• HOME
  • ブログ
  • 金融
  • 【金融業界研究】投資銀行のランキングを年収・リーグテーブル別に紹介

【金融業界研究】投資銀行のランキングを年収・リーグテーブル別に紹介

スポンサードリンク

「投資銀行に行きたいけどどこが良いのかわからない」
「投資銀行は銀行の一部なのかな」

というように疑問に思ってはいませんか?

実は銀行という名前はついていますが全く違う業務を行なっています。

証券会社が比較的近いですがこれもまた少し異なり、就職先に投資銀行を志望するなら違いを早期に理解しておく必要があります。

この記事では投資銀行のランキングと業務内容、内定に向けての対策について紹介します。

投資銀行についての理解を深め、希望の企業から内定を勝ち取りましょう。

1.項目別の投資銀行ランキング

まずは投資銀行にはどのような会社があるのでしょうか。

年収・リーグテーブル・総合評価の3つの観点からランキングを紹介します。

就職したい会社を選ぶ参考にしてみてください。

(1)年収ランキング

まずは年収によるランキングです。

日系企業に関しては「MONEY TIMES」外資系企業に関しては「エンワールド」の記事を参考にしました。

平均年収の多い順に日系・外資を1つのランキングにまとめていますので参考にしてみてください。

(2)リーグテーブルランキング

証券会社をみる上でもっとも有名なランキングは、トムソン・ロイター社が発表しているリーグテーブルです。

プロダクトごとに、20181Qの上位の5社のランキングを紹介します。

#1:M&A(日本・公表案件ベース、金額ベース)

MAにおけるリーグテーブルを、5位まで順に紹介します。

M&Aとは、複数の企業を一つの企業に統合したり(合併)、ある企業が他の企業の株式や事業を買い取ったりすること(買収)をいいます。

20181Qでは大型案件がいくつかあったなか、いずれの案件にもアドバイザーとして名を連ねていたゴールドマン・サックスが金額ベースのランキングでは上位にきています。

就職してM&Aを行いたいと考えているのであれば、こういったランキングを参考に企業研究を進めると良いでしょう。

#2:債券資本市場(日本・円債総合・取引金額ベース)

債券資本市場におけるランキングを、取引金額ベースで5位まで順に紹介します。

債券資本市場とは、会社等が事業に必要な資金を借り入れるため発行する有価証券の取引を行う市場のことをいいます。

債券のランキングは、やはり日系の金融機関が上位に入っているのが特徴です。

これは日系企業の資金調達の方法が、株式による調達より負債による調達が多いためです。

みずほフィナンシャルグループや野村證券といった、誰もが知っている企業が上位にきています。

#3:株式資本市場(日本・取引金額ベース)

株式資本市場におけるランキングを取引金額ベースで5位まで順に紹介します。

株式資本市場とは、金融市場のうち株式による企業の設備資金や長期運転資金などの取引が行われる市場のことをいいます。

主に株式の売買(ブローカー業務)を行なっています。

ゴールドマン・サックスや野村證券などが上位にきています。

株式資本市場における大きな仕事をやりたいと考えている人には魅力的です。

(3)総合評価ランキング

投資銀行における総合評価ランキングは以下の通りです。

これは、open workが出している働きがいのある会社をまとめた、総合評価ランキングで、以下の項目を点数化したランキングです。

総合評価ランキング評価項目
  • 待遇面の満足度
  • 社員の士気
  • 風通しの良さ
  • 社員の相互尊重
  • 20代の成長環境
  • 人材の長期育成
  • 法令遵守意識
  • 人事評価の適正感

注目すべきなのは外資系の会社が多くなっている点です。

投資銀行においては日系企業よりも少数精鋭で大型案件の多い外資系企業のほうが社員の満足度が高いようです。

会社選びの参考にしてください。

2.投資銀行と証券会社と銀行の違い

SPIの数学の問題を解く3つのコツ

ここまで投資銀行のランキングを紹介しました。

投資銀行は、証券会社や銀行とはどのように違うのでしょうか。

ここからはそれぞれの違いを説明します。

(1)投資銀行とは

投資銀行とは企業の資金調達サポートやM&Aを行う際のアドバイス業務を行う金融サービスです。

銀行という名前がついていますが銀行とは違い、企業が資金調達をする際の証券を買い取って投資家に販売したり、他の会社を買収したり合併して事業成長を加速させていきたいという会社に対してのアドバイス行なっています。

