• HOME
  • ブログ
  • 就活
  • スカウト型就活とは?メリット・デメリットとおすすめの就活サイトの紹介!

スカウト型就活とは?メリット・デメリットとおすすめの就活サイトの紹介!

スポンサーリンク
「企業からスカウトが届いて、就活できるってホント?」

「スカウト型の就活って何?」

上記のような疑問を抱えた就活生は多いのではないでしょうか。

実はスカウト型就活を使うと、あなたの就活の効率性は飛躍的に上がります。

この記事を読んで、より楽に就活を行い自分に合った企業の内定をえませんか?

1.スカウト型就活とは

この章ではスカウト型就活の基本について、仕組みとQ&Aに分けて紹介します。

(1)スカウト型就活の仕組み

スカウト型就活とは、一般的な就活の形とは全く逆の方法で就活を行う方法です。

就活生は一般的に、企業研究と応募と選考の3つのプロセスを経たうえで内定を得て入社することができます。

しかしスカウト型就活の際、就活生はスカウト型就活のサイトに登録するだけで、企業側からスカウトをもらい、選考段階に移ることができます。

一般的な方法とは違い、企業側はすでに就活生に対して興味を抱いているので、選考を突破しやすくなります。

また、自分で企業を探す手間も省けるため、限られる時間の中で効良く就活を行うことができます。

近年の就職活動は、売り手市場であり就活生が選ばれる立場となっているので、企業側も新たな採用方法を打ち出しています。

スカウト型の就活は、現在人気のある採用方法の1つで、就活生が利用しないのは非常に非効率です。

そして、スカウト型就活はスカウトを送る送信者によって以下の3つに分類されます。

スカウトメールの送信者 代表的なサイト
自動送信 就活サイトに副機能としてスカウト機能がついている場合

例):マイナビ・リクナビ

スカウトサイトの担当者 就活サイトに副機能としてスカウト機能がついている場合

例):マイナビ・リクナビ

企業の採用担当者 スカウト専用のサイトの場合

例):offerbox・キミスカ

詳しい説明は以下の章で説明します。

(2)スカウト型就活のQ&A

#1:採用率が高いってホント?

結論から言うと採用率が高いとは言い切れませんが、選考段階で優遇されることはあります。

理由は、スカウト型就活のシステムにあります。

先述したように、企業からのスカウトメールは、自動送信・スカウトサイトの担当者・企業の採用担当者の3人の送信者がいます。

自動送信のスカウトメールは、指定された条件に当てはまる就活生にメールが送信されます。

企業側は広告のために行っている場合が多く、採用率が高くなるわけではありません。

スカウトサイトの担当者は、企業からヒアリングした情報をもとに、スカウトメールを送ります。

自動送信よりも、企業とのマッチングは高くなりますが、企業採用者が直接就活生に興味を持っているわけではありません。

企業の採用担当者がスカウトメールを送っている場合は、選考が簡易化され内定率もあがります。

企業の採用担当者は、就活生の経歴や能力を把握してからスカウトを送っているため、企業とのマッチング率も高い場合が多いです。

このようにスカウト型就活はスカウト元が異なるため、全体的に見て採用率が高いとは言い切れません。

#2:ブラック企業が多いってホント?

結論から言うと、ブラック企業は多いわけではありません。

先述したように、今の就職活動は売り手市場なので多くの企業がより優秀な就活生を採用しようとしています。

そのため優良企業も多くがスカウトサイトで採用活動を行っています。

主に、スカウトサイトを活用する企業はCM等の広告が出せず知名度が低いベンチャー企業です。

ブラック企業もスカウトサイトを活用していますが、決して多いとは言えません。

#3:学歴が高いほうがスカウトをもらえるの?

スカウトサイトにおいて高学歴の方がスカウトをもらえます。

企業側が就活生を探す際に、学歴を条件にして検索をかけてスカウトを行うことはあります。

しかし、就活生を検索する条件には「スカウトサイトの利用頻度」や「プロフィール欄の入力度合い」等があります。

そのため、学歴以外でも自分自身をアピールする機会は十分に与えられています。

#4:スカウトってどれくらい来るの?

