あなたは人材業界に向いてる人?~具体的な仕事内容と必要スキルを解説~

スポンサーリンク

「人材業界はどんな仕事をするの?」
「人材業界に向いている人を教えて!」

このような悩みを抱えた就活生は多いでしょう。

人材業界の仕事内容と必要なスキルを理解すれば、あなたの業界に対する適性が見えてきますよ!

人材業界に求められる人材や能力を理解して、選考対策を行ないましょう。

1.人材業界とは

  

人材業界は主に企業の求人・人材育成や働き手の仕事紹介など、仕事に関わる多くのサービス全般を指します。

この章では、人材業界ではどのような仕事が行なわれているかを解説します。

人材業界は以下の4つのサービスに分かれています。

人材業界の4つの分類と代表的な企業

(1)人材広告

人材広告は企業の求人広告を自社メディアに掲載し、新卒・派遣・アルバイト等の求職者を集めるサービスです。

人材広告の社員は、求人広告を掲載してもらうための営業活動や、広告を掲載する企業との相談でどのような求職者をターゲットにするかを決定します。

企業とのヒアリングを元に求職者に魅力的に映るような広告内容を考え、一定期間がたつと広告内容を精査し改善を加えていきます。

求職者との関わりは少ないですが、企業の採用活動に大きく関わることになるため信頼関係の構築が必要になります。

人材広告の有名な企業としてはリクルートHDがあげられます。

(2)人材紹介

人材紹介は、サイトを通じて企業と働き手を仲介するサービスです。

人材紹介では企業とともに業務を行なうリクルーティングアドバイザーと求職者とともに業務を行なうキャリアアドバイザーに分類されます。

リクルーティングアドバイザーは企業から、必要な人材の職種・数・スキル等をヒアリングし企業が求める人物像をしっかりと理解した上で紹介を行ないます。

キャリアアドバイザーは求職者と密接にコミュニケーションをとり、給料ややりがい等企業に何を求めるかをヒアリングし、ミスマッチが起こらないような仕事紹介を行ないます。

クライアント企業も求職者も条件があえば、数十年単位で関係を持つことになるため、人材紹介の社員は「人生を売る仕事」とも言われており責任感が必要です。

人材紹介の有名な企業としてはパーソルキャリア株式会社があげられます。

(3)人材派遣

人材派遣は、派遣会社に登録している求職者を企業へと派遣するサービスです。

求職者を企業へと派遣した後も、企業に直接雇用されるまでは派遣会社が雇用する形となるため、派遣先企業と求職者の双方と関係を築く必要があります。

人材派遣では、主に企業への営業活動や登録している求職者や派遣先とのコミュニケーションを行ないます。

求職者が派遣先企業で問題なく働けているかどうかの相談や今後どのように働いていきたいかなど、1人の人生に寄り添ってサポートをする必要があります。

人材派遣で有名な企業としては株式会社パソナがあげられます。

(4)人材コンサルティング

人材コンサルティングは企業が抱える人事の課題を解決するサポートを行ないます。

採用から人材育成や人事制度まで企業のすべての人事課題を解決すべく、解決策の立案と実行の支援を行ないます。

企業がサービスを提供する業界や企業内部の現状などについて深く知り長期的に関係を築く場合がほとんどです。

人材は企業にとって時に大事な要素であるため、人材コンサルティングを通して企業全体のサポートをできるというやりがいが感じられます。

人材コンサルティングではリンクアンドモチベーションが有名な企業としてあげられます。

以下の記事では人材コンサルタントについての解説を行なっているのでぜひ読んでみてください。

2.人材業界に必要なスキル2選

人材業界は人と企業に関わるサービスです、

そのため人材業界で働くために必要なスキルの大半は知識や技術といったハードスキルではなく、コミュニケーション能力などのソフトスキルです。

この章では以下のつのスキルについて解説を行ないます。

人材業界で必要な能力
  • コミュニケーション能力
  • 営業能力

順に説明を行ないます。

(1)コミュニケーション能力

人材業界に必要なスキルの1つ目はコミュニケーション能力です。

先述したように、人材業界の仕事の大半が人とのコミュニケーションを必要として業務を行なうためです。

人材コンサルティング・人材広告では主に企業側とコミュニケーションをとり信頼関係を気づく必要があります。

「どのような人材を募集したいのか」や「企業にどのような人事問題があるのか」は企業との対話の中で見つけていく必要があり、コミュニケーション能力のない人だと問題解決のためのリサーチができなくなります。

