【就活必勝】インターン面接はどんな髪型で行くべき?男女別に解説!

「インターンシップにはどんな髪型で参加したらいいんだろう?」
「インターンシップに髪染めていっちゃダメかな?」

このようにお考えではないでしょうか?

就職活動をする上で、最初の砦であるインターン。

学生のほとんどが初めて会社に触れる機会で不安なことが多いですよね。

そんなインターンに合格するために、まず面接で意識するべきなのが髪型です。

第一印象を大きく決めてしまう髪型で間違えてしまうと大幅に合格率は下がってしまいます。

特に髪型については答えが明確ではなく、企業側も「髪型自由」と記載している場合が多いので、現状の髪型で面接を受けに行く学生がたくさんいます。

結論から言うと、髪型を意識しないで面接を受けに行く学生は就活で不利になっています!

今回の記事ではそんな就職活動初心者のあなたに向けて、インターンの髪型についてお話ししていきます。

まずは髪型をきっちりと決めて、インターン合格を目指していきましょう!

また、インターンシップについて網羅的に知りたい方は以下の記事を目を通しておきましょう。

【完全版】インターンとは?インターン4種類の特徴とおすすめサイト7つ

2019.03.24

1.インターンに合格するための髪型のポイント

インターンの面接に合格するための一番の重要なポイントは清潔感です。

しかし、清潔感をしっかり出せている学生はあまりいません。

清潔感を最大に意識した髪型で面接に臨みましょう。

(1)男女共通の抑えておくべき髪型のポイント

就活生は清潔感が大事だと伝えましたが、どのような髪型が清潔感があると感じさせるのでしょうか。

ここでは清潔感を感じさせる髪型のポイントを解説していきます。

しっかりと抑えて、面接官に好印象を与えていきましょう!

#1:おでこを出す

眉毛を見せることで明るい印象を与えることができます。

逆に、眉毛が隠れてしまうと暗い印象を与えてしまうので、隠れてしまう方はセンター分けにするなど工夫が必要です。

#2:耳を出す

顔周りを隠さないことで、より清潔感を出すことができます。

特に女性の方はヘアピンや、ゴムなどでしっかりと留めておきましょう。

その際に、ヘアピンなどは派手なものは避け、あまり見えないようにしておきましょう。

(1)好印象な髪型【男性編】

まずは清潔感を与えるためにおすすめの髪型を男性から紹介していきます!

男性は髪型がきっちりしている人が少ないので意識して差をつけておきましょう。

#1:男性はショートヘア

黒髪ショートは会社員としてベストな髪型です。

年齢問わず、誰からも良い印象を持ってもらえます。

また、学生の感覚と面接官の世代の感覚に違いがあるので、面接官の年代に受けがよくなるようにしなければなりません。

ツンツンしている派手なショートヘアは避けましょう。

あくまでも女性にモテるためではなく、面接官に良い印象を持ってもらうことが大事ということを念頭に置いておきましょう。

#2:さらに好印象な髪型に

髪の毛が伸びるのは、意外と早いものです。

男性のショートヘアは、女性以上に伸びると崩れやすいので、セットが難しくなるうえに、相手に与えれる清潔感を与えづらくなります。

逆に、そこで清潔感を維持できれば、周りの学生と大きな差をつけることができます。

髪を短く保つことで気持ちも明るくなり、自信もつきます。

特に面接が立て続けにある期間は、カット代をケチらず、自己投資と思って清潔感を保ちましょう。

(2)好印象な髪型【女性編】

続いて、清潔感を与える女性の髪型を紹介していきます。

ここで紹介した中から自分に合った髪型で面接に挑みましょう!

#1:斜め掛け前髪

この髪型は一番女性が取り入れやすく、好印象を与えることができる髪型です。

どの髪型にしたらいいのかわからない方におすすめです!

#2:オールバックスタイル

表情に自信がある方や、オールバックスタイルが似合うと感じている方は迷わず取り入れていきましょう。

斜めがけの前髪は好印象ですが、多くの就活生がする髪型なので、オールバックスタイルで他人との差別化を図ることで、自信がみられるだけでなく、覚えてもらいやすくなります。

#3:さらに好印象な髪型に

女性の方はいつもよりかっちりセットすることを心掛けましょう。

お辞儀をするたびに髪が崩れ直したりすると、面接官も気になります。

また、かっちりとした髪型にすることで、面接官に働いているイメージを想像させることができます。

正直にいうと、大学生の時点で仕事ができるかどうかに能力的な違いはそこまでありません。

第一印象でいかに仕事ができそうかを演出することができれば、合格率がグッと上がります。

2.これだけは絶対NGの髪型

ここからは、インターン面接にふさわしくない髪型を紹介していきます。

多くの学生が見落としてしまいがちな部分なので、一つずつ確認していきましょう。

(1)絶対NGの髪型【男性編】

ここでは面接を受けるときに避けるべき髪型やポイントを紹介していきます。

ベンチャー企業など一部の会社ではOKな場合もありますが、基本的には多くの業界で避けるべき髪型です。

まずは男性からチェックしていきましょう!