スカウトメールは利用者の条件によって全くもらえないことも、もらいすぎることもあります。

特に、スカウトサイトを利用しても1件もスカウトされない人もいる中、1日に何件ももらってしまうこともあります。

後者の場合、自分の希望しない業種・職種からのスカウトメールをブロックする機能はついているものの完全に除外することは難しいです。

興味のない業界からのスカウトに埋もれて、重要なスカウトメールを見逃してしまうこともあるため注意が必要です。

2.スカウト型就活のメリット・デメリット

この章ではスカウト型の就活のメリットとデメリットについて紹介します。

(1)就活前期

就活前期のメリットは上記の2つです。

#1:知らなかった企業と出会えることができる

スカウト型の就活では自分が知らなかった企業と関わりを持つことができます。

一般的な就活だと自分が興味のある分野や入社できる範囲で企業を探します。

しかし、スカウト型就活だと知名度の低い企業からもオファーが届くため、就活の幅が広がります。

#2:自分の市場価値を知れる

スカウト型就活の就活では自分の市場価値を知ることができます。

スカウトサイトでは自分の経歴・能力を示し企業にアピールする必要があります。

そのためスカウトの有無で、自分の持っている経歴・能力はどれほどの価値があるかを確かめることができます。

自分の市場価値を把握したうえで、企業研究を行えるとより効率の良い就活を行えます。

(2)就活中期

#1:スカウト限定の求人に応募が可能になる

スカウトサイトを活用するとスカウト限定の求人に応募することができます。

好条件の求人は、一般公開すると応募数が多くなるため、スカウト限定の求人を行っている場合があります。

スカウトサイトに登録するだけで、仕事の幅が広がるのは大きなメリットです。

しかし、スカウト限定をうたった広告目的のスカウトメールも存在するため注意が必要です。

#2:就活慣れをすることができる

スカウトサイトを利用すると就活慣れをすることができます。

スカウトサイトを早期から利用することで、他の就活生より先に自己分析を行って企業に自分自身をアピールをしたり、実際に採用担当者と面接を行うことができます。

また、スカウトサイトで関係を持った企業の採用担当者は、就活生に好意的であることが多いです。

そのため、自己紹介や面接がより効果的になるようなアドバイスをもらい、改善をすることが可能になります。

(3)就活後期

#1:選考・内定が早い

スカウトサイトを活用した場合、選考・内定を早く行うことができます。

スカウト型就活で企業の採用担当者の評価を得ると特別選考を用意してもらい、選考段階を省略することができます。

また特別選考によって、就職活動が解禁される前に実質的な内定を得ることも可能です。

(4)スカウト型就活のデメリット

#1:参加企業は少ない

スカウトサイトの利用企業は多くはないことがデメリットです。

知名度がある企業は就活生からの応募が多いため、スカウトサイトの利用には至っていない場合が多いです。

また、参加企業も知名度が低いことが多く、大企業からたくさんのスカウトをもらうことはできません。

#2:興味のない企業からスカウトが来る

スカウトサイトの利用において、興味のない企業からスカウトメールが多く届くことがあります。

企業がスカウトサイトを広告目的で利用している場合、自動送信で多くの就活生に送信を行います。

そのため、条件にあう就活生は何度もスカウトメールが送られる場合があり、わずらわしさを感じることもあります。

#3:採用されないこともある

企業からスカウトメールが届いても、直接内定につながるわけではありません。

企業の採用担当者との数回の面談や、選考を踏まえる必要があるので、その点は一般的な就活と変わりはありません。

そのため、たとえスカウトをもらっていたとしても、本命の企業に対してはしっかりと準備を行って選考に挑みましょう。

3.おすすめのスカウトサイト3選

この章では、おすすめのスカウトサイトを3つ紹介します。

(1)offerbox 

#1:特徴

offer boxの特長は有名企業が多く、東証一部上場企業の約2割はoffer boxを活用しています。

また、たとえスカウトが来なくても、企業側がどれくらい自分のプロフィールをチェックしているのかを確認する機能があります。

上記の機能に加え、自己分析機能も利用して、自分の市場価値を測ることができるため有用です。

offerbox側が企業に対してスカウトを送る数の上限を設けているため、採用広告目的の一斉送信によるスカウトをもらうことは少なく、企業の本気のスカウトをもらうことができます。