また人生にも大きく関わる求職者の仕事探しをサポートする際に。コミュニケーションがとれないと求職者に不信感を与えてしまいかねません。

人と関わることが苦ではない人・コミュニケーションをとるのが好きな人が人材業界には向いていると言えるでしょう。

(2)営業能力

人材業界に必要なスキルの2つめは営業能力です。

人材業界のサービスはどれもクライアント企業があって成立するため、求人企業の新規開拓営業を行なう必要があります。

営業活動は各企業によって内容は異なりますが、テレアポで多くの企業に電話をかけたり、企業先について綿密に調査した後に提案形式で営業活動をおこなったりすることもあります。

特に人材業界の新人は、新規開拓の営業業務をまかされる事が多く注意が必要です。

3.人材業界に向いている人・向いていない人の特徴

この章では人材業界の向いている人と向いていない人の特徴を紹介します。

(1)人材業界に向いている人

人材業界に向いている人は以下のような特徴を持った人です。

人材業界に向いている人
  • 人と関わることが好き
  • 多くの業界と関わることが好き

順に紹介をします。

#1:人と関わるのが好き

人材業界に向いている人特徴は人と関わることが好きであることです。

人材業界で働くためにはコミュニケーション能力が必須であるように常に人との関わりが求められます。

特に、人材紹介・派遣では求職者と長期間を通じ関わることになるため、人と関わり人生を応援したいという方に向いています。

#2:多くの業界と関わることが好き

人材業界に向いている人の特徴は多くの業界と関わることが好きであることです。

人材業界では、様々な企業のサポートを行なうため、企業によって業界のリサーチを行ない業界知識を身に付ける必要があります。

クライアントの企業ごとに業界についてに情報収集を行い、業界にそった提案をするのが好きな人は人材業界に向いています。

以下の記事では人材業界の志望動機について紹介をしているのでぜひご覧ください。

【例文つき】人材業界就活の志望動機の書き方をわかりやすく徹底解説

2020.10.27

(2)人材業界に向いていない人

人材業界に向いていない人は以下のような特徴があります。

人材業界に向いていない人
  • 1つの業務に集中したい人
  • プレゼンテーションが苦手な人

順に紹介をし

#1:1つの業務に集中したい人

人材業界は1つの業務に集中したい人は向いていません。

企業によって異なりますが、1社員が数十社程度担当を行ない求人のサポートを行ない、同時に新規の企業開拓を行なうなど、人材業界はマルチタスク能力が求められます。

そのため多くの企業や求職者とマメに連絡を取る必要があり、自分のペースで1つの事に集中したい方は向いていない業務と言うことができます。

#2:プレゼンテーションが苦手な人

人材業界はプレゼンテーションが苦手な人は向いていません。

人材業界では、企業の人事責任者・求職者の双方にプレゼンテーションを行い満足してもらう必要があります。

人とコミュニケーションをとり、アイデアを提案するのが苦手な人は人材業界に向いていません。

4.まとめ

今回の記事では、人材業界に向いている人に関して解説を行ないました。

人材業界は4つのサービスに分類されますが、どのサービスでも人との直接的な関わりがありやりがいを感じられる仕事です。

業界調査をしっかりと行い自分に合った企業に就職できるようにしましょう!

以下の記事では人材業界の今後について解説を行なっているのでぜひ読んでみてください。

人材業界の今後は明るい!人材業界に影響を与える2つの要因を徹底解説

2020.11.02
スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。