「人材業界はやめとけ」と言われるのはなぜ!?徹底解説!

スポンサーリンク

「人材業界はやめとけ」って言われたけど、どうして?
人材業界はブラックという噂を聞いたことがあるけど、本当なの?

このように、人材業界にまつわる噂を聞いて不安になっていませんか?

実は、人材業界には「やめとけ」と言われるいくつかの理由があるんです。

この記事では、人材業界はやめとけと言われる理由、向いている人の特徴、基本的な人材業界の仕事内容を紹介します。

この記事を読めば、人材業界がやめとけと言われている理由がわかり、うまく対策を立てることができますよ!

1.人材業界がやめとけと言われる理由5選

ここでは、人材業界がやめとけと言われる理由を紹介します。

自分が希望企業や希望業界を選ぶにあたって、入社後うまくやって行けるかどうかなどの判断材料にしましょう。

(1)理想と現実のギャップが大きい

1つめの理由は、人材業界に対する理想と現実の差が激しいことです。

人材業界を目指す人の多くが感じる魅力とは「直接的に人の役に立てる」という仕事内容である点です。

しかし、実際の業務内容は広告営業が多く人材に対してではなく企業への営業が多いです。

実際の求人は求人広告事業の担当であることが多いのです。

また、「人と深く関わることで人の役に立てる」という点も魅力的に感じますが、実際はノルマつきのテレアポなどを課す企業も少なくなく、理想とのギャップを感じる人が多いようです。

人材業界の企業を選ぶ際は、理想の仕事とマッチしているかどうか細かい部分まで業務内容を調べておくと良いでしょう。

(2)長時間労働・時間外労働が多い

2つ目の理由は、労働時間が長く、残業などが発生しやすい点です。

人材紹介事業の仕事は、その性質上クライアント(学生・転職活動中の社会人)などと会って話をすることが不可欠です。

そのため、夕方以降の打ち合わせが発生しやすいのです。

また、求人広告事業などの場合もクライアントが平日の打ち合わせは不可能である場合があり、休日出勤もしばしばあります。

人材業界は業務内容ゆえに残業や休日返上が発生しやすいことは注意しておきましょう。

(3)仕事がルーチンワークになりやすい

人材業界の仕事は、ルーチンワーク化しやすい傾向にあります。

人材紹介会社で就活エージェントや転職エージェントとして働く場合、求職者との面談を延々に繰り返すのが仕事です。

そのため、そこにやりがいを見つけられない方が多く、仕事をつまらないと感じてしまうそうです。

他にも、例えば「人材紹介」や「人材広告」の営業職は、とにかく色んな会社をまわって「求人を出しませんか?」と営業し続ける仕事になります。

その場合、ほとんどが新規開拓の営業なので業務内容は「テレアポ→訪問→テレアポ→訪問」の無限ループです。

このように業務内容が単純化しやすい点も、人材業界がブラックだと言われる1つの理由です。

(4)3年以内の離職者が多く、管理層が若い

人材業界はマネジメントああ層が若く、ストレスを感じやすいということも人材業界がやめとけと言われる理由の一つです。

人材業界では若手の頃からマネジメントを任せてもらいやすいというメリットがありますが、これは下の立場からするとデメリットとなります。

3年以内での離職者が多いため上司の経験も浅くなりがちなため、質問したとしても思うような返答が返ってこないということもしばしばあります。

確かな経験を持った上司の下で成長したいという方は人材業界は避けた方が良いかもしれません。

(5)体育会系の会社が多く、パワハラもちらほら

人材業界はパワハラに近い状況の元で仕事をこなさなければならない場合もあります。

人材業界での営業などはノルマがあることが多いためです。

また、パワハラと言えば上司からのパワハラが一番に思い浮かびますが、人材業界ではクライアントからのパワハラなどに悩まされることもあります。

例えば、就活エージェントでの仕事を例にあげると、紹介した人材が企業にうまくマッチしなかった場合には双方からクレームや心理的重圧をうけることになります。

希望する企業がクリーンな会社であるかどうかはしっかりと見極めておきましょう。

2.人材業界に向いている人の特徴3選

それでは、人材業界に向いている人の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、人材業界に向いている人の特徴を3つ紹介します。

