• HOME
  • ブログ
  • IT
  • 【中堅私大の採用実績あり】売上が多い大手IT企業ランキングベスト5

【中堅私大の採用実績あり】売上が多い大手IT企業ランキングベスト5

スポンサーリンク

「大手のIT企業って、一体どれほどの売上を出しているのだろう?」
「そんな大手IT企業に、自分も就職できるかな…?」

大手IT企業に憧れるあなたは、このような疑問や悩みを抱えていませんか?

そこで本記事では、売上が多い大手IT企業ランキングを紹介します。

記事の後半では、大手IT企業への就職に必要な学歴と資格を紹介しているので、この記事を参考に就活をより有利に進めましょう!

なお、IT企業への就職を成功させるためには、業界分析が必要不可欠です。

以下の記事では、IT業界の動向について解説しているので、これを読んで業界の全体像を把握しましょう。

IT業界に未来はないって本当?気になる理由と今後の動向を解説!

2020.04.18

1.売上が多い大手IT企業ランキングベスト5

売上が多い大手IT企業ランキングベスト5を紹介します。

最新の有価証券報告書によると、順位は以下のようになりました。

それでは、これらがどういった企業なのかを具体的に確認していきましょう。

第1位:富士通(3兆8,577億円)

売上が多い大手IT企業ランキング第1位に輝いたのは富士通、2020年3月期の売上高は3兆8,577億円でした。

こちらは、ノートパソコンやプリンターといったデジタル機器を販売するメーカーとして認識している方も多いでしょう。

実は、富士通は総合ITベンダーとしての側面も持っており、同サービスを提供する会社としては国内1位、世界でも第5位の売上高を誇ります。

また、知名度の高さもあって就活生からの人気が高く、日経コンピュータ楽天みん就が共同で行っている『2021年卒 IT業界新卒就職人気企業ランキング』では第3位にランクインしています。

企業名 富士通株式会社
本社 東京都港区
設立 1935年6月20日
従業員数 単独:32,568人
連結:129,071人
平均年収 803万円
平均年齢 43.6歳
新卒採用数(2019年度) 750人
公式サイト アクセスはこちら

第2位:NEC(3兆952億円)

売上が多い大手IT企業ランキング第2位はNEC、2020年3月期の売上高は3兆952億円でした。

NECは巨大企業グループである住友グループの血を引く電機メーカーで、主にパソコンやその周辺機器、電話機などを製造しています。

2004年からはITサービスやコンサルティング事業を強化し始め、富士通と後述のNTTデータに次ぐ第3位の規模を誇ります。

企業名 日本電気株式会社
本社 東京都港区
設立 1899年7月17日
従業員数 単独:20,125人
連結:112,638人
平均年収 814万円
平均年齢 43.7歳
新卒採用数(2019年度) 500名
公式サイト アクセスはこちら

第3位:リクルートホールディングス(2兆3,994億円)

売上が多い大手IT企業ランキング第3位はリクルートホールディングス、2020年3月期の売上高は2兆3,994億円でした。

こちらは就活生なら誰もが知っている有名企業ですね。

リクルートホールディングスは主に求人広告や人材派遣などを手掛けるIT企業で、特に就職ポータルサイト『リクナビ』や求人専門検索エンジン『Indeed』などが知られています。

また、リクルートホールディングスはメガベンチャーと呼ばれる大手ITベンチャーの1つで、同カテゴリの企業としては売上高ナンバー1を誇ります。

このメガベンチャーについては以下の記事で紹介しているので、IT業界のことをより深く知りたい方は読んでみてくださいね。

メガベンチャーとは?2020年最新版のメガベンチャー年収ランキング

2020.10.27
企業名 株式会社リクルートホールディングス
本社 東京都千代田区
設立 1963年8月26日
従業員数 単体:158人
連結:49,370人
平均年収 964万円
平均年齢 37.5歳
新卒採用数(2019年度) 516人
公式サイト アクセスはこちら

第4位:NTTデータ(2兆2,668億円)

売上が多い大手IT企業ランキング第4位はNTTデータ、2020年3月期の売上高は2兆2,668億円でした。

NTTデータは大手電話会社NTTの主要5社の1つで、主にデータ通信やシステム構築といった事業を行っています。

情報サービスのみを専門的に提供する企業としては国内トップクラスの規模であり、傘下に置いている企業はなんと300社を超えます。

その影響力の強さもあって就活生からの人気は非常に高く、前述の『2021年卒 IT業界新卒就職人気企業ランキング』では富士通を抑えて見事1位に輝いています。

企業名 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
本社 東京都江東区
設立 1988年5月23日
従業員数 135,800人
平均年収 833万円
平均年齢 38.9歳
新卒採用数(2019年度) 430人
公式サイト アクセスはこちら

第5位:日立製作所(2兆994億円)