証券に最適な値付けをして上手に販売していくためには、知識や技術、ノウハウが必要となります。

それらを持っているのが投資銀行なのです。

(2)証券会社との違い

OB・OG訪問

証券会社と投資銀行の大きな違いは、市場と取引相手の違いです。

証券会社は、投資家同士が証券の売買を行う際の仲介業務を行なっていますが、投資銀行は主に、資金調達を行う会社の証券を自社で引き受けてそれを販売しています。

日系投資銀行として上がる会社の多くは証券会社なので混同しやすいですが、厳密には違う機能を担っているものになります。

(3)銀行との違い

投資銀行と銀行の違いは、個人や会社に融資を行うかどうかという点です。

投資銀行は資金調達の際のアドバイスやサポート業務を行うのに対し、銀行は預金を企業や個人に融資することで金利を得ています。

「銀行」という名前がついているので混同しやすいですが、全く異なった役割を持っているものになります。

3.投資銀行の業務内容

ここまで投資銀行と証券会社・銀行の違いについて紹介しました。

では投資銀行の業務内容とはどのようなものなのでしょうか。

大きく4つに分けることができます。

投資銀行の業務内容
  1. 投資銀行部門(IBD)
  2. 証券・マーケット部門
  3. リサーチ部門
  4. アセットマネジメント部門

順に紹介します。

(1)投資銀行部門(IBD)

投資銀行部門(IBD)とは、大手企業の資金調達やM&Aアドバイザリー業務を行う部署のことです。

例えば、とある企業を買収したいと考えている会社があった場合、その会社のアドバイザーとして、買収価格を調べたり株主との交渉、不利にならないような契約内容の策定、買収後の事業運営についてなど多角的な視点から買い手企業のサポートをします。

投資銀行における花形の部署であり、就活生のあいだでも非常に人気のある部署です。

(2)証券・マーケット部門

性格テストは業務や社風に合わせる

証券・マーケット部門は、株式や債権などの金融商品を、銀行・保険会社に対して提案する業務を行います。

機関投資家(プロの投資家)を相手にする部門のため非常に激しい営業活動が繰り広げられます。

そのため投資銀行の中で最も個人としての人間力が試される部署といわれ、就活生からも非常に人気の高い部署です。

また、業務ごとにいくつかの部署に分かれていることがほとんどで求められる知識も異なってくるため、マーケット部門を志望する方はOB訪問などで詳しく確認すると良いでしょう。

(3)リサーチ部門

リサーチ部門では、今後の株式市場の推移や債権・金利の動きの分析を行います。

アナリストやリサーチャーと呼ばれる人たちが在籍している部門です。

この分析のをふまえ、投資銀行部門の人たちが顧客へ提案を行うのです。

世界経済の情勢や為替の動きを見た上で顧客企業に役立つレポートを作成する必要があり、高い知見や財務分析スキル、数学的能力が求められる部門といえます。

(4)アセットマネジメント部門

アセットマネジメント部門は、顧客から預かった資産をその人の代わりに運用することで利益をあげ、手数料をもらう仕事です。

個人や企業の資産を増やすために様々な金融商品を発注して運用する業務を担います。

会社によっては別会社で運営されていることもありますので、興味がある方はその会社にアセットマネジメント部門があるかなどをOB訪問できちんと確認しましょう。

とはいえこれは高い金融知識がないとできないので新卒入社は狭き門といえるかもしれません。

4.投資銀行の内定に向けてすべきこと3つ

ここまで投資銀行の業務内容について紹介しました。

ここからは投資銀行への興味が出てきた方のために、投資銀行から内定をもらうためにするべきことを紹介します。

大切なことは3つあり、順に紹介するので参考にしてください。

(1)企業研究

1つ目は企業研究です。

企業研究をしっかりと行うことで、その企業でなければいけない理由をきちんと答えられるようにしておく必要があります。

投資銀行は仕事内容が企業ごとにほぼ変わらないため、面接の際に「どの会社でも同じことを言っているのではないですか」と思われてしまう可能性があります。

その会社が力を入れているポイントや特徴をきちんととらえ、なぜその企業に入りたいのか明確に答えられるようにしましょう。

(2)OB・OG訪問

2つ目はOBOG訪問です。

OB・OG訪問した回数はその熱意が評価されます。

OBOG訪問を1回もしていないという就活生よりも、10人のOBOG訪問をしたという人の方が入社の熱意を感じられるのではないでしょうか。

たくさんOBOG訪問をすることで他の就活生と差別化を図るようにしましょう。

OBOG訪問について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

業界研究は本とOB訪問の合わせ技が重要!やり方を徹底解説

2020.04.12

(3)SPI対策

3つ目はSPI対策です。

投資銀行のSPI合格点は非常に高いため、早めの対策が必要です。

特に人気のある投資銀行に応募する学生は多くが素晴らしい経歴を持っており、それなりに完成度の高いESを提出します。

ESでは差がつきにくいため、ES提出と同時に受験するSPIの点数で足切りをするというケースが多くみられます。

そのため早めにSPI対策を行い、しっかりとボーダーラインを超えるようにしましょう。

SPI対策について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

SPIとテストセンターとは?違いを知らなければ対策もたてられない!?

2020.04.13

5.まとめ

この記事では投資銀行のランキングと業務内容、内定に向けての対策について紹介しました。

投資銀行は証券会社や銀行とは違った業務を行なっているとともに、非常に魅力的な業界であることがわかっていただけたかと思います。

また投資銀行は非常に人気のある業界でもあり難易度も高いため、早めの対策が必要です。

投資銀行についての理解を深めしっかりと対策した上で、内定を勝ち取りましょう。

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。