【グループディスカッション対策】対策方法と評価項目各6つを紹介

スポンサーリンク

「グループディスカッションにおいて求められることってなに?」
「そもそもグループディスカッションって何をするの?」

このように、就活の選考にて行われることが多いグループディスカッションについて詳しく知らない就活生は多いでしょう。

実は、対策をしっかりと練ることでグループディスカッションを乗り越えるための力は身につきます。

この記事では、グループディスカッションでミスを連発しないための対策法やディスカッションの進め方、またNGとされる行動について説明します。

この記事を読んでグループディスカッションについて学び、選考を勝ち抜くためのノウハウを手に入れましょう!

グループディスカッションについて詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて読んでおくと良いですよ!

【グループディスカッション攻略のコツ】見られる能力4つと流れ6つ

2020.05.31

1.グループディスカッションの対策方法6つ

グループディスカッションで面接官から評価されるための対策法を紹介します。

どの項目もディスカッションをスムーズに進行させ、内容の濃い議論を行い良い評価を得るための大切なポイントです。

本番に備えて一つ一つをしっかりと頭に入れておきましょう。

以下の6つがグループディスカッションの対策法です。

グループディスカッションの対策法
  1. 何が評価されるのかを知る
  2. 落ちる人の特徴を知る
  3. 議論の拡散を防ぐ
  4. 知ったかぶりをしない
  5. 時間配分を意識する
  6. 付箋や模造紙などを活用する

1つずつ紹介します。

以下の記事ではグループディスカッションのコツを紹介しているので、あわせて読んでおけば対策は万全です。

グループディスカッションは書記で突破!選考でのコツを解説

2020.04.17

(1)何が評価されるのかを知る

グループディスカッションの1つ目の対策法は、何が評価されるのかを知ることです。

グループディスカッションでは主に、チームで行動した際の能力が評価されます。

会社という一つの組織の一人として行動した時に、周りと協力してどのように動くことができるのか評価されるのがグループディスカッションです。

ディスカッションを進めるにあたり各々がそれぞれの役割を担い、リーダシップや発言力、周囲を見て動く臨機応変さなどが審査されます。

そのため、どのような項目が評価されるのか知っておくことで、グループディスカッションの対策はより行いやすくなるでしょう。

評価項目については、3.グループディスカッションの評価項目6つで紹介しています。

(2)落ちる人の特徴を知る

グループディスカッションの2つ目の対策法は、落ちる人の特徴を知ることです。

評価される行動だけではなく、評価されずに選考を落ちてしまう人の特徴も知っておくとより万全な対策を練ることができます。

例えば議論に参加しなかったり、周りとの協調性を感じられないと評価された場合は選考も突破できません。

グループディスカッションでは、個人としてだけではなく団体の一部としてどう機能できるのかを見られるので、和を乱すような行動は落ちる原因の一つとなってしまいます。

自分を客観的に見つめ直し、落ちる人の特徴に当てはまらないように対策を行いましょう。

グループディスカッションでNGなことについては、4.やってはいけない6つのNG行動で紹介しています。

(3)議論の拡散を防ぐ

グループディスカッションの3つ目の対策法は、議論の拡散を防ぐことです。

グループディスカッションでは限られた時間内で議論の結論を出すことが求められます。

時間内に結論を出すには、あまり関係のないことに矛先が向かないように議論の拡散を防がなければいけません。

この議論では何を求めているのかを全員が念頭に置き、役割を果たすことで議論の拡散を防ぎ、ディスカッションをスムーズに進行できます。

話が逸れてしまわないように全体のバランスを調整することも企業が求める一つの特徴と言えるでしょう。

(4)知ったかぶりをしない

グループディスカッションの4つ目の対策法は、知ったかぶりをしないことです。

面接においてのグループディスカッションで求められることは、集団の中でどれだけ周りと協力して能力を発揮できるかというポイントです。

議論の内容についてどれだけ詳しいかというポイントが一番に見られることはほぼありません。

しかし、良い姿を見せるためにあたかも知識があるように振る舞った上で的外れな意見を述べてしまうと、その場しのぎを行ってしまう学生と見られ、評価が落ちてしまうでしょう。