#1:黒髪以外の髪色

1つ目のNGは黒髪以外の髪色です。

一部のベンチャー企業などでは髪色自由な場合がありますが、日本の社会ではまだまだ黒髪以外は受け入れられにくいです。

いくら印象が良い方でもこれだけで落とされる可能性があります。

基本的には黒髪で臨むようにしましょう。

#2:清潔感がないロン毛

2つ目のNGは清潔感がないロン毛です。

こちらも同様、良い印象を与えることができません。

基本的にビジネスマンにふさわしい髪型ではありません。

普段髪を短くすることに抵抗がある方は、ショートヘアとまではいかずとも、最低限のポイントを抑えた髪型にしていきましょう。

#3:明らかに手抜きな髪型

3つ目のNGは明らかに手抜きな髪型です。

寝ぐせであったり、伸びきった髪型だけは完全にNGです。

その会社への本気度が足りないと判断され、即落とされてしまいます。

しっかりとセットすることで、好印象を与えるだけでなく、その会社への本気度も伝わるということを頭に入れておきましょう。

(2)絶対NGの髪型【女性編】

続いて、女性の面接で避けるべき髪型の特徴を紹介していきます!

改めて、当てはまっていないかを確認していきましょう。

#1:黒髪以外の髪色

1つ目のNGは黒髪以外の髪色です。

男性と同じく黒髪であることは前提です。

髪色自由の会社はありますが、やはり黒髪のほうが印象が良いです。

就職してからは派手でなければ茶髪でもOKの会社が多いので、就活中は我慢しましょう。

#2:ぱっつん前髪

2つ目のNGはぱっつん前髪です。

この髪型は幼稚な印象を与えてしまうため、働いているイメージを連想させることができません。

現時点で前髪が短い方は、少し斜めに流すことで、幼さを抑えることができるのでおすすめです。

就職活動をまだ始めていない方は今のうちに髪の毛を伸ばしておくと、後で困ることがなくなるので、少しずつ伸ばしていきましょう。

3.髪型だけじゃない?身だしなみもチェックしよう

清潔感のある髪型にしても、身だしなみがきちんとしてないと全くといっていいほど意味がありません。

逆に髪型と身だしなみをバッチリと固めることで相乗効果となり、さらなる好印象を与えることができます。

インターン時の服装について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

インターンシップでの服装選びとは?本当に私服で行っても良いの?

2019.07.26

#1:スーツのサイズ感

スーツのサイズが合っていないとだらしない印象を与えてしまします。

しっかりとあなたに合ったサイズのものを選びましょう。

また、あまりにも体型が崩れすぎていると、自己管理ができないことを浮き彫りにしてしまっているのと同じなので、毎日小さな運動も継続して、体も引き締めておきましょう。

#2:スーツのしわ

清潔感のある髪型でもスーツがしわだらけなら、清潔感が半減してしまいます。

逆に、髪型をきっちりと決めて、スーツにしわ一つなければ相乗効果でかなりの好印象を与えることができます。

面接前のアイロンがけは必須です。

#3:汚れた革靴

汚れた革靴は絶対にNGです。

革靴が汚れているだけで、一気に仕事ができない人に見られてしまいます。

フレッシュさを大事にするためにも、面接前日に革靴をしっかりと磨いておきましょう。

#4:ネクタイをきちんと締める

ネクタイが乱れていることでだらしない印象を与えてしまいます。

男性のネクタイはかなり重要です。

ネクタイをきっちりと締めているだけで、仕事ができそうに見えます。

まずは正しいネクタイの締め方を学んでいきましょう。

#5:若白髪

面接での若白髪は確実に印象を下げてしまいます。

若白髪は仕方がないと考える方は多いと思いますが、ビジネスマンの新人として仲間入りするわけなので、事前に白髪染めをしましょう。

自分では若白髪はしょうがないと思っていても、相手から見るとだらしなさや生活面でのストレスを抱えているように見られてしまいます。

#6:髭が剃れていない

男性の方は必ず髭を剃ることを忘れてはいけません。

顔に髭を生やしたまま、寝ぐせも直さず面接に向かう学生がたまにいますが、絶対にやめましょう。

髭を剃ることは社会人において、清潔感を出す基本です。

前の日またはその日の朝に必ず髭を剃ってインターンに臨みましょう。

4.まとめ

今回はインターン面接で髪型自由の際に押さえるべきポイントと、さらに周りと差をつける方法を紹介してきました。

まずは第一印象で好印象を与えてから、アピールすることが大切です。

面接の時間は一瞬なので、最初の印象が悪いと大事な話すら聞いてもらえません。

何度もいいますが、他の就活生は最低限だけ押さえることに必死なのでかなりのチャンスです。

今回紹介したポイントをしっかり意識して、自信を持ってインターンに臨んでくださいね。

また、インターンシップに参加するにはエントリーシートの提出が不可欠です。

以下の記事を読んで、他の就活生と差別化するためにも、評価されるESの書き方を学んでおきましょう。

通過率9割超!お祈りされないESの書き方を徹底解説!

2019.03.02

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。