.45のプルデンシャル生命保険株式会社でした。

人材の長期育成と社員の相互尊重が3点台と低めでしたが、それ以外の項目は全て4点代をマークしており、特に社員の士気が4.7と高いです。

法令順守意識や人事評価の適正感も5に近い数字を出しており、社員満足度が高いことがよく分かります。

採用は中途のみなので、評価の参考にしてください。

#2:第2位

評価4.18で東京海上日動火災保険株式会社が第2位でした。

保険会社の中でも知名度は高く、待遇面・法令順守の意識・長期育成・社員の相互尊重が高い傾向があります。

全体的に3.5以上の評価になっているので、バランスの良い企業ではないでしょうか。

#3:第3位

第3位は評価3.86で株式会社ほけんのぜんぶでした。

法令順守の意識や人事評価の適正感、風通しの良さは平均4以上で高評価です。

ただ、社員のモチベーションや社員の相互尊重、人材の長期育成の部分では、ライバル意識が高いのか少し低い評価を付けている人が見られました。

2.保険業界の2つの種類

保険業界の2つの種類

保険業界で就職先を選ぶには、以下の2つの業種があることを知る必要があります。

  1. 生命保険会社
  2. 損害保険会社

2つの違いについて説明できるようになっておきましょう。

順に説明します。

(1)生命保険会社

生命保険会社

生命保険会社は、人の生死に対して払う保険金を扱う会社です。

終身保険・定期保険・養老保険など第1分野の保険を扱い、契約期間が10年以上と長期にわたる保障を提供する特徴があります。

死亡時の保険金や入院時の給付日額などは契約時に決定される特徴があり、その金額がそのまま支払われることが多いです。

外務員などが自宅や職場に訪問して契約を行うパターンが多いですが、インターネットでの申し込みも可能になっています。

(2)損害保険会社

損害保険会社

損害保険会社は、事故による人や物の損害を補償する第2分野の保険を扱う会社です。

第2分野の保険には火災保険や自動車保険が該当します。

保険期間が1年など短期に設定されている商品が多く、代理店や自動車販売店から加入する人が多い点も特徴です。

また、第2分野の保険は、あらかじめ支払いの上限額や免責金額を決めてから契約するので、契約の範囲内で実際の損害額が支払われます。

3.保険業界で内定をもらうための3つのコツ

保険業界で内定をもらうための3つのコツ

ここでは、保険業界で内定をもらうためのコツを3つ紹介します。

今回紹介するコツは以下の3つです。

  1. 企業研究
  2. OB・OG訪問
  3. SPI対策

それでは、順に説明します。

(1)企業研究

企業研究

保険業界は企業ごとの仕事内容に大きな違いがないため企業研究は重要です。

面接で他の保険会社でも良さそうな志望動機を発言してしまうと、倍率が高い保険会社では不採用になる可能性があります。

なぜその企業に行きたいのか明確に答えられるようにしましょう!

なお、企業研究のやり方について以下の記事にまとめているので、あわせてご覧ください。

業界研究EXPOを効率的に活用して内定に繋げるコツを紹介!

2020.04.12

(2)OB・OG訪問

OB・OG訪問

保険業界で内定をもらいたいのであれば、OB・OG訪問は必須です。

実は、保険業界ではOB・OG訪問が先行の評価対象になると言われています。

OB・OG訪問では企業の内部情報を得られるので、企業研究の重要な材料にもなりますよ!

以下の記事で業界研究やOB・OG訪問についてまとめているので、あわせてそちらもご覧ください。

業界研究は本とOB訪問の合わせ技が重要!やり方を徹底解説

2020.04.12

(3)SPI対策

SPI対策

保険業界のSPIの合格点は高いので、SPI対策にも力を入れる必要があります。

1次選考で落とされてしまっては、自分の魅力を面接でアピールする機会すら得られません。

就活期間は短いので、早めの対策をおすすめします。

なお、SPIとテストセンターの違いについて分かっていない就活生も多いので、あわせて以下の記事もご覧ください。

SPIとテストセンターとは?違いを知らなければ対策もたてられない!?

2020.04.13

4.まとめ

保険業界にはさまざまな会社があるので、自分が会社に何を求めるかで就職先を決めると良いでしょう。

大手企業ほど倍率が高くなるので、ライバルに負けないようにしっかり保険業界対策をしてください。

特に企業研究で差が生まれやすいので、OB・OG訪問を活かしてオリジナルの志望動機を考えましょう!

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。