高い評価をもらうためにも自分の知識をアピールするのではなく、ディスカッションを通して周囲との連携能力をアピールしましょう。

(5)時間配分を意識する

グループディスカッションの5つ目の対策法は、時間配分を意識することです。

企業にもよりますが、面接の一環として行われるグループディスカッションには30分から45分の制限時間が与えられるケースが多くあります。

決して十分とは言えない時間内のうちに結論を出すためには、様々な過程の時間配分を意識することが大切です。

時間配分を決める時間もディスカッションの一部なので、どの過程が重要か瞬時に判断して議論を進められるようにしましょう。

(6)付箋や模造紙などを活用する

グループディスカッションの6つ目の対策法は、付箋や模造紙などを活用することです。

書記担当が意見を記録していくのはもちろんですが、付箋や模造紙といったアイテムを有効的に活用することでよりディスカッションをスムーズに進行できます。

例えば意見を付箋に書き、時系列順に貼っていくことで議論の流れを可視化し意見をまとめやすくできます。

活用できるものは上手くディスカッションに取り入れ、話が逸れていかないような対策を行えると良いですね。

2.グループディスカッションの進め方5ステップ

グループディスカッションの進め方5ステップ目を紹介します。

与えられた時間内に結論を出すためにはディスカッションの進め方を前もって知っておく必要があります。

ディスカッションで行う事柄、必要な役割など、議論をスムーズに行っていくためにも事前にディスカッションについて学んでおきましょう。

以下がグループディスカッションの進め方5ステップです。

グループディスカッションの進め方5ステップ
  1. 役割を決める
  2. 時間配分を決める
  3. アイデアや意見を出し合う
  4. アイデアや意見を整理する
  5. 結論を導いて発表する

1つずつ紹介します。

(1)役割を決める

グループディスカッションの進め方1ステップ目は、役割を決めることです。

ディスカッションをスムーズに進行して最終的に結論を出すには、各々で役割を分担して時間や意見を管理する必要があります。

メンバーの性格や特徴を見極めながら、適正のある役割を選び皆でディスカッションを成功に導きましょう。

役割は以下の5つあります。

グループディスカッションの役割
  1. リーダー
  2. タイムキーパー
  3. 書記
  4. 発表者
  5. その他

順に説明します。

以下の記事ではグループディスカッションの役割と注意点について詳しく説明しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

【グループディスカッションで有利な役割とは】役割別の対策法も解説

2020.04.18

#1:リーダー

グループディスカッションに必要な1つ目の役割は、リーダーです。

リーダーはディスカッションの進行や仕切りを行い、議論全体のバランスを保つ役割を果たします。

他の役割の人と連携しながら議論を進行させ、結論を導きましょう。

誰しもが自分の意見を進んで発表できるわけではないので、周りを見ながら発言しやすい環境を作れると高い評価を得ることができます。

先頭に立ちながらも独りよがりにはならないよう注意しながらディスカッションをスムーズに進行できると良いですね。

#2:タイムキーパー

2つ目の役割はタイムキーパーです。

与えられた時間内で結論を出す必要があるディスカッションでは、時間を管理する役割が大切です。

自らも意見交換を行いながらも、時間に目を向けて結論までたどり着けるように議論の時間調整を行います。

それぞれが意見を発表し合うと意見の相違などが出て議論が長くなってしまうこともあるでしょう。

いつの間にか時間を超過していたということを避けるためにも、時間を逆算して最終的な目標を達成できるようにリーダーと協力しながら議論をコントロールできると良いですね。

