外銀 内定者 インタビュー

【外銀内定者インタビュー】新卒年収1500万!就活最難関に内定するには

「外銀って華やかなイメージがあるけど実際どんなところなんだろう」
「外銀に内定している人ってどんな人がいるんだろう」

このように外資系投信銀行の就活に疑問をお持ちではないですか?

外銀は、実際に1年目から1500万円の年俸を提示される(学部在学中の公認会計士資格保有者)など厳しい環境ではあっても華々しく活躍することができる魅力のある業界です。

今回は、実際に外銀に内定した京都大学大学院生のSさんに内定者インタビューを行い、どのように就活を進めたのか、どんなポイントを意識した就活を行ったかを紹介します。

この記事を読めば、憧れの外銀内定も実現可能ですよ!

Sさんの就活情報

大学:京都大学
志望業界:外銀
就活開始時期:修士1年6月
就活終了時期:修士1年2月
エントリーシート提出:20社以上
面接:15社以上
インターンシップ参加:6社以上
合説参加有無:有

※この記事は全3ページです。

1.就活スケジュール

外銀 就活 スケジュール

まずはSさんがどのような就活スケジュールで就活をしていたか紹介します。

(1)サマーインターンはベンチャー・外コン・外銀

CareerDelight
CareerDelight
5月に内定者懇親会に参加されたり、比較的早めの就活開始ですが、サマーインターンではどのようなところを中心にいっていましたか?

 

内定者懇親会に参加することで、外銀の内定者とつながり、オフライン選考に呼んでもらったり就活のモチベーションが上がりました。正直その頃は外銀に内定できるとは思っていなかったです。また、サマーインターンは外銀を中心に、ベンチャーや外コンにも応募していました。

内定者懇親会をうまく使って就活を始めたSさんは、サマーインターンの段階ではベンチャーや外コンも応募していました。

また、Sさんは、ベンチャーのインターンに夏前の段階で参加しており、その時にすでに内定をもらって有利に就活を進めています。

いろいろな業界や企業をみながらもしっかりと成果を出すということにこだわり進めていました。

(2)秋に日系大手のインターンに参加したが外資に絞る

CareerDelight
CareerDelight

サマーインターンを効果的に使い就活を進めていましたが、秋以降のインターンはどのように進められたのでしょうか?

秋以降のインターンでは、日系大手の会社、特に総合商社のインターンに参加しました。そのことで、日系企業の年功序列的な人事制度や、配属先が先に分からないということで外資系企業の職種採用の方が自分に合っているなと感じました。

秋以降は商社などもみていたというSさんですが、結局日系企業は自分に合っていないということで、外銀一本に絞るようになります。

2.就活で見ていた企業は外資系金融がメイン

2.就活で見ていた企業は外資系金融がメイン

就活を始めたころから外銀を意識していたSさんですが、就活当初は外銀だけでなく、ベンチャーや外コン、日系大手の商社などもみていたそうです。

ここでは、そんなSさんがなぜ金融に内定先を選んだのか、金融に興味を持った理由や、就活で意識していた軸を紹介します。

(1)なぜ金融に興味をもったか

まず、なぜ金融に興味を持ったか、最終的に金融に絞って就活した理由を紹介します。

#1:専門性が欲しかった

CareerDelight
CareerDelight
金融に絞っていたのはどういう理由があるのでしょうか?
金融を選んだのは、キャリアを進めていくというときに、自分に専門性が欲しいと思ったからです。

文系大学院生のSさんは、働いていく上で専門性のあるスキルが得られるという点で金融を選びました。

世界で活躍している人は、何かしら専門的でとがった知識やスキルを持っているので、世界で活躍していくためには文系であっても何かしらの専門性が欲しいと思ったそうです。

理系出身であれば、データを扱う仕事やテクノロジーに関する領域で専門性を高めることができますが、文系出身だとなかなか専門性を持つのは難しいもの。

また、専門性といっても、例えば法律を極めるとかではなく自分の強みが生かせる領域で専門性を磨きたいと考えた結果金融の分野で専門性を身につけようと考えたようです。

#2:金融の面白さに気づいた

CareerDelight
CareerDelight
他に金融を選んだ理由はありますか?
単純に、金融を勉強することが楽しかったというのがありますね。就活を始めたころには様々な業界を見ていて、外銀とよく比較される外コン(外資系コンサルティングファーム)も見てましたが、専門性を高めるということや金融の持つ面白さがあっていると感じ、結局外銀に絞ることになりました。金融の持つ面白さは、どの企業も金融には関係しているという点や、世界経済を考えるときに金融が中心的に来るダイナミックさがあると思います。

外銀には大きく分けてIBD(Investment Banking Division)とマーケッツという二つに分かれ、IBDは個別企業のM&Aなどを行い、マーケッツでは、債券や株式などを扱いますが、Sさんはマーケッツよりの部門に内定しています。

なぜIBDでなくマーケッツの方かというと、IBDは個別企業にかかわるのでどちらかというとミクロ経済的で、マーケッツは市場や多くの企業とかかわるのでマクロ経済的で、マクロの方が興味があったためマーケッツサイドを選んだといいます。

(2)就活をする上での軸

Sさんが外資系金融を中心に就活を行っていたのは、どんな就活をする上での軸があって活動していたかを紹介します。

#1:自分の強みが生かせる

CareerDelight
CareerDelight
就活を進めいていく上で自身で決めていた軸はありますか?
まず、自分の強みであるコミュニケーション能力が生かせるものというのを考えました。その結果営業に適性があると感じました。働いていく上では、成果が求められますが、自分の強みを生かしながらであれば成果もあげられやすいと考え、強みであるコミュニケーション能力が生かせる企業を中心に見ていました。

#2:金融業界

CareerDelight
CareerDelight
ほかにはどのような軸をもっていましたか?
興味のある金融業界であるという点も就活を進める上での軸として持っていました。当初は幅広く就活をしていましたが、就活を進めていく中で、自分の興味のある分野に考えが変わっていきました。

#3:成長性のある領域

CareerDelight
CareerDelight
他にも就活の軸はありますか?
成長性のある領域で活動している企業という点も就活を進める軸として設定していました。例えば、IT業界では、AmazonやGoogleが数十年で世界経済の中心になるまでの企業に成長しています。これだけ成長する前からIT業界に携わっていれば、今は相当な地位にいることができたということです。私も、業界規模で今後成長が見込める業界や企業に就職しようということを考えて就活をしていました。

次のページでは、外銀の実際の選考フローと攻略法を紹介します!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。