売上が多い大手IT企業ランキング第5位は日立製作所、2020年3月期の売上高は2兆994億円でした。

日立製作所は、世界でも指折りの規模を誇る総合電機メーカーで、特に洗濯機や冷蔵庫、クーラーといった白物家電が有名です。

実は企業全体の売上高は8兆7,672億円を誇るのですが、そのうちIT事業が占める割合が25%程度であったことからこの順位にランクインしました。

企業名 日立製作所
本社 東京都千代田区
設立 1920年2月1日
従業員数 単独:31,853人
連結:279,614人
平均年収 902万円
平均年齢 42.3歳
新卒採用数(2019年度) 500人
公式サイト アクセスはこちら

2.アメリカを代表する大手IT企業GAFA

大手IT企業について学ぶうえで、忘れてはならないのがGAFAの存在です。

GAFAとはアメリカを代表する大手IT企業郡のことで、以下の4社の頭文字からその名が付けられました。

企業名 主なサービス 2019年度の売上高
Google 検索エンジン
オンライン広告
動画サービス
オンラインストレージ
1,619億ドル(約17兆6,000億円)
Apple ハードウェア開発
OS開発
アプリケーション開発
2,601億ドル(約28兆1,061億円)
Facebook SNS
メッセージアプリ
706億ドル(7兆3,511億円)
Amazon ECサイト 2,805億ドル(約30兆5,768億円)

これらの企業に共通しているのは、商品やサービスなどを提供するためのプラットフォーム(基盤)を作り上げていることです。

たとえば、Googleが提供している検索エンジン『Google』や動画共有サービス『YouTube』はプラットフォームの典型例だといえるでしょう。

Appleの場合は、『iTunes store』や『App store』といったマーケットがこれに該当しますね。

なお、かつては大手ソフトウェア会社Microsoftを加えて、GAFMAと呼ぶこともありました。

しかし、同社はプラットフォーマーとしての影響力に欠ける点から、現在ではGAFAという呼び名が主流です。

GAFAは業界への影響力が非常に大きいので、IT企業に就職する際は必ずこの4社のことを押さえておきましょう。

3.大手IT企業に就職するにはどれくらいの学歴が必要?

「大手IT企業がどういったものか分かったけど、どういった人なら就職できるのだろう?」
「自分の学歴でも、大手IT企業に就職できるかな…?」

一般的に、IT業界は能力主義や成果主義であるといわれていますが、そんなIT業界にもいわゆる学歴フィルターは存在します。

では、そのボーダーラインがどこなのかというと、一般的にはMARCHや関関同立にあるとされています。

とはいえIT業界の場合は、この学歴フィルターの基準がほかの業界よりも緩い場合が多いです。

IT業界は慢性的な人手不足に悩まされており、あまりにも基準を厳しくしすぎると人が集まらないからですね。

たとえば、売上が多い大手IT企業ランキングで紹介した富士通は、専修大学日本大学といった中堅私大の採用実績が多いです。

また、NTTデータでは龍谷大学の採用実績などもあるため、日東駒専や産近甲龍といった中堅私大なら十分大手IT企業を狙えるでしょう。

ちなみに、以下の記事では学歴フィルターが掛かりにくい業界や企業を紹介しているので、自分の学歴に自信がない方は目を通しておきましょう!

【大手企業への就職を目指すなら知っておくべきこと】学歴フィルターが少ない業界

2020.10.02

4.大手IT企業に就職するのに役立つ資格

大手IT企業に就職するのに役立つ資格は以下の2つが挙げられます。

大手IT企業に就職するのに役立つ資格
  • パソコンに関する資格(ITパスポートや基本情報技術者試験など)
  • 英語に関する資格(英検やTOEICなど)

このうち、特に取得をおすすめしたいのがパソコンに関する資格です。

中でも代表的な資格であるITパスポートは、経済産業者が実施している国家試験の1つであり、ITに関する基礎知識が身についていることを証明してくれます。

国家試験と聞くとなんだか難しそうな印象を受けるかもしれませんが、実は合格率50%を超えており、スキマ時間に勉強すれば取得できる難易度となっています。

以下の記事ではITパスポートについて紹介しているので、この機会に就活を有利にするための「武器」を手に入れてみてはいかがでしょうか。

ITパスポートは就職に役立つ!具体的な勉強時間や難易度を解説

2020.11.01

また、英語力が必要な理由が知りた方は、以下の記事がおすすめです。

商社で働きたいなら英語力は必須?TOEICの点数と実態を解説!

2020.04.18

5.まとめ

この記事では以下のことについて解説しました。

まとめ
  • 売上が多い大手IT企業ランキングベスト5
  • アメリカを代表する大手IT企業GAFA
  • 大手IT企業に就職するのに必要な学歴
  • 大手IT企業に就職するのに役立つ資格

学歴フィルターは、大手IT企業にも存在しますが、ほかの業界よりも比較的低めに設定されています。

そのため、日東駒専や産近甲龍といった中堅私大に通っている方は、自信を持って大手IT企業に挑戦してみましょう!

とはいえ、大手IT企業に就職するためには、学歴や資格を満たしているだけでは足りません。

以下の記事では、IT業界が求める人物像や志望動機の例文を紹介しているので、これを読んで就活の準備を進めてくださいね。

【例文付き・職種別】IT業界が求める人物像と志望動機の書き方

2020.04.18
スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。