#3:書記

3つ目の役割は書記です。

それぞれが述べた意見をメモし、議論の内容を整理する役割を担います。

発表された意見を一字一句間違わないようにメモする必要はありませんが、要点はしっかりとまとめて意見を整理しやすいように記述していきましょう。

書くことに夢中になってディスカッションに参加できないことのないように注意してください。

一人で行うのが大変な場合は複数人で行うのも良いでしょう。

#4:発表者

4つ目の役割は発表者です。

全員が一度は発表者としてディスカッションのテーマについて意見を述べる必要があります。

時間を意識する必要があるので、あまり長くならずに要点を簡潔に発表できるようにしましょう。

上にも記載しましたが、知ったかぶりはせずに結論を出すための良い意見を述べることができると良いですね。

#5:その他

役割がない人も出てきます。

特に役割は与えられなかったとしても、良い議論を進行していくには全員の協力が必須となります。

進行の妨げになる行為はせずに、集団のうちの一人として協調性を持って議論に臨みましょう。

(2)時間配分を決める

グループディスカッションの進め方2ステップ目は、時間配分を決めることです。

議論を進め、時間内に結論を出すには時間配分が大切なポイントになります。

意見の発表や結論をまとめる時間など、制限時間から逆算して時間内にグループとしての結論を出せるように時間配分しましょう。

例えば「百貨店の売上を3倍にする販売戦略」の立案を制限時間30分で求められたとします。

この場合、時間配分の例は以下のようになります。

百貨店の売上を3倍にする販売戦略
  • お題の定義確認(5分)
  • アイデア出し(6分)
  • アイデアの整理・選定(5分)
  • 解決策のブラッシュアップ(7分)
  • 発表の準備(6分)

短い制限時間の中でメンバーが協力して結論を出すことを求められるので、手早く時間配分を決めて無駄な時間を浪費しないようにしましょう。

(3)アイデアや意見を出し合う

グループディスカッションの進め方3ステップ目は、アイデアや意見を出し合うことです。

全員がディスカッションに参加し、テーマについてのアイデアや意見を述べます。

各々の意見を尊重しつつ、あまりテーマから離れていかないように注意して議論を進めていきましょう。

まずはテーマの前提について考え、全員の認識を統一してから意見交換を行うと意見の相違が少なくなったり時間の短縮に繋がります。

積極的に意見を述べてディスカッションに参加しましょう。

(4)アイデアや意見を整理する

グループディスカッションの進め方4ステップ目は、アイデアや意見を整理することです。

述べられた意見を整理してグループが導く結論の方針を決定します。

整理を始める前に意見をタイプ別に分けると、一つ一つの意見に時間を割くことがなくなり、取捨選択が行いやすくなるでしょう。

また、自分の意見を押し通そうとするのではなく、グループが納得した結論を導き出せるよう一人一人が尽力できると良いですね。

(5)結論を導いて発表する

グループディスカッションの進め方5ステップ目は、結論を導いて発表することです。

面接の一環とはいえ、グループディスカッションの最終的な目標は結論を出すことにあります。

意見発表、交換、整理などを行った上でグループとしての結論を導き出しましょう。

3.グループディスカッションの評価項目6つ

グループディスカッションにおいて、就活生側はグループで結論を出すことを行いますが、企業が見ているのは結論の内容よりもチームワークです。

集団の一部と化したとき、その学生はどのように機能するかを評価することがグループディスカッションを行う目的です。

グループディスカッションで評価されるためにも、評価される項目を先に知っておき、最良の行動を取れるように対策しましょう。

以下の6つがグループディスカッションで評価される項目です。

グループディスカッションの評価項目
  1. 協調性
  2. 積極性
  3. リーダーシップ
  4. メンバーへの気配り
  5. 論理的思考力
  6. 応募者のパーソナルな部分