(1)バリバリ仕事重視の生活OKな人

人材業界に向いている人の特徴1つ目は、仕事重視の生活をこなせる人です。

なぜなら、上記したように人材業界では残業や休日出勤が発生しやすいためです。

「仕事ばっかりの生活はとても充実していてやりがいがある!」という方は何も問題ないでしょう。

(2)社交性がある

人材業界で働くためには社交性は不可欠です。

人と深く関わることでより良いサービスを提供することが人材業界の業務内容であり、これには社交性は不可欠です。

クライアントとの連日の飲み会などもしばしばあります。

社交性を持っているならば、人材業界で働くことは問題ないでしょう。

(3)体育会系のノリについて行ける人

体育会系のノリについて行ける人も人材業界に向いていると言えます。

人材業界は若い企業・社員の方が多く、グイグイ意欲的にやっていこうという方が多いです。

それについて行けるかどうかは業務のストレス度合いにも関わってくるため、重要となります。

3.人材業界の仕事内容

人材業界がやめとけと言われている理由を紹介する前に、人材業界の仕事内容を整理しておきましょう。

人材業界の仕事は、大きく分けて4つのビジネスモデルで成り立っています。

(1)人材派遣

#1 ビジネスモデル

人材派遣とは、自社に登録している人材を顧客となる企業に派遣することです。

ポイントは、人材の雇用主が、派遣元である派遣会社である点です。

収益方法は、顧客が支払う3割が人材派遣会社の手数料となり、その残りを登録しているスタッフに支払うというものです。

人材派遣のメリットは売上が安定していることです。

派遣されたスタッフが長く続けば、その期間分の収益が見込みやすく、安定しています。

#2 業務内容

人材派遣会社に就職すると、具体的には

  • 新規取引先獲得の営業
  • 登録スタッフへの派遣先企業の紹介
  • 各種セミナーの開催
  • 研修や講習会の開催
  • スキルアップに関するアドバイス

などを行います。

(2)人材紹介

#1 ビジネスモデル

人材紹介ビジネスとは、顧客となる企業に人材を紹介することです。

人材紹介が上記の人材派遣と大きく違う点は、求職者を自社で雇用しない点です。

メリットは、福利厚生費や研修費などがかからず、報酬の100%を計上できるので、原価率が100%になる点です。

ある程度の資格や能力を持った人を紹介するので、マッチング率も高めであり、顧客や求職者双方とも満足度が高くなりやすいのが特徴と言えるでしょう。

#2 業務内容

人材紹介会社の社員になると、

  • 求職者への営業活動
  • 求職者へのキャリアカウンセリング
  • 求人企業の選出
  • 求人票の作成
  • 企業と求職者の仲介

などを行います。

(3)求人広告

#1 ビジネスモデル

求人広告ビジネスとは、新卒向けの求人サイトや転職者向けのサイトに代表されるものです。

複数の企業の求人情報を一覧にしてまとめて就活生や求職希望者に企業の採用情報を提供することで、掲載企業から広告代金として収益を得ます。

メリットしては、スマホの普及による求人サイトでの検索が増えており、その膨大な数の求職者に情報を流すことができる圧倒的な広告力が挙げられます。

#2 業務内容

求人広告事業では、社員は

  • アプローチする企業のリスト作成
  • 新規顧客開拓のためのテレアポ
  • クライアントに採用に関する要望などのヒアリング
  • ヒアリング内容をもとに具体的なプラン作成

などを行います。

(4)人材コンサル

#1 ビジネスモデル

人材コンサルとは、人事制度構築や導入等を網羅したコンサルティングサービスのことを言います。

人材の採用や採用後の研修・労働環境の仕組み作りなどの様々な問題を抱えている企業に総合的なソリューションを提案するものです。

豊富な知識と経験を必要としますが、仕事を通して人との繋がりを深く感じられるのが特徴です。

メリットは、自分の提案によって企業の業績を改善、もしくは向上させることで、自分が貢献したこと実感を持って仕事ができる点です。

#2 業務内容

人材コンサル会社に就職すると、

  • クライアント企業の人事制度の問題点を明確にして改善策を提案
  • 企業の人事制度や人事評価制度の設計
  • 採用戦略の立案
  • 人事部の業務改革

などを行っていくことになります。

まとめ

この記事では、基本的な人材業界の仕事内容を解説した後、人材業界はやめとけと言われる理由、向いている人の特徴を紹介しました。

いかがでしたか。

人材業界の会社を志望する際には、どのような会社があるかをしっかり見極めましょう!

コンサルがやめとけと言われる理由を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

こんな人はコンサルはやめとけ!コンサル就職に向いていない人の特徴を紹介!

2020.01.29

また、人材業界の志望動機の書き方や人材業界の企業ランキングについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【例文つき】人材業界就活の志望動機の書き方をわかりやすく徹底解説

2020.10.27

人材業界人気企業ランキングを大手・ベンチャーごとに徹底解説!

2020.10.27
スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。