• HOME
  • ブログ
  • 面接
  • 【第一印象が大切!】面接時の髪型はどうすべき?男女別のポイント

【第一印象が大切!】面接時の髪型はどうすべき?男女別のポイント

スポンサーリンク

「面接時に髪型をどうするべきかわからない」
「面接時に失敗しない髪型を知りたい」

そうお考えではないでしょうか。

社会にまだ出ていない学生にとって、髪型をどうするべきなのか、いまひとつピンときませんよね。

しかし、髪型で押さえるべき点を押さえておかなければ、髪型でマイナス影響を与えてしまい、面接に落ちてしまう場合もあります。

この記事では面接時の髪型で押さえておくべき基本、男女それぞれの髪型のポイント、髪を整える時の注意点について解説します。

この記事を参考に、好印象を与える髪型で面接に臨みましょう!

面接時の持ち物については以下の記事を参考にしてください。

面接の持ち物をチェック!必須アイテム8つと便利グッズ7つで完璧!

2020.04.18

1.面接の髪型で大切な基本

面接時に基本が抑えられていない髪型だと、面接官に悪い印象を与えてしまいます。

しかし、まだ社会に出たことがない学生は、どんなことを意識するべきなのかわからない人も多いかと思います。

面接時の髪型の基本として以下の点を意識しましょう。

面接の髪型で大切な基本

      • 業界や企業風土によって最適解は変わる
      • 清潔感は最低限意識する
      • おでこはできるだけ隠さない

それぞれ詳しく解説します。

(1)業界や企業風土によって最適解は変わる

面接時の髪型の最適解はその業界や企業風土によって異なります。

アパレル系であれば髪型の自由度は高いですし、逆に金融業などの場合には髪型やマナーに厳しくなります。

そのため、髪型の最適解を知るためには、その企業風土や業界のマナーを知っておくことが大切です。

ただし、ファッションが重要な業界を除いて、髪型が評価に大きく影響を与えるということはあまりありません。

それよりエントリーシートの内容や面接の受け答えの方がはるかに重要です。

髪型でマイナス印象を与えないよう、変に個性を出すのはできるだけ避けましょう。

(2)清潔感は最低限意識する

その業界や企業風土によって変わるマナーですが、どんな企業でも共通して意識するべきポイントが清潔感です。

清潔感がないと見なされると、評価が下がり、面接に通ることが難しくなってしまいます。

大まかには以下の点を意識しましょう。

清潔感を維持するポイント
  • 寝癖はないか
  • フケやワックスで肩が汚れていないか
  • ワックスをつけすぎてテカテカしていないか

髪型だけではなく、服装もチェックし、不潔に思われることがないように整えましょう。

(3)おでこはできるだけ隠さない

おでこはできるだけ隠さないよう、前髪は短くするか、横に流すかどちらかで対応することがおすすめです。

前髪を短くするのが難しい女性の場合は前髪を下ろすのではなく、横に流すようにして、少しでもおでこが見えるように意識しましょう。

理由は、おでこが隠れていると顔の表情が隠れてしまい「暗い」印象を与えてしまうからです。

おでこが隠れているから、マナーが悪いとは必ずしも言えませんが、隠さずいた方が良い印象を与えやすいことは覚えておきましょう。

ただし、おでこを見せたいからと、オールバックまでしてしまうと面接官に悪い印象を与えてしまう場合もあるため、無理のない範囲で意識してください。

2.男性の髪型のポイント3つ

男性の髪型で良い印象を与えるためのポイントについてヘアースタイルごとに見ていきましょう。

男性の髪型については大まかに以下のように考えると良いでしょう。

男性の髪型のポイント3つ
  • 不安な場合はショートヘアーがおすすめ
  • ツーブロックなど個性がある髪型は業界に合わせて
  • ロングはファッションが重視される会社以外では避ける

