インターンで「服装自由」と指示された時の服装は?普段着はNG?

「服装自由のインターンシップにはどんな服装で行くべきだろう?」
「本当に私服で行っても良いの?」

インターンシップでの服装について、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

「服装自由と言われたインターンシップに行ってみたら、他の参加者は全員スーツだった」という話を先輩から聞いたことがある人もいるかもしれません。

今回は、「服装自由」と指定された場合の服装について、男女別のコーディーネートと注意すべきポイントについて紹介します。

この記事を読めば、服装に関する悩みはなくなりますよ!

インターンシップ全般の知識を身につけたい方は以下の記事を読んでみてください。

他の就活生と差をつけるためにも、最後まで目を通しておきましょう。

【完全版】インターンとは?インターン4種類の特徴とおすすめサイト7つ

2019.03.24

1.インターンシップには私服とスーツどちらで参加すべき?

基本的には、説明会や資料でインターンシップに参加する場合の服装についても指示が与えられるので、その指示に従いましょう。

また、何の指示もない場合には、ビジネスの場で最もフォーマル度の高いスーツで参加する方が望ましいといえるでしょう。

問題は、「服装自由」との指示があった場合です。

結論から言うと、この場合は私服とスーツのどちらで参加しても構いません。

ただし、「私服」といっても、いつもと全く同じ格好でも構わない、というわけではありません。

以下でも述べるように、インターンシップも就職活動やビジネスの場であることに変わりはないため、社会人として求められる服装マナーをしっかりと抑えておく必要があります。

なにか質問等ある場合はメールや電話で連絡するようにしましょう。

インターンシップのメールやり取りに関しては以下の記事を参考にしてください。

【例文あり】選考の第一歩!インターンシップのメールの書き方を解説

2019.07.21

2.「服装自由」って本当に私服で行っても良いの?

企業から「服装自由」と指定があった場合には、私服とスーツのどちらを着用しても大丈夫です。

「服装自由」の指定がある場合には、たとえ他の参加者が全員スーツを着用していたとしても、私服であることを理由に評価が下がることはありません。

私服で参加する場合には、社会人に求められる服装のマナーとして、服装で自己主張をしようとするのではなく、「他の人に不快感を与えない」服装を心がけましょう。

私服でインターンシップに参加する場合にお勧めなスタイルは、ビジネスカジュアルです。

昨今では働き方の変化もあって、スーツではなくビジネスカジュアルスタイルで就労する企業も増加しています。

そのため、インターンシップへの参加だけではなく、今後社会人となった後のためにも、今のうちからこのスタイルに慣れておくことをお勧めします。

以下からは、インターンシップに参加する際のビジネスカジュアルについて、男女別に紹介していきます。

(1)男性のビジネスカジュアル

男性のビジネスカジュアルの基本は、「ジャケット+シャツ+パンツ」の組み合わせです。

カジュアルとはいえ、取引先等の訪問にも対応できるような、シンプルで清潔感のある服装を心がけましょう。

お店ではストライプ柄やチェック柄などの柄物もビジネスカジュアルとして売られていますが、インターンシップでは出来る限りシンプルな無地のものを選ぶと無難です。

また、色味も明るいブルーなどの印象の強いものは避け、白や黒、グレーやネイビーなどの落ち着いたものを選びましょう。

上の写真ではネクタイを着用していますが、ビジネスカジュアルではネクタイは必須ではないため、着用しなくても結構です。

また、写真のように大きなチェック柄も明るい印象を与えるため、無地で色味を落とせばもっと落ち着いた雰囲気にまとめることができます。

(2)女性のビジネスカジュアル

 

この投稿をInstagramで見る

 

オーダースーツのHANABISHIさん(@hanabishihousei)がシェアした投稿 – 2019年 8月月2日午前5時34分PDT

女性のビジネスカジュアルも、基本的には「ジャケット+シャツ(カットソー)+パンツ」の組み合わせでまとめます。

スカートはプリーツや丈の長さなど、ビジネスカジュアルとしての許容限度の見極めが難しいため、最初のうちは避けたほうが良いでしょう。

色味は黒や白、ベージュやネイビーといったベーシックなものを選ぶと、落ち着いた印象を与えることができます。

季節感を取り入れたい場合には、ジャケットなどの大物ではなく、カットソーやシューズなどに発色の穏やかなものを加えると明るい印象になります。

女性のビジネスカジュアルは、男性と比べると女性はカジュアル度が高くても許容される場合がありますが、サンダルやノースリーブなど、露出度の高い服装は避けたほうが無難です。

3.ビジネスカジュアルを着る際に注意すべきポイント3つ

ここまでは、ビジネスカジュアルの着こなし方について紹介してきました。

以下からは、服装を選ぶ際に注意すべきポイントを3つ説明します。

これらの注意点は、社会人になってからも大事なポイントですので、就活生のうちからしっかりとマナーを抑えておきましょう。

(1)カジュアルになりすぎないこと

「服装自由」のインターンシップであっても、カジュアルな服装になりすぎないように注意しましょう。

ここにいう「服装自由」とは、あくまで「スーツ以外でも可」ということであって、「何でも着て来ても良い」というわけではありません。

つまり、スーツ以外の服装であっても、社会人の服装として最低限のマナーは絶対に抑えなければなりません。

そのため、短パンやサンダルといったラフすぎる格好や、 机等に当たって音のするような大きなアクセサリーは避けた方が無難です。

また、時計を着用する場合であっても、ゴールドなど主張の強いものは避け、シルバーで文字盤のシンプルなものを選びます。

(2)清潔感を第一にする

ビジネスの場でのファッションは、自己主張よりも「相手に不快感を与えない」ことが最も重要ですから、清潔感のある服装をすることを第一に心がけましょう。

ビジネスカジュアルを着る場合には、アパレル業界などの場合を除いて、「お洒落かどうか」を基準とするのではなく、「不快感を与えない清潔感があるかどうか」で判断するようにします。

清潔感について、シャツと靴は昔からよく注目されるポイントなので、シャツには必ず毎回アイロンがけをして、靴もしっかりと磨いておくようにしましょう。

(3)迷ったらスーツで行く

「服装自由」という指示があるインターンシップの場合に、服を買いに行く余裕がなかったり、何を着たら良いのかに迷うようであれば、スーツを着用しても構いません。

「自由」と指示されている以上は、仕事着として最もフォーマル度の高いスーツを着用しても特に問題とはならないからです。

周囲の参加者が全員私服で参加していて、一人だけスーツだと浮いてしまい不安に思うかもしれませんが、その点でマイナス評価を受けることはないので安心してください。

また、どうしても服装について悩むようでしたら、企業の担当者へ問い合わせるのもひとつの手段です。

4.まとめ

今回は服装自由のインターンシップに参加する際の服装について紹介しました。

服装自由のインターンシップの場合、スーツで参加しても構いませんが、私服で参加する場合には清潔感のあるビジネスカジュアルスタイルで参加するようにしましょう。

この記事で紹介したビジネスカジュアルの着こなし方は、スーツを着用する職場であっても、休日のイベント等で活用できるものです。

就活生のうちからポイントを抑え、社会人らしい着こなしをできるようにしておきましょう!

なお、インターンシップに参加するには、激しい倍率の中で勝たなければなりません。

そこで重要になるのが、いかに良い自己PRを作れるかどうかです。

以下の記事で自己PRの書き方を徹底的に解説しているので、他の就活生と差を付けたい方はチェックすることをおすすめします。

【就活攻略】自己PRの効率的な書き方を徹底解説!自己PRがない人必見!

2019.01.14

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。