1つずつ紹介します。

(1)協調性

グループディスカッションで評価される1つ目の項目は協調性です。

ディスカッションを行うにあたり、他の学生と連携してスムーズに議論を進めることが求められます。

全員の協調性がなければグループの和を乱し、結論への導きも難航してしまいますよね。

企業に入ってからも周りを見て行動する力は必ず求められる能力なので、自分だけ良ければ良いという考えは捨てて、グループとして良い結果を出せるよう務めましょう。

(2)積極性

2つ目の項目は積極性です。

テーマについて意見を言ったり、他の意見への提案など、ディスカッションでは積極的に言葉を発するようにしましょう。

たとえ間違っていたとしても、自分から意見を発信する力は仕事をする際に求められる能力です。

しかし、あまりにも的外れで進行の妨げになるような意見まですべて発表すれば良い訳ではないので、自分の中で取捨選択した上で発言するようにしましょう。

積極性と和を乱すことはまったく違うことなので注意してください。

(3)リーダーシップ

3つ目の項目はリーダーシップです。

リーダーに必要な能力は周囲を引っ張っていく力だけではなく、周囲をよく観察し、一人一人の特徴を尊重した上で個人の能力を引き出すことです。

先頭に立って好き勝手に進行するのではなく、グループの特徴を見極めて全員が一つの方向に向くことができるようにしましょう。

(4)メンバーへの気配り

4つ目の項目はメンバーへの気配りです。

リーダーに求められる能力の一つでもありますが、全員が持っていてほしい能力でもあります。

自分の仕事をこなしながらも、周囲に注意を向けて働きやすい環境を作り上げる能力は会社で働くために必要です。

ディスカッションを通して、独りよがりになるのではなく周りのメンバーへの気遣いを行えるかも評価されるので、普段から意識して周囲に目を向けてみると良いでしょう。

(5)論理的思考力

5つ目の項目は論理的思考力です。

ほぼ初対面の人達とあるテーマについて議論を進めていく場合、素早い対応能力や物事を体系的に考える能力が求められます。

何度も自分の考えが曲がったり、矛盾点が多いと議論は一向に進まず結論をまとめるのも苦難でしょう。

素早く筋道のたった意見を発表できる能力は、企業においても求めている能力の一つであることが多いので、落ち着いて頭の中を整理して良い意見を発表できると良いですね。

(6)応募者のパーソナルな部分

6つ目の項目は応募者のパーソナルな部分です。

実際にグループディスカッションを行うと、面接や履歴書からは見えてこないパーソナルな部分を発見することができます。

複数人と何かをやり遂げる際にどのような位置に立って物事を進めていくかであったり、急な環境の変化にどんな対応ができるのかを見られることが多いでしょう。

面接では決して完璧を求められないとはいえ、面接などからは見えない個人の人となりを見られる大切な評価ポイントの一つとなっています。

自己分析をやり込み、グループディスカッションに備えよう

グループディスカッションで高評価を得るには、自己分析を通して、「あなた自身」を深く理解しておくことが重要です。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

4.やってはいけない6つのNG行動

グループディスカッションにおいて、やってはいけない6つのNG行動を紹介します。

ディスカッションだけではなく、誰かと一緒に働く上でも避けるべき行動なので、普段から意識して体で覚えるようにしましょう。

以下の6つがNG行動です。

NG行動
  1. 喋りすぎ
  2. 自分の意見を言わない
  3. 話をまとめられない
  4. 他人の意見を根拠なく否定する
  5. 的外れな意見が多い
  6. 他人の意見を真似する

