業界研究EXPOを効率的に活用して内定に繋げるコツを紹介!

「業界研究EXPOって何だろう?」
「業界研究EXPOがどこでやっているか知りたい!」

このように思っていませんか?

業界研究EXPOとは、主要都市で開催される、効率的に業界研究ができるイベントなんです!

この記事では、業界研究EXPOの基礎情報から、セミナーを活用して内定に繋げるコツまで解説します。

この記事を読めば、あなたも業界研究EXPOを活用して志望企業からの内定に近づくことができますよ!

業界研究の方法については以下の記事も参考にしてみてください。

おすすめの業界研究の方法や業界研究をする際に意識すべきポイントについて解説しています!

業界研究は本とOB訪問の合わせ技が重要!やり方を徹底解説

2019.09.02

また、業界研究EXPOに限らず、業界研究セミナーを生かして他の就活生と差をつけるために意識したいポイントについて解説しているこちらの記事も参照してみてくださいね!

業界研究セミナーで他の就活生と差をつけるためのポイント4選!

2019.09.17

1. 業界研究EXPOは効率的に業界研究ができるイベント!

引用: マイナビ「業界研究EXPO」公式サイト(※2019年2月東京開催の紹介ページです)

業界研究EXPOとは、人材情報サービスのポータルサイトを運営する株式会社マイナビが主催する、新卒就職者を対象とした業界研究イベントのことを指します

主として2月に開催され、このイベントには様々な業界の日本を代表する大企業が出展しています。

学生は興味のある企業を自由に回ることで、効率的に業界研究を進めることができます。

事前の予約は基本的に不要であり、気軽に行きやすい点が大きなメリットですね。

また、基本的に予約は不要ですが、先着順や事前の予約によって自己PR作成講座に参加したり、企業の特別な講演に参加することもできます。

気軽に話を聞いてみたい方の他にも、しっかりと就職活動の準備を進めたいという人、1つの企業のお話をじっくりと聞いてみたいという方も満足できるイベントになっているのではないでしょうか。

2. 業界研究EXPOは全国4ヶ所で開催!

次に、業界研究EXPOはどこで開催されているかを解説します!

業界研究EXPOは、2019年2月は東京・大阪・名古屋・福岡の4ヶ所で開催されました

それぞれの開催場所は以下の通りです。
※2019年2月開催時の情報です。

東京会場 会場: 東京ビッグサイト
住所: 〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11−1
大阪会場 会場: インテックス大阪
住所: 〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102
名古屋会場 会場: ポートメッセ名古屋
住所: 〒455-0848 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2
福岡会場 会場: マリンメッセ福岡
住所: 〒812-0031 福岡県福岡市博多区沖浜町7−1

業界研究EXPOは、基本的に日本の主要都市で開催されており、地方に住んでいる方にとっては気軽に行きづらいイベントだと感じられるかもしれません。

しかし、イベント会場までの無料バスが用意されており、比較的会場から遠い場所でもシャトルバスを利用することが可能なため、地方在住の方でもお金の心配をすることなくイベントに参加することができますよ!

各会場直通の無料シャトルバスの発着駅は以下の通りです。
※2019年2月開催時の情報です。

東京会場 【予約不要】
無料シャトルバス
東京駅鍛冶橋駐車場 ⇔ 東京ビッグサイト【要予約】
無料ターミナルバス
八王子/町田/横浜/登戸/大宮/所沢/千葉/柏/津田沼
⇔ 東京ビッグサイト
大阪会場 【予約不要】
無料シャトルバス
JR大阪駅 ⇔ インテックス大阪【要予約】
無料ターミナルバス
京都方面/彦根・草津方面/姫路・三ノ宮方面/奈良方面/天王寺方面/       和歌山方面など関西主要駅
⇔ インテックス大阪
名古屋会場 【予約不要】
無料シャトルバス
金山駅 ⇔ ポートメッセなごや【要予約】
無料ターミナルバス
名古屋駅・八事駅・藤が丘駅・東岡崎駅・豊橋駅・岐阜駅・津駅
⇔ ポートメッセなごや
福岡会場  【要予約】
無料ターミナルバス
山口、下関、小倉、久留米、佐賀、長崎、佐世保、大分、別府、熊本、
宮崎、鹿児島
⇔ マリンメッセ福岡

入場は無料ですし、出展企業も日本を代表する大きな企業が多いため、時間に余裕があれば是非参加することをおすすめします!

3. 総合商社や食品業界など幅広い業界の企業が参加!

