投資銀行の具体的な業務とは?必要性のある3つのスキルから紹介 !

スポンサーリンク

「投資銀行って実際どのような業務をしているの」
「投資銀行で働くにはどのようなスキルが必要なの」

と思っている人は多くいます。

実は投資銀行の業務は想像以上の激務で、ある3つのスキルがないと苦労してしまいます。

この記事では投資銀行では実際にどのような業務を行い、どのようなスキルが必要なのか紹介していきます。

この記事を読めば、投資銀行の実際の業務が分かり、どのようなスキルが必要になるのか分かります。

投資銀行の年収や取引額に関するランキングの記事も参考にしてみてください。

【金融業界研究】投資銀行のランキングを年収・リーグテーブル別に紹介

2020.04.18

1.投資銀行の業務

投資銀行とは、銀行という名前がついていますが日常的に私たちが使う銀行とは違い、企業が資金調達をする際の証券を買い取って投資家に販売したり、他の会社を買収したり合併して事業成長を加速させていきたいという会社に対してのアドバイス行なっています。

つまり投資銀行とは企業の資金調達サポートやM&Aを行う際のアドバイス業務を行う金融サービスです。

証券に最適な値付けをして上手に販売していくためには、知識や技術、ノウハウが必要となる仕事になってきます。

投資銀行の業務は大きく4つの部門に分けられています。

投資銀行の業務内容
1.投資銀行部門(IBD)
2.証券・マーケット部門
3.リサーチ部門
4.アセットマネジメント部門

この4つの部門の細かな業務内容を1つずつ紹介していきます。

(1)投資銀行部門(IBD)

1つ目の投資銀行部門(IBD)とは、大手企業の資金調達やM&Aアドバイザリー業務を行う部署のことです。

例えば、とある企業を買収したいと考えている会社があった場合その会社のアドバイザーとして

  • 買収価格を調べたり株主との交渉
  • 不利にならないような契約内容の策定
  • 買収後の事業運営についてなど多角的な視点から買い手企業のサポート

のような業務をしています。

投資銀行における花形の部署であり、就活生にも非常に人気のある部署です。

投資銀行部門は膨大な資料作成がメインになるため激務になりますが、チーム単位で大きな案件の仕事を行うため実力差による年収の違いはあまりありません。

さらに投資銀行部門は、企業の営業にあたる「カバレッジ」と商品開発にあたる「プロダクト」の2部署に分けられます。

#1:カバレッジ部署

カバレッジ部署は、企業に対して「M&Aをしないか」「証券の発行をしないか」と言う提案を行います。

例えば、「この企業は成長戦略として、証券の発行による資金調達を考えているだろう」と予想し、「御社の現状を鑑みると、今株式を発行した方が良いでしょう」のような営業をクライアント企業に行います。

#2:プロダクト部署

プロダクト部署はカバレッジがクライアントから取って来た案件を処理します。

例えば、M&Aの案件を取って来た場合は、様々な財務手法を用いて、「買収したい企業はいくらで買えるか」の計算を行います。

(2)証券・マーケット部門

2つ目の証券・マーケット部門は、株式や債権などの金融商品を、銀行・保険会社に対して提案する業務を行います。

  1. 機関投資家(プロの投資家)を相手にする営業
  2. セールス部門での取引依頼
  3. トレーダーでの金融商品の売買
  4. ストラクチャーでの金融商品の設計

