【きつい?楽?】メーカー営業の離職率が低い理由と営業の年収ランキング!

スポンサーリンク

「営業ってきついイメージがあるのだけど、メーカーの場合はどうなのだろう?」
「メーカーの営業は楽って聞いたことがあるのだけど本当なのかな?」

メーカーの営業に就職しようと考えているあなたは、このような漠然とした疑問を抱えているのではないでしょうか?

確かに、営業職は常にノルマに追われている印象が強く、どこかブラックなイメージを持ってしまいがちですよね。

実は、メーカーの営業の仕事は他の業界よりも楽なうえ、離職率もかなり低い部類に入るのです!

そこで今回はメーカーの営業の離職率が低い理由について解説します。

記事の後半では各業界の営業の年収ランキングトップ5も紹介しているので、メーカー業界への就職の参考にしてくださいね。

ちなみに、「そもそもメーカーってなんだろう?」と疑問を感じている方は、以下の記事がおすすめですよ。

【平均年収は業界トップ】メーカーとは?商社との違いや職種を解説!

2020.05.21

1.そもそもメーカー営業ってどんな仕事?商社営業との違いについて

そもそも、メーカーとは自社で製品の開発および製造を行う企業のことで、それを売り込む役割を担っているのがメーカー営業です。

基本的な業務内容は他の業界の営業とほとんど変わりませんが、こちらはBtoB営業と呼ばれる法人営業の比率が圧倒的に多いのが特徴ですね。

その比較対象としては商社営業がよく挙げられますが、具体的には以下のような違いがあります。

メーカー営業 商社営業
扱う商品 自社製品 他社製品
特徴 ・一言でメーカーと言っても生産や加工などいくつか種類がある。
・自社製品を売ることに特化している。
・特定の商材を持たない。
・メーカー同士の仲介や新商品開発の提案も行う。
メリット ・特定のジャンルの知識が深められる。
・ルート営業が多く、ノルマが少ない傾向にある。
・幅広いジャンルの知識が身に着けられる。
・商品に制約がないため、相手やシチュエーションによって様々な提案ができる。
デメリット 販売後のサポートも営業自身が行わなくてならない。 仕事量が多く、ノルマも厳しい傾向にある。

最も大きな違いは、メーカー営業が自社製品のみを扱うのに対し、商社営業は他社製品も扱うことでしょう。

そして、この違いによって生じるのが「特定の製品に対する責任感の重さ」です。

例えば商社営業の場合、製品に関する質問をされたら「メーカーに問い合わせて確認しておきますね」と返答できますが、メーカー営業の場合はそうはいきません。

なぜなら、メーカー営業が扱っているのは自社製品だからで、要するに「自社製品のことについて何も知らないのに営業が務まるのか」という話に繋がってしまうのです。

そのため、メーカー営業の基本的なスタンスは「狭く・深く」、商社営業のスタンスは「広く・浅く」になりやすいです。

ちなみに、この商社については以下の記事でも解説しているので、こちらも参考にしてくださいね。

【2020最新版】専門商社の業界別ランキング!年収、総合商社との違いを徹底解説!

2020.09.01

2.きつい?楽?実はメーカー業界は営業の離職率が低い!

一般的に、メーカーの営業はきついイメージがあると思われがちですが、実はその指標ともなる離職率はかなり低いです。

実際に、厚生労働省が平成26年11月に発表した『平成26年雇用動向調査結果の概況』によると、新卒で製造業界に入社した人が3年以内に離職する率は10.6%となっています。