【就活攻略】自己PRの効率的な書き方を徹底解説!自己PRがない人必見!

2020.03.13

#2:使用企業

offer box に登録している企業は6700社以上あり、以下はその例です。

#3:口コミ

CareerDelight
CareerDelight
自分の志望していない業界からもスカウトが来るが、そこも含め様々な企業からスカウトをもらえるのは嬉しい。
CareerDelight
CareerDelight
offer box はスマホアプリで使えるし、人事の方ともLINEのようにやり取りを行えるため、使いやすい。
運営会社 株式会社 i-plug
利用料金 無料
ホームページ https://offerbox.jp/

\無料登録/

(2)キミスカ

#1:特徴

キミスカは無料で登録できるうえに、無料で就活コンサルタントに相談できる点が魅力です。

また、「キミスカLIVE!」というスカウトイベントも開催している点も特徴としてあげられます。

「キミスカLIVE!」では、学生がグループワークを行い、企業担当者がその様子を見学し、その場でスカウトを行うものです。

「キミスカLIVE!」も無料で参加できるため、積極的に参加するのがおすすめです。

#2:使用企業

ミイダスを利用している企業は140,000社あり、以下は利用企業の例です。

#3:口コミ

CareerDelight
CareerDelight
大手からのスカウトというより、ベンチャー・ミドルベンチャーが多いイメージ。
CareerDelight
CareerDelight
キミスカはイベントに参加しグループディスカッションで目立てると選考を簡単にスキップできるのがよかったです。
イベントの最後に結果が書かれた紙が配られるのだが、たくさんの企業から良い評価を貰えると自信になります。
運営会社 株式会社グローアップ
利用料金 無料
ホームページ https://kimisuka.com/2021/

\無料登録/

(3)ミイダス

#1:特徴

上記2つのスカウトサイトは新卒用ですが、ミイダスは転職向けのスカウトサイトです。

ミイダスはスカウト専門のサイトであることから、積極的に転職を考えているというよりも、条件次第で転職を行いたいと考えている利用者が多いです。

特に、2分ほどのアンケートで自分の市場価値がおおまかな推定年収で表示され、その推定年収を踏まえて転職先を考えることができます。

#2:利用企業

ミイダスを利用している企業は300社ほどあり、以下は公開されている企業例です。

#3:口コミ

CareerDelight
CareerDelight
ミイダスのいい点は、他の転職サイトのように人材エージェントからのスカウトやオファーばかりが届くといった点が避けられる点。企業の人事担当者からのオファーだけが欲しいという人なら、登録してみる価値はあります。
CareerDelight
CareerDelight
企業側から転職者に対して、この給与額くらいの幅で検討できますといった感じで最初から金額を明記した上で話が進んでいくため、デリケートなお金の話を敢えて最初にイメージすることができ、こちら側もその後は気を楽に検討ができました。
運営会社 ミイダス株式会社
利用料金 無料
ホームページ https://miidas.jp/

\無料登録/

4.まとめ

この記事では、スカウト型就活について紹介しました。

スカウト型就活は、就活を効率的に行うための重要な方法です。

この記事を読み直し、スカウト型就活について理解したうえで、自分に合った使い方で就活を行いましょう!

まとめ

自己分析にあった企業からスカウトをもらいたい人:offerbox

ベンチャー企業から大企業まで幅広くスカウトをもらいたい人:キミスカ

良い条件があれば転職をしたい人:ミイダス

 

スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。