1つずつ紹介します。

(1)喋りすぎ

やってはいけない1つ目のNG行動は、喋りすぎることです。

面接官に良いところを見せようとして自分ばかり話してしまうと、グループの和を乱す上に協調性のない人間だと思われてしまいます。

入社すれば大勢の人と協力して仕事を進めることが必須なので、協調性がないと評価されないようにあなただけ喋りすぎないように注意しましょう。

(2)自分の意見を言わない

2つ目のNG行動は、自分の意見を言わないことです。

他の人が意見を発表してくれるから良いと考えるのは、積極性がなく発話能力が低いと評価されてしまいます。

自分の意見を声に出して発表するのが苦手という方もいますが、内定を取るには避けられない道なので勇気を出して声を上げてみましょう。

意見交換をして始めて議論に参加したと言えるので、一歩踏み出す勇気を持ってディスカッションで良いアピールができるといいですね。

(3)話をまとめられない

3つ目のNG行動は、話をまとめられないことです。

これはやってはいけないというより、できないというニュアンスの方が近いと思いますが、話しをまとめあげる力はリーダーに大切な能力として評価されます。

リーダーとしての素質をアピールしたい方は、意見の要点をおさえ、簡潔にまとめられるような能力を身につけられると良いです。

(4)他人の意見を根拠なく否定する

4つ目のNG行動は、他人の意見を根拠なく否定することです。

自分の意見と違うからといって、他人を蹴落とすのは絶対にNGです。

周りを見ることができない協調性のない人間と思われても仕方のない行動であり、他人の意見を尊重できなければ会社としても良いものを作り上げることはできません。

こういった行動をする人間は企業としても何のプラスにもならないので、ディスカッションでは他人の意見も聞いた上で意見交換を行いましょう。

(5)的外れな意見が多い

5つ目のNG行動は、的外れな意見が多いことです。

積極的に発言することは良いことですが、あまりにもテーマから逸れた意見ばかり言うのは議論の妨げとなります。

発言する際には自分の意見がテーマから離れすぎていないか一度確認してから発表するようにしましょう。

(6)他人の意見を真似する

6つ目のNG行動は、他人の意見を真似することです。

テーマについてあまり詳しくないからといって、他人が発表した意見をそのまま真似してしまうのは良くありません。

もし自分の意見が上手くまとまらない場合は、他人の意見を参考にして自分の見解を述べると良いでしょう。

他人の意見とすべて同じだと良い印象を与えることはできません。

5.グループディスカッションで扱われるテーマ2つ

グループディスカッションで扱われるテーマについて説明します。

具体的なテーマは企業によって違いがあるのでここでは紹介できませんが、テーマがどのようにして扱われるのか知っておくと、多少は良い評価を貰える糸口になるかもしれません。

主に以下2つのテーマが扱われます。

グループディスカッションのテーマ
  1. 抽象的なテーマ
  2. 具体的な課題解決型テーマ

1つずつ説明します。

グループディスカッションのテーマと形式についてもっと詳しく知りたい方は、あわせて以下の記事を読むのがおすすめです。

【解答例あり】グループディスカッションのテーマは3種類!対策法も解説

2020.06.13

(1)抽象的なテーマ

グループディスカッションでは、抽象的なテーマが扱われることがあります。

物事の具体的な内容を議論するわけではありませんが、きちんとあなたの考えを持って、他の学生と認識を統一する必要があります。

テーマが抽象的なので、各々の価値観によって意見がバラつくことも多くなりますが、話し合いを進めて上手く結論を出せるようにしましょう。

(2)具体的な課題解決型テーマ

グループディスカッションでは、具体的な課題解決型のテーマが扱われることもあります。

何かの事柄について具体的に解決策を提示し、結論を導き出します。

一見知識がないと発言するのが難しいように見えますが、実は発想力が試されていることも多く、物事を様々な視点から見る能力を測られている場合があります。

「自分だったらこうする」と、積極的に自分の意見を発表し、議論を進めていくようにしましょう。

6.面接とグループディスカッションの違い

面接とグループディスカッションには大きな違いが存在します。

それは、集団の中での応募者のチームワーク能力を見抜けるかどうかです。

グループディスカッションではリアルタイムでの動きを把握することで、面接や履歴書では見えなかった能力を評価できます。

主に過去にあった出来事を話す面接と、今現在での行動を見ることができるグループディスカッションを併用することで、応募者の本当の姿を見抜く企業は多いでしょう。

どちらも手を抜くことはできないので、違いを知った上で対策を練っていけると良いですね。

7.まとめ

この記事ではグループディスカッションの対策について説明しました。

グループディスカッションでは実際に何が行われ、何が求められているのか知ると対策を練りやすくなり、練習を行いやすくなるでしょう。

企業に求められている人材として振る舞うのではなく、普段の生活から意識して求められている人材になることを目指すようにしましょう。

グループディスカッションを制し、内定を勝ち取りましょう。

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。