そのため投資銀行の中でも代替性が効かない部署といわれ、年収が高いので就活生からも非常に人気の高い部署です。

また、業務ごとに下記の3つの部署に分かれて、求められる知識も異なってくるため、マーケット部門を志望する方はOB訪問などで詳しく確認すると良いでしょう。

下の記事ではOB訪問について詳しく紹介しているのでOB訪問ってどうしたらいいのかわからない人は確認することをおすすめします。

業界研究は本とOB訪問の合わせ技が重要!やり方を徹底解説

2020.04.12

3つの部署とは、セールスとトレーダーとストラクチャーの部署があります。

#1:セールス

セールスは、顧客からの取引依頼を実行したり、顧客にオススメの株式や債券などを紹介しその売買を仲介します。

例えば、銀行の資産運用部門に「今はこの株の値段が上がりそうだ」と営業をし、その売買の注文を受けます。

どの投資銀行会社でも、取り扱う売り込む金融商品に差がないために、個人の営業力で売上が変わるため、営業力が必要となってきます。

#2:トレーダー

トレーダーは、会社の資金を元手に債券など金融商品の売買を行います。

例えば、ある株式を5,000円で購入し、5,500円で売却すれば、500円の利益を得られ、このような取引を繰り返して利益を得ます。

市場に出回っている金融商品を売買して利益を稼ぐので高度なトレードセンスが試されますが、稼げる人にとっては大きく稼げます。

また、このトレーダーはアルゴリズムトレードで人の判断ではなくAIトレードしていることから、ITが発展して自動化が進み近年減ってきている職種です。

#3:ストラクチャー

ストラクチャーは、金融派生商品を組み込んだ金融商品の設計を行います。

金融派生商品とは、株式や通貨などの資産を元に派生した金融商品です。

金融派生商品の代表的なものであるオプション取引を例に説明します。

オプション取引とは、ある商品を特定の金額で決められた期日に購入できる「権利」を売買する事です。

例えば、1年後に社債を3万円で買う権利を5千円で購入したとすると、1年後に社債の値段が5万円になっていた時に1万5千円の得をしたことになり、「権利」なので社債の値段が下がっていたらその権利を放棄することもできます。

このような金融派生商品の設計を行い、顧客がどのような金融派生商品を欲しているかのニーズも把握して設計していかなければなりません。

ストラクチャー部門は資格が必要になってくる場合が多いので必要なのかどうか確認しておくことが重要です。

(3)リサーチ部門

3目のリサーチ部門では、今後の株式市場の推移や債権・金利の動きの分析を行います。

アナリストやリサーチャーと呼ばれる人たちが在籍している部門です。

例えば、「この企業の主力サービスである人材サービスは、競合のいないビジネスモデルのため引き続きユーザー数の上昇が期待されるので株価は上昇するだろう。」や「この企業は海外進出戦略として大規模なM&Aを行なったが現状上手くいっていない様子なので、株価が落ちる可能性がある。」といった情報を事細かに分析し、レポートにします。

この分析をふまえ、投資銀行部門の人たちが顧客へ提案を行います。

世界経済の情勢や為替の動きを見た上で顧客企業に役立つレポートを作成する必要があり、高い知見や財務分析スキル、数学的能力が求められる部門といえます。

(4)アセットマネジメント部門

4つ目のアセットマネジメント部門は、顧客から預かった資産をその人の代わりに運用することで利益をあげ、手数料をもらう仕事です。

個人や企業の資産を増やすために様々な金融商品を発注して運用する業務を担います。

例えば、顧客から100億円を預かり、それを元手に株式や債券の売買を行い110億円に増やし、その時の10億円の利益のうち対価として2億円を受け取ったとしても、顧客は8億円の儲けが出ます。

会社によっては別会社で運営されていることもるので、興味がある方はその会社にアセットマネジメント部門があるかなどをOB訪問できちんと確認しましょう。

とはいえこれは高い金融知識がないとできないので新卒入社は狭き門といえるかもしれません。

2.投資銀行の仕事案件の具体例

投資銀行部門の選考では必ず「最近気になったM&A案件」について聞かれるので、投資銀行が実際に携わった仕事を把握しておくのは重要です。

そこで投資銀行が実際に関わった案件を3つ紹介するので確認しておきましょう。

#1:野村証券・ゴールドマンサックス 日米韓連合への東芝メモリ売却

1つ目は2017にあったM&Aの案件である東芝による、日米韓連合への東芝メモリの売却(約2兆円)があります。

野村証券とゴールドマン・サックスの2社が投資銀行として、売り手側である東芝のアドバイザーにつきました。

その後の資金調達の主幹事を担ったゴールドマン・サックスは約6,000億円を短期間に調達する画期的な手法で東芝の信頼を勝ち取り、200億円弱の手数料を得たと言われています。

