人材業界の今後は明るい!人材業界に影響を与える2つの要因を徹底解説

スポンサーリンク
「人材業界の今後はどのように変化するの?」
「人材業界は何に影響を受けるの?」
このような悩みを抱えた就活生は多いのではないでしょうか。
実は、人材業界は今後成長していく業界だと断言することができます!
この記事では、人材業界の現状から今後の動向について詳しく解説をしています。
業界について詳しく知ることで、就職活動を乗り越えましょう!

1.人材業界の現状

この章では、人材業界の現状について以下の3点から解説していきます。

人材業界の現状
  • 市場規模
  • 業界シェア
  • 現在の課題

順に解説します。

(1)市場規模

人材業界は以下の4つの事業から構成され、主に企業と労働者をつなげるサービスを提供しています。

人材業界の4つの事業
  • 人材派遣:派遣会社から企業に人材を派遣
  • 人材紹介:企業と労働者を結びつける
  • 人材広告:企業の求人業務をサポート
  • 人材コンサルティング:企業の人事戦略をサポート

市場規模は約9兆円程度とされ、広告業界・アパレル業界と同等以上の市場規模になっており、業界全体で規模が拡大傾向になっています。

近年では、東京オリンピックの影響によって、日本全体が好景気であったことから人材需要が増え人材業界に好影響をもたらしました。

特に人材派遣サービスは6兆円程度の市場規模を有するとされており、業界で1番大きなサービスとなっています。

社会構造や仕事に対する考え方の変化の影響により、派遣社員が増加したため、人材派遣サービスの市場規模が大きくなった事が原因です。

近年では人材業界の好調傾向をふまえ、総合的な人材サービスに留まらず介護・ITなど業界に特化した人材サービスを展開している企業もあります。

また、新型コロナウイルスによって経済が停滞し、リモートワークの推進等で働き方が大きく変化している事は人材業界に様々な影響をもたらすでしょう。

(2)業界シェア

人材業界のトップシェアを誇る企業は以下の2社になっています。

業界シェア
  • リクルートHD
  • パーソルHD

リクルートHDは主に人材広告・人材紹介を行いパーソルHDは人材派遣を行なっている企業です。

順に紹介します。

#1:リクルートHD

リクルートは人材領域以外にも、「ゼクシィ」・「ホットペッパー」・「suumo」など多くの領域で売上を伸ばしている大企業です。

人材領域ではリクナビ・タウンワークに代表されるサービスを展開し、2019年度は1.2兆円もの売上高をほこっています。

リクルートは今後indeedGlassdoorを中心としたHRテクノロジー事業を世界に展開させていく計画を立てています。

#2:パーソルHD

パーソルHDは「doda」・「テンプスタッフ」・「an」のサービスを手がける企業です。

特にアジア地域のHRサービスを展開させており、2019年度は9,700億円の売上高でした。

今後も継続して、経済成長が著しい東南アジア・太平洋地域での人材サービスの展開を計画しています。

以下の記事では人材業界のランキングについて紹介しているので、ぜひご覧ください。

人材業界人気企業ランキングを大手・ベンチャーごとに徹底解説!

2020.10.27

(3)現状の課題

人材業界の現在の課題は以下の3つになります。

人材業界の現状の課題
  • 少子高齢化
  • 景気の影響を大きく受ける
  • グローバル化

順に紹介していきます。

#1:少子高齢化

人材業界が抱える課題の1つは少子高齢化と労働人口の減少です。

少子高齢化によって労働人口が減少すると、世の中の需要が減るため現在よりも景気が悪くなります。

後の章で説明を行ないますが、日本の景気が悪くなると人材業界の業績も同様に悪くなるため人材業界が今後迎える課題と言うことができます。

しかし同時に、少子高齢化に伴う労働人口の減少によって、企業から労働者のニーズが高まり人材サービスの利用が増加することは考えられます。

人材業界は、少子高齢化によって短期的には人材ニーズの高まりによる良い影響をうけますが、長期的に日本経済が縮小していき悪い影響を受けると言えます。

#2:景気の影響を大きく受ける

人材業界の課題として景気の影響を大きく受ける事があげられます。

人材業界は業界の特性上、企業の求人数によって売上が左右されてしまいます。

景気がいい場合は求人数が増加するため、人材業界全体が売上を伸ばすことが可能ですが、逆も然りです。

特に近年の人材業界の成長は、東京オリンピックに伴う一時的な景気の好調が原因とされ、オリンピックが終了した際は人材業界の成長も停滞するとも考えられています。

#3:グローバル化

人材業界の課題としてグローバル化があげられます。

多くの企業がグローバル展開を行なう中、日本に留まらず世界でも通用するような人材を求めていきます。

そのような企業の需要に答えるために、人材サービスもグローバルに展開していく必要があります。

実際に、業界トップのリクルートHDは世界でもトップクラスの求人数をほこる「indeed」や「glassdoor」の買収を行ない、グローバル戦略を遂行しています。

人材業界は今後国内のみならず、海外にも目を向けた戦略が求められます。

2.人材業界の将来を明るくする2つの要因

先述したように人材業界の課題は多くありますが、業界の今後は明るいと言えます。

人材業界を明るくする要因は以下の2つです。

人材業界に良い影響をもたらす2つの要因
  • 個人重視の働き方への変化
  • 労働力不足

人材業界は景気の影響を大きく受けるため、日本の今後の景気を予測することは人材業界の景気を予測することといっても過言ではありません。

今回は、日本の景気動向にかかわらず、人材業界に良い影響を与える2つの要因を順に解説します。

(1)個人重視の働き方への変化

人材業界の今後を左右する要因の1つに個人重視の働き方へと変化をすることがあげられます。

近年では、終身雇用制の崩壊や副業が法的に認められるなど組織よりも個人を重視した働き方になる傾向があり、今後はその傾向が継続していくと予想されています。

働き手の労働に対する価値観も大きく変化し、ワークライフバランスを重視して非正規雇用を求める事もあります。

従来の終身雇用制では、労働者は一生その企業に勤めることになるため、企業の人材サービスの利用機会は少ない傾向がありました。

しかし今後、雇用の流動性・多様性が進んでいくと、企業側からも労働者側からも人材サービスの需要が増えていく事が予想されます。

働き方が多様化したことで、従来とは異なる人材サービスの需要が生まれることもあるでしょう。

(2)労働力不足

人材業界の今後が明るい理由の2つめは、日本は将来的に労働力不足に陥ると懸念されているためです。

先述したとおり、人材サービスの収入源は企業側なので、企業の人材需要が高まると人材業界の売上が伸びる可能性も高いです。

パーソル研究所が発表した2030年の労働市場では日本国内で約650万人もの働き手不足に陥るとされています。

研究ではさらに、現在推進している女性・老人・外国人雇用のみでは働き手不足をまかないきれないとされており、今後は労働者の人材需要が高まるでしょう。

企業の働き手需要が高まれば、たとえ労働人口が減少しても人材業界全体の売上が伸びる事は予想されます。

3.まとめ

今回の記事では人材業界の今後について解説を行ないました。

働き方の価値観の変化や労働力不足が要因で今後の人材業界は将来性があると予想されます。

業界の今後を正確に予想することは困難であるため、様々な要因を元に業界の展望を考えていく事が業界の深い理解につながります。

以下の記事では人材業界に向いている人についての解説を行なっています。

業界研究をしっかりと行ない、自分に合った企業に就職できるようにしましょう!

あなたは人材業界に向いてる人?~具体的な仕事内容と必要スキルを解説~

2020.11.02
スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。