業界研究をする時は面接で活きる本を買え!選び方とおすすめを紹介

「業界研究の本ってどんなものを選べばいいんだろう…」
「内定に繋がる業界研究の本が欲しい!」

このように考えていませんか?

せっかくお金を払って業界研究の本を買うならば、業界研究が効率よくできると同時に、内定に一歩近づける本を買いたいですよね。

本の選び方のポイントを押さえておかないと、無駄に本を買ったり時間を使ってしまって、本来行うべき対策に時間を避けなくなってしまいます。

今回は、業界研究の本を選ぶ際のポイント3つと、おすすめの本について紹介します。

この記事を読めば、迷いがちな業界研究の本を自信を持って選ぶことができ、内定に近づくことができますよ!

業界研究の方法については以下の記事も参考にしてみてください。

おすすめの業界研究の方法や業界研究をする際に意識すべきポイントについて解説しています!

業界研究は本とOB訪問の合わせ技が重要!やり方を徹底解説

2019.09.02

1. 業界研究のための本を選ぶポイント3つ

まずはじめに、業界研究の本を選ぶ際のポイント3つを紹介します。

本を使って業界研究をすることは、インターネットを用いて調査するよりも情報に信ぴょう性があり、また、セミナーやOB・OG訪問を通じた業界研究よりも手軽にできるおすすめの手法です。

しかし、本を買うのには当然お金がかかるため、自分の役に立つ本を買わなければ、「せっかくお金を出しても有益な情報を得ることができなかった」という事態が起こりかねません。

そのため、本を購入する前にポイントをおさえておくことは非常に重要になります。

また、業界研究の本を通じて、同時にインターンシップ面接や本選考の面接で活きる情報を仕入れることが内定に一歩近づくコツです。

業界研究のための本を選ぶ際は、自分の役に立つ、つまり面接に活きる情報が載っているものを選ぶようにしましょう。

面接に活きる情報が載っている本は、以下の3つのポイントがおさえてあります。

  • 様々な業務内容について詳細に記述してある
  • 業務に必要な力がイメージしやすい
  • 将来性・動向が書かれている

以下、順番に解説します。

(1) 様々な業務内容について詳細に記述してある

1つ目は、様々な業務内容について詳細に記述してあることです。

就活の面接において重要なことの一要素として、「学生が会社でやりたいことが現実と一致している」ことが挙げられます。

漠然とした業界のイメージでは無く、実際にどのような仕事をどのように行っているのかについて詳細に記述してある本を買って勉強することで、面接の際に仕事への理解度をアピールすることが出来ます。

また、様々な業務について知ることは、会社に入って異動し、自分が希望していない業務を担当することになってもやっていけそうかを判断する材料になります。

単に内定を得るためのみならず、将来の仕事の選択肢を絞るためにもこの要素は重要です。

具体的には、営業の仕事、経営企画の仕事、その業界特有の部署など様々な部局における仕事が紹介されている本を購入するようにすると良いでしょう。

(2) 業務に必要な力がイメージしやすい

2つ目は、業務に必要な力がイメージしやすいことです。

企業が採用を行う際に大切にすることは、「自社の業務に必要な能力、もしくは資質を備えた学生を選ぶ」ということです。

そのため、業界研究の本を選ぶ際は、業務内容が書かれているだけでなく、どのような力が必要か、どんな人柄の人が多いかが書かれたものにしましょう。

本を通じて必要な力を見定めることで、業界に合った自己PRができるようになり、面接の際に「企業にマッチしている人材である」ことをアピールできるのです。

自己PRについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

1分で面接官に響く自己PRをするためのコツを解説しています。

【例文あり】1分間の自己PRに含めるべき要素とは?伝え方も解説!

2019.03.25

(3) 将来性・動向が書いてある

3つ目は、将来性・動向が書いてあることです。

この要素も、面接で面接官に対しアピールをするため、また、将来の仕事の選択肢を考えるうえで重要になります。

この要素をおさえることで面接官に対しアピールできる理由は、「○年後どうなっていたいか」という面接でよく問われる質問に対して現実味のある回答ができるからです。

自分が将来どうなっていたいかは、業界の将来予測を把握していないと具体的に考えることはできません。

そのため、業界研究の一環として業界の将来性・動向を知ったうえで面接に臨むことにより、自分が将来会社の一員として働いている姿を面接官にリアルに想像させることが可能になります。

2. 業界についての知識が無い方は網羅的な本がおすすめ!

ここまで、業界研究のためのおすすめ本の選び方を紹介してきましたが、これらの選び方はある程度業界についての知識があったり、興味のある業界がイメージできる方に向けたものです。

業界についてのイメージがほとんど無い方は、まず網羅的な本を購入することをおすすめします。

網羅的な本を購入することで、まずどのような業界が存在するのかを知り、自分にとって興味のある業界を見定めることができます。

網羅的な本を読んでおおまかな業界研究をした後に、より詳細な情報がある本を購入するようにしましょう。

3. 業界研究におすすめの本2選

ここからは、先ほど紹介した3つのポイントを満たす本と、業界研究初心者におすすめの網羅的な本を1つずつ紹介します。

自分の業界研究の進度に応じて適当な本を選んでみてくださいね!

(1) 業界の知識がある方には「〇〇業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本」がおすすめ!

1つ目は、〇〇業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本です。

この本は、特定の業界で行う仕事が詳細に記述されています。

部署ごとの違いから、特定の部署の段階ごとの仕事内容など、多角的に記述されているため、将来働いている自分を具体的にイメージしやすくなっています。

また、業務に必要なスキルや力についても書かれています。

例えば、コンサル業界ならばロジカルシンキングやゼロベース思考など、その業界に特徴的な能力について解説されています。

さらに、その業界が今後どのような方向性で事業を進めていくか、また、将来の成長性についても記載してあります。

この本を購入すれば、1冊で面接に活きる業界研究をすることができます

基礎情報は以下の通りです(今回は「コンサル業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本」を紹介します)。

書名 図解入門業界研究 最新コンサル業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本[第4版]
出版社 秀和システム
出版年 2017年
公式価格 1,500円(税抜)
購入URL

(2) 業界研究が進んでいない人は「業界地図」がおすすめ!

2つ目は、業界地図です。

この本は、まだ業界についての知識がほとんど無い方が、おおまかに業界を把握するのにおすすめな本です。

具体的には、業界の名称や業界規模、企業の業界での立ち位置などが記載されており、1冊で大まかに世の中にある業界全体を概観することができる点が大きなメリットです。

また、「業界天気予想」という形で業界の将来性について学ぶことができるのも良い点です。

業界地図の基礎情報は以下の通りです。

書名 「会社四季報」業界地図 2020年版
出版社 東洋経済新聞社
出版年 2019年(毎年出版)
公式価格 1,404円(税込)
購入URL

4. まとめ

この記事では、業界研究のための本の選び方と、おすすめの本2冊を紹介しました。

様々な業務内容について書いてあり、業務に必要な力がイメージしやすい本こそが面接で活きるおすすめの業界研究本だということが分かっていただけたかと思います。

また、業界の将来性についても確認できる本を選ぶのも1つのポイントでしたね。

この記事を生かして面接で活用できる業界研究の本を選び、効率的に就活を進めましょう!

業界研究ができたら、次は面接のための準備が必要です。

面接の際の髪型で意識したいポイントについて解説しているこちらの記事も参考にしてみてください!

【就活必勝】インターン面接はどんな髪型で行くべき?男女別に解説!

2019.09.10

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。