最も離職率が高いのは宿泊業や飲食業で31.4%、最も離職率が低いのは複合サービス事業で7.6%なので、全体で見比べてみても低い水準です

もちろん、これは業界全体の離職率を示したもので、必ずしも営業のみに当てはまることではありませんが、それでもメーカー業界に対する偏見はある程度払拭できますよね。

それでは、メーカー営業の離職率が低い理由について、具体的に確認していきましょう。

理由1:BtoB営業が多く、個人に課せられるノルマがほとんどない

メーカー業界の営業の離職率が低い理由1つ目は、BtoB営業が多く、ルート営業になりやすいことです。

そもそも、BtoB営業とは企業同士の間で行われるビジネスのことで、多くのメーカーはこのBtoB営業によって成り立っています。

そして、BtoB営業は既に契約を結んでいる企業とのビジネス(ルート営業)がほとんどです。

そのため、新規開拓の飛び込み営業が圧倒的に少なく、それに伴うノルマも少なく設定されているわけです。

理由2:残業が少なく、休日数も安定している

メーカー業界の営業の離職率が低い理由2つ目は、残業が少なく休日数も安定していることです。

こちらは1つ目の理由にも通じることですね。

ノルマが少ないということは、自分の時間を削ってまで業績を上げる必要性がないということを意味します。

もちろん、ノルマがまったくないということはありませんが、メーカーにおいてノルマはあくまで営業1課や営業2課といったチームごとに課せられるものです。

そのため、他の業種に比べれば個人に対する負担は圧倒的に少ないと言えるでしょう。

理由3:製品に対する知識が深くなる

メーカー業界の営業の離職率が低い理由3つ目は、製品に対する知識が深くなることです。

前述の商社営業と異なり、メーカーの営業は自社が製造した製品とより近い距離にあります。

その分、特定の製品に対して誰よりも詳しくあるべきなのですが、これは裏を返すとその製品に対する専門家になれることを意味します。

つまり、その製品に対する愛着がそのまま武器になるというわけですね。

また、顧客からの問い合わせや要望、サポートにも直接答えなくてはならないため、特に自社製品に関心を持ち続けられる方に向いています。

3.メーカー営業は年収も高い!全業界の営業の年収ランキング!

全業界の営業の年収ランキングは大手就職・転職情報サイト『マイナビ』の統計結果によって明らかにされています。

全業界の営業の年収ランキング
1位:海外営業(平均年収507万円)
2位:メディカル営業(平均年収489万円)
3位:ソフトウェア営業(平均年収462万円)
4位:金融営業(平均年収441万円)
5位:不動産営業(平均年収431万円)

このうち海外営業とメディカル営業、ソフトウェア営業のいくつかがメーカーの営業に分類されます。

注目すべきなのは、年収が高いイメージがある金融営業や不動産営業が、メーカー営業の平均年収に負けてしまっていることですね。

それでは、これらの営業について、具体的に確認していきましょう。

1位:海外営業(平均年収507万円)

ここでいう海外営業とは自社の製品を海外の企業に売ることで、そのほとんどはメーカー業によって成り立っています。

製品に対する知識はもちろんのこと、語学力や異文化コミュケーション力など高度なスキルが求められるため、営業職としてはトップクラスの平均年収を誇っていますね。

2位:メディカル営業(平均年収489万円)

メディカル営業とは自社の医薬品や医療機器の販売および情報提供のことで、医薬品卸売会社が中心になって行っています。

メディカル営業は主にMRとMSの2種類に分けられますが、このうちMRは自社製品を取り扱うため、メーカーに分類されます。

人の健康や命に関わる分野なだけあって、年収もかなり高水準ですね。

3位:ソフトウェア営業(平均年収462万円)

ソフトウェア営業は別名IT営業とも呼ばれており、主にソフトの販売やシステム開発、Webサイト制作に関するサービスを売り込みます。

こちらは業界全体がメーカーに分類されることもありますが、厳密にメーカーに該当するのはベンダーと呼ばれる販売企業のみです。

このベンダーに該当する企業としては、日立や富士通、日本IBMなどが挙げられます。

4位:金融営業(平均年収441万円)

金融営業とは主に資産の運用および預かりに関するサービスを提供する仕事です。

その語感から金融業者(貸金業)と混同されることがありますが、金融営業ではお金の貸し借りは行っていません。

また、平均年収が高いイメージがありますが、成果主義な側面があるため、年収が高い人と低い人に大きな差が生まれてしまっていると考えられます。

5位:不動産営業(平均年収431万円)

不動産営業とは物件や土地の販売および仲介を担う業務で、扱う商材によってその仕事内容は多岐に渡ります。

高収入なイメージが強いですが、あくまでそれは一握りの優秀な営業マンのみで、平均年収は431万円と決して高いわけではありません。

ただし、不動産業界は徹底した実力主義によって成り立っているため、仮に学歴や経験がなくとも自分の成果が報酬に反映されます。

自分が営業職に向いているか診断しよう

自分の適性や性格が、営業職の仕事に向いているか気になりませんか?

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

自分が営業職に向いているか、サクッと診断してみましょう。

4.まとめ

この記事では以下の内容について解説しました。

まとめ
  • メーカー営業の具体的な仕事内容と商社営業との違い
  • メーカー業界は営業の離職率が低い理由
  • 全業界の営業の年収ランキング
一般的なイメージと大きく異なり、メーカーの営業の労働環境は極めてホワイトに近いと言えるでしょう。

とはいえ、自社製品に対するこだわりや熱意など、求められるハードルは決して低くありません。

そのため、楽だからという理由で安易にメーカー営業になるのではなく、きちんと動機を明確にしたうえで、採用面接に臨みたいところ。

もし、本気で「メーカーの営業になろう!」と考えている方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

受かる志望動機の共通点が分かる!メーカーの志望動機の書き方と例文3選

2020.05.27
スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。