#2:JPモルガン セブンアンドアイによるスノコLP買収

2つ目は2017にあったセブンアンドアイによるスノコLPの買収(3,663億円)があります。

JPモルガンがスノコLPの投資銀行として、野村証券とメリルリンチの2社がセブンアンドアイの投資銀行としてアドバイザーにつきました。

#3:シティ・グループ 三井住友海上保険によるシンガポール保険会社買収

3つ目は2017年にあった三井住友海上保険によるシンガポールの保険会社の買収(1,775億円)があります。

世界160以上の国と地域に約2億の顧客口座を有する、世界最大級の規模を誇る米国系金融機関であるシティ・グループ証券が投資銀行としてアドバイザーにつきました。

このように有名企業の買収のアドバイザーにつき、多額のお金を動かす事になるので責任感が必要になってきます。

3.業務に求められる必要なスキル・素質

投資銀行での業務を遂行するにあたって求められるスキルや素質が大きく分けると3つあります。

  1. 論理的思考能力がある
  2. 数字に強い
  3. タフである

この3つのスキルについて具体的にどのように必要になるのか、どのようなレベルがあれば活用できるのか紹介していきます。

(1)論理的思考能力がある

1つ目は論理的思考能力があることが求められます。

内容が、調査・分析・アウトプットのサイクルを大量かつ高速に繰り返すことなので、日々新しい問題や課題が目の前にあり、それをデータベースやネットワークを駆使して調査し、クライアントにとってのソリューションを考え、提案・アドバイスをし続けていきます。

その仕事を高い品質で行うためには、論理的な思考力が必要になります。

例えばフェルミ推定という少ない根拠から答えに限りなく近い数字を見つける能力があると物事を論理的に考えられるようになります。

問題や課題の分析、ソリューションの分析・考察、クライアントへの説明など、全ての業務において高い論理性が求められるので根拠を大事にして論理的に考え効率的に業務が行えるようにしましょう。

(2)数字に強い

2つ目は数字に強いことが求められます。

数字に対する正確性へのこだわりや、数字的に判断するセンスは必要になります。

普段からクライアントワークを行う際に「この価格では損なのか特なのか」といった即座の計算力が求められる世界であり、トレーダーやリサーチはもちろん、セールスでも計算力は重要なスキルです。

しかし、暗算力や難しい計算が必ずしも必要と言うわけではないです。

例えば、「人件費を抑えて、新商品の販売数をあげればいつか黒字になります」と言われても根拠があまりなく納得されません。

そこで、「人件費を10%削減して、新商品の販売数を15%アップさせれば3ヶ月後には1億円の黒字になります」と数字に根拠を持たせることで提案力が増します。

つまり不確実な将来を定量的にシミュレーションすることで、必要な打ち手の優先順位を考えられるビジネスパーソンが投資銀行では活躍ができます。

投資銀行のテストでは計数の点数が必要になることがあるので対策が必要になってきます。

こちらは玉手箱などのテスト対策の記事になるので、対策方法がわからない方は確認しておくことをおすすめします。

【webテスト対策】意外と難しい!玉手箱の対策やコツを徹底解説

2020.04.12

(3)タフである

3つ目は体力面・精神面のタフさを求められます。

まず体力面のタフさでは、資料作りや大きな案件の執行に関わる場合、徹夜や長時間の連続勤務が求められ、睡眠時間が2〜3時間になります。

そのため長時間でも耐えられるような体力面での強さが必要となります。

そして、精神面のタフさは体力面のタフさ以上に求められます。

入社後は高いプレッシャーを受けながら働くことになり、大量の仕事を短時間でこなさなければならない時間的なプレッシャーのほか、高いアウトプットを求められる品質へのプレッシャー、ミスをしてはいけないという正確性のプレッシャーの中で業務を行うことになります。

そういった緊張感の中、膨大な仕事を抱えつつも淡々とこなしていくためには相当精神的にタフである必要があります。

体力的にも精神的にも非常に過酷な環境であるからこそ、案件を執行し、クライアントに感謝された際の達成感が著しく、更なるモチベーションに繋がります。

自分が投資銀行に向いているか診断しよう

自分の適性や性格が、投資銀行の仕事に向いているか気になりませんか?

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

自分が投資銀行に向いているか、サクッと診断してみましょう。

4.まとめ

投資銀行の業務内容について部門別に紹介しました。

投資銀行でも、部門ごとに業務内容が大きく異なることがわかったと思います。

そのため、その企業での詳しい業務内容はインターンへの参加やOB・OG訪問を行い、実際に社員に会って感じ取ることが大切になってきます。

その上で、必要なスキルを身につけていきましょう。

こちらの外銀内定者のインタビューでは、外銀に内定するために行った対策方法やスケジュールなどが説明されているので、気になる方はこちらの記事も確認しておくのがおすすめです。

【外銀内定者インタビュー】新卒年収1500万!就活最難関に内定するには

2019.03.14

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。