最後に、業界研究EXPOではどのような企業がイベントに出展しているかを解説します。

まず、このイベントに参加する企業は、様々な業界において日本を代表する大企業が多いです。

そのため、大手企業への入社を考えている方はもちろん、業界大手の仕事内容を知ってみたいという方におすすめのイベントです。

また、出展企業の業界は、総合商社や食品メーカー、金融業界および広告代理店業界など本当に様々です。

それゆえ、1日このイベントに参加することで非常に多くの業界の仕事内容について理解することが可能です。

具体的な出展企業の例は以下の通りです。
※2019年2月2日に開催された東京会場の情報を参考にしています。

総合商社 伊藤忠商事
広告代理店 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ、電通
メーカー 味の素、キヤノン、富士通、アサヒビール、日立製作所、ニトリ、明治グループなど
金融 三井住友銀行、野村證券、SMBC日興証券、大和証券グループなど
航空・鉄道 ANAグループ、JR東日本など
保険 損害保険ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険、日本生命保険など
その他 警視庁、神奈川大学、ジェーシービー(JCB)など

上述したのは出展企業の一部ですが、日本を代表する企業、かつ多様な業界に所属する企業が出展しているとわかります。

また、大阪会場であれば京都大学やJR西日本、福岡会場であればANA福岡空港や西武ガスなど、その地域で特に有名な企業が出展しているため、自分の通う学校の近くの会場に足を運ぶことをおすすめします

4. 業界研究EXPOを活用して内定に近づくコツ

ここまでは業界研究EXPOについての基礎情報をお伝えしてきました。

ここからは、実際に業界研究EXPOを活用して、本選考での内定に近づくコツを紹介します。

業界研究EXPOを活用するコツは以下の3つです。

  • 興味の薄い企業の説明を聞いてみる
  • 社員の方の雰囲気を感じ取る
  • 気になる点を質問する

順に解説します。

(1) 興味の薄い企業の説明を聞いてみる

1つ目は、興味の薄い企業の説明を聞いてみることです。

業界研究EXPOで興味のある業界の説明ばかり聞きに行くのは、セミナーで得られるものを減少させてしまう可能性があります。

興味のある業界・企業の説明であれば、その説明会以降に個別の説明会に行く可能性が高いかと思います。

業界研究EXPOは個別説明会に比べるとそれぞれの企業あたりの持ち時間は少ないため、個別説明会と同じ内容、もしくはそれよりも薄い内容の説明である可能性が高いです。

そのため、興味のある業界ばかり説明を聞きに行くよりは、興味の薄い業界の説明を積極的に聞きに行き、自分によりマッチする、内定をもらえる可能性の高い企業を探すのがおすすめです。

業界研究EXPOに出展する企業は日本を代表する企業が多いため、説明を通じてその使命感や理念に共感を覚えることが多いのではないでしょうか?

さらに、仮に興味の薄い企業の説明を聞いて自分とは合わないと感じたとしても、合わないと感じた理由を考えることで志望業界に入りたい動機を補強することができ、面接で志望度の高さをアピールすることにも繋がります。

(2) 社員の方の雰囲気を感じ取る

2つ目は、社員の方の雰囲気を感じ取ることです。

業界研究セミナーに参加することの大きな意義は、「本やインターネットでは感じることのできない、働いている方の雰囲気を知れる」ことにあります。

例えば、「この業界の社員さんは溌剌としている」「この業界の社員さんは穏やかで優しそう」など、業界に共通する雰囲気を実際に感じ取ることができます。

実は、社員さんの雰囲気を知ることは、企業から内定を得るために非常に重要です。

志望企業から内定を得るために重要な要素として、「雰囲気が自社にマッチしているか(社員として働いていることが想像できるか)」という要素が挙げられます

業界研究EXPOに参加して業界ごとの雰囲気を知ることで、自分が心地よく働けそうな場所、さらには内定を貰いやすそうな場所を見定めることができるのです。

(3) 気になる点を質問する

3つ目は、気になる点を質問することです。

セミナーに参加することは、インターネットや本で情報収集をするのと異なり、社員さんに直接質問をぶつけることができる点がメリットです。

例えば、社員さんに「御社で活躍するために必要な力はなんですか?」と質問することで、その会社・業界で必要とされる能力を知ることができ、効果的な自己PRをするための一助となります

そして、質問などを通して会社の方に顔を覚えてもらうことができれば、仮に明確な優遇が無いとしても本選考で有利になる可能性は十分にあります

そのため、説明会に参加して積極的に質問をすることで、内定に一歩近づくことができるのです。

5. まとめ

この記事では、業界研究EXPOとは何かといった基礎的な部分から、業界研究 EXPOを生かして内定に近づくためのコツ解説をしました。

業界研究EXPOは業界研究が効率的に行えるイベントであり、日本を代表する多様な業界の企業が参加するイベントだとわかりましたね。

また、漠然と参加するだけではなく、紹介した3つの点を意識することで内定に一歩近づくことも分かっていただけたかと思います。

この記事で紹介したことを生かして、業界研究EXPOについての理解を深め、効率的に業界研究を進めていきましょう!

業界研究ができたら、それを踏まえて自分の強みを伝える「自己PR」の準備が必要となります。

1分間で自分の強みを伝える自己PR方法について解説しているこちらの記事も合わせてご覧ください。

【例文あり】1分間の自己PRに含めるべき要素とは?伝え方も解説!

2019.03.25

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。