それぞれ詳しく解説します。

(1)不安な場合はショートヘアーがおすすめ

男性のヘアースタイルは、基本的にショートヘアーがベストです。

ショートヘアーであれば、おでこが隠れることもなく、さっぱりとして清潔感のある印象を与えやすいです。

ただし、坊主までいくと面接官に悪い印象を与えてしまう可能性もあるため、何事もやりすぎないように注意してください。

(2)ツーブロックなど個性がある髪型は業界に合わせて

ツーブロック、髪を染めるなど個性がある髪型は、業界に合わせて考えましょう。

大まかですが、以下のように考えるとよいでしょう。

個性ある髪型にする場合のポイント
  • 金融業・医療などはなるべく保守的に
  • web・IT系は比較的自由な会社もある

実際のところはその会社次第という部分もあるため、不安な場合には、その会社のホームページの社員紹介などのページで、髪型を確認しておくと、参考になるかもしれません。

(3)ロングヘアーはファッションが重視される会社以外では避ける

男性のロングヘアーはアパレル系や一部のIT企業など、ファッションが重視されている会社や髪型の制限がほとんどない会社以外では避けましょう。

ロングヘアーは気をつけて手入れしていないと、面接で大切な清潔感を損ないやすく、また暗い印象を与えやすいです。

マナーとしてはOKの場合でもマイナス印象を与えやすいため、避けておくべき髪型だと言えるでしょう。

3.女性の髪型のポイント3つ

男性の場合と比べて女性は髪型の選択肢が多いですが、以下の点に気をつけましょう。

女性の髪型のポイント3つ
  • ショートの場合はおでこと耳を隠さない
  • セミロングの場合は髪をまとめて
  • ロングヘアーは面接前に髪型の確認を

では次で詳しく解説します。

(1)ショートの場合はおでこと耳を隠さない

女性でショートにする場合は、おでこと耳をなるべく隠さないようにしましょう。

女性のショートは快活な印象を与えやすいです。

自己PRで元気さや積極性をPRしたい場合はこの髪型にしておくと、見た目の印象に説得力が出てきますよ。

(2)セミロングの場合はしっかりとセットを

髪の長さが肩くらいまでのセミロングに髪をセットする場合には、髪をまとめておくようにしましょう。

大まかに以下の点がポイントです。

セミロングのポイント
  • 髪は横に流す
  • サイドが動かないようハーフアップでまとめる
  • 目線より高い位置で結ぶのは避ける
  • 耳を隠さないようにする
  • 巻き髪などは避ける

特に注意するべきなのは、サイド部分の処理です。

サイドをまとめていないと、顔が隠れてしまいやすく、悪い印象を与えやすくなります。

また過度におしゃれをしすぎるのも、よい印象を与えないため、巻き髪などもおすすめできません。

(3)ロングヘアーは面接前に髪型の確認を

肩より長いロングヘアーにする場合には、髪を後ろにまとめておくなどしましょう。

ロングヘアーのポイント
  • 前髪は横に流す
  • 崩れた場合は面接前に直す
  • 耳は隠さないように
  • 目線より高い位置で結ぶのは避ける
  • 巻き髪はNG

注意するべき点はセミロングとそれほど変わりませんが、ロングヘアーの場合、移動中などに風などで髪が崩れてしまいやすいため、面接の前にトイレなどで髪型が崩れていないか確認することが大切です。

4.面接時の髪型での注意点

面接時に髪型で損をしないために、注意するべき点もあります。

具体的には以下の点を意識しましょう。

面接時の髪型の注意点

  • 崩れた時のために整髪料などを持っておく
  • スーツを整髪料で汚さないように注意

では次で詳しく解説します。

(1)崩れた時のために整髪料などを持っておく

面接時の髪型で注意するべき点は髪が崩れた時の備えとして整髪料を持っておくことです。

手入れのほぼ必要ない男性のショートヘアーであればまだよいですが、そうではない場合、崩れた時に清潔感を損ない悪目立ちしてしまう場合があります。

女性でセミロング以上に髪を伸ばしている場合には、くしやヘアゴム・ヘアピンなどを準備しておくといざという時にも安心です。

(2)スーツを整髪料で汚さないように注意

面接時の髪型で注意するべきなのは、整髪料の使い過ぎでスーツを汚さないようにすることです。

整髪料を使い慣れていない人