インターンの髪色は黒髪で参加すべき!2つの理由と黒染めのポイント

「髪を染めているけど、このままインターンに参加しても大丈夫なのかな?」
「インターンのためにどのようにすれば上手く黒染めができるのだろう?」

このように、インターンに参加するときの髪色について疑問をお持ちでないですか?

結論から言うと、インターンには黒髪で参加するのが基本です。

この記事では、なぜインターンには黒髪で参加すべきなのかと、どのようにすれば上手く黒染めができるのかを解説しています。

この記事を読んで、身だしなみを整えてインターンに臨みましょう!

1.基本は黒髪一択

1.基本は黒髮一択

インターンには、基本的には黒髪で参加するべきです。

インターンは社会人の一員として働く機会でもあり、また就職活動にもつながる大事なイベントでもあるので、黒髪で参加するのが一般的です。

ここからは、なぜインターンには黒髪で参加するべきなのかを解説していきます。

(1)そもそも黒髪とは?髪色の12段階の明るさ

(1)そもそも黒髮とは?髪色の12段階の明るさ

髪色の明るさのレベルを、日本ヘアカラー協会が発表した『レベルスケール』というものを用いてみてみましょう。

『レベルスケール』とは、髪色の明るさを4~15の12段階に分類したもので、数字が大きくなるにつれて髪色が明るくなります。

一般的には、レベル7以上を超えると明るい髪色であるという印象を持たれがちです。

そのため、インターンには『レベルスケール』のレベル4~6程度の明るさの黒髮で参加するようにしましょう。

【引用:JHCA レベルスケール

(2)黒髪一択である2つの理由

(2)黒髮一択である2つの理由

インターンに黒髪で参加すべき理由は2つあります。

ここからはその2つの理由を順を追って説明していきます。

理由1.ビジネスマナーとして

インターンに黒髮で参加するべき1つ目の理由は、ビジネスマナーとして身だしなみを整えることが大切であり、髪の毛もその1つであるからです。

ビジネスマナーでは、仕事上で様々な人に関わるときに、他人に不快な印象を持たれないように心がけることが大切です。

あなたが髪の毛を染めていれば、「遊び感覚でインターンをしているのではないか?」と不快に感じる方もいるかもしれません。

仕事と社会人の基本であるビジネスマナーを身につけるためにも、インターンには黒髮で参加しましょう。

理由2.第一印象が良いから

インターンに黒髮で参加するべき2つ目の理由は、第一印象が良いからです。

人の第一印象はどうしても見た目に依存する要素が大きいのですが、その中でも黒髪であることは『真面目』や『清潔』といった印象を相手に与えてくれます。

また、インターンに対する姿勢という面でも、学生ではなく社会人の一員としてインターンに参加するという自覚を持っていると伝えることができます。

見た目で損をせず、むしろ他のインターン生に一歩リードするためにも、黒髮でインターンに参加しましょう。

(3)黒髪以外でも許容してくれる2つの業界

(3)黒髮以外でも許容してくれる2つの業界

インターンには黒髪で参加するのが基本ですが、業界によっては例外的に黒髪以外でも許容してくれるところもあります。

ここからは、黒髪以外でも許容してくれる2つの業界を解説していきます。

これらの業界へのインターンを希望している方は参考にしてみてください!

#1.アパレル・美容業界

黒髮以外でも許容してくれる業界の1つ目は、アパレル・美容業界です。

アパレル・美容業界では、社員自身のファッションや美容に対する意識や、トレンドをキャッチする力など他の業界と求められる力が大きく異なります。

そのため、髪色に対してもあまり規定がなく、自由度が高い企業が多くあります。

#2.スタートアップ・ベンチャー業界

黒髮以外でも許容してくれる業界の2つ目は、スタートアップ・ベンチャー業界です。

スタートアップ・ベンチャー業界は、新しい企業であるため、社員の個性を尊重してくれる傾向が強いです。

その中でもIT業界は、顧客の接客対応というよりは、エンジニアやデザイナーとして主に社内で業務をこなすことがほとんどなため、髪色についての規定が厳しくない企業が多くあります。

以上のことから、スタートアップ・ベンチャー業界には、アパレル・美容業界と同様に髪色に対してあまり規定がなく、自由度が高い企業が多くあります。

2.黒染めするときの2つのポイント

2.黒染めするときの2つのポイント

ここまでは、インターンに黒髪で参加すべき理由を解説しました。

ここからは、インターンに参加する前にどのようにすれば上手く黒染めができるのかを解説します。

ポイント1.美容室に行って染めてもらう

ポイント1.美容室に行って染めてもらう

インターンのために黒染めするときには、美容室に行って染めてもらうのがオススメです。

美容室で黒染めすると、プロの技術によって自分の髪質や肌色に合ったカラー剤を調合してくれるため、ムラなく綺麗な仕上がりになります。

また、美容室で黒染めするときの費用は、約2~3千円前後が一般的です。

#1.自分で黒染めをするデメリット

美容室で黒染めするのに対して、自分で黒染めをしてしまうと髪色にムラが出たり、黒くなりすぎて不自然な印象になってしまいがちです。

また、市販で売られている黒染めのカラー剤の多くは、どんな髪質・髪色の人が染めても一定の位仕上がりになるように、薬剤のパワーを強めに設定されています。

そのため、市販のカラー剤を使って自分で黒染めしてしまうと、必要以上に髪に負担をかけ、ダメージを受けやすくなってしまいます。

そして結果的には、髪色に出たムラや傷んだ髪を修正しようとして、美容室に行って黒染めをするよりも何倍もお金や時間がかかってしまうことになります。

このように自分で黒染めをするのはデメリットのほうが多いため、インターンのために黒染めするときには美容室に行って染めてもらいましょう。

ポイント2.黒染めするタイミングは1週間前まで

ポイント2.黒染めするタイミングは一週間前まで

インターンのために黒染めするときは、出社日の1週間程度前までに染めるのがオススメです。

染めてからすぐはしっかりとした黒髪で不自然な印象を与えがちですし、また染色剤の匂いも残っていることも多いです。

しかし、一週間程度もすれば髪色も自然に馴染み、また染色剤の匂いもほとんどなくなっているでしょう。

そのため、黒染めは出社日の一週間前までにしておきましょう。

3.身だしなみで心がける2つのこと

3.身だしなみで心がける2つのこと

「インターンは黒髪で参加すべきなのは分かったけど、他に身だしなみでどんなことを心がけたらいいの?」

このように、インターンに参加する際の身だしなみについて気になってはいませんか?

インターンに参加するのであれば、髪色だけではなく身だしなみ全体を整えて臨みたいですよね。

ここからは、インターンに参加する際に、髪色以外の身だしなみで心がけておくことを解説します。

(1)清潔感のあるヘアスタイル

(1)清潔感のあるヘアスタイル

インターンに参加する際には、髪色だけではなく清潔感のあるヘアスタイルも心がけましょう。

具体的には、以下のように『前髪は目にかからない程度の長さ』で『髪の長さに関係なく耳は出す』という2つのポイントを守ることで、清潔感のあるヘアスタイルに仕上げることができます。

清潔感のあるヘアスタイルに仕上げる2つのポイント

①前髪は目にかからない程度の長さ

②髪の長さに関係なく耳は出す

【引用:好印象を与えるヘアアレンジ術 男性編 好印象を与えるヘアアレンジ術 女性編

(2)黒のスーツに白のワイシャツ

(2)黒のスーツに白のワイシャツ

インターンに参加する際には、男女ともに黒のスーツに白のワイシャツで臨みましょう。

スーツは、相手にしっかりとした印象を与えるためにも、大きすぎず小さすぎない自分の体に合ったサイズを選びましょう。

また、白のワイシャツは、第一ボタンまでしっかりと留め、袖口や袖元にシミなどの汚れがないか確認しておきましょう。

#1.「私服」や「自由な服装」と指定された場合

企業側から「私服」や「自由な服装」と指定された場合は、オフィスカジュアルの服装で参加しましょう。

オフィスカジュアルとは、フォーマルすぎず、ビジネスの場にふさわしい適度にカジュアルな服装のことです。

例えば、男性であれば白シャツにチノパン、女性であれば白いブラウスに派手すぎない膝丈のスカートがオフィスカジュアルに当たります。

企業は服装を「私服」や「自由な服装」と指定することで、インターン生が社会人のマナーとして必要な、TPOに合った服装ができる常識力をみています。

以上のことから、「私服」や「自由な服装」と指定された場合は、オフィスカジュアルの服装でインターンに参加しましょう。

#2.服装についての指定がない場合

企業側から服装についての指定がない場合、基本的には黒のスーツに白のワイシャツで参加しましょう。

企業からの指定がないということは、スーツの着用が常識として書くまでもないので記載していない、ということも多いです。

オフィスカジュアルや自由な服装を許容してくれる企業が増える中、今なお数多くの企業がスーツでの出社を義務つけているのも事実です。

そのため、記載がない場合はスーツを着用してインターンに参加するのが無難だと言えるでしょう。

4.Q&A

1.インターンにふさわしいメイク

女性の場合、インターンにはナチュラルメイクで参加しましょう。

ナチュラルメイクとは、すっぴんのように自然な雰囲気でありながらも、肌や目鼻立ちがきれいに見えるメイクのことです。

ナチュラルメイクをするときのポイントは以下のようになります。

ナチュラルメイクをするときの3つのポイント

①自分の肌色とマッチしたベースメイク

②アイメイクは控えめに

③派手すぎず、上品に見えるリップ

以上のことを守って、ナチュラルメイクを実践してみましょう。

2.インターンに参加するときのカバン

インターンに参加するときには、黒のビジネスバッグを持参して参加しましょう。

逆に、インターンはビジネスの場でもあるので、普段通学に使っているリュックなどはふさわしくありません。

ビジネスバッグを選ぶときは、以下のことを考慮しましょう。

インターンにふさわしいビジネスバッグの条件

①A4サイズ以上の書類を収納できる

②耐水性がある

③長時間持ち歩いても疲れない

インターンでは以上の条件を満たすビジネスバッグを持参して参加しましょう。

3.インターンにふさわしいネクタイ

インターンにスーツで参加するときには、基本的にはネクタイが必須です。

ネクタイの選び方としては以下を参考にしてみてください。

インターンにふさわしいネクタイ

①青・赤・黃・グレーの色を選ぶ

②ストライプ・ドット・チェックの柄を選ぶ

インターンのネクタイは、以上のようなネクタイを選びましょう。

4.まとめ

この記事では、なぜインターンには黒髪で参加すべきなのかと、どのようにすれば上手く黒染めができるのかを解説しました。

この記事を読んだことを参考に、身だしなみを整えてしっかりと準備してインターンに臨みましょう!

『関連記事』

【完全版】インターンとは?インターン4種類の特徴とおすすめサイト7つ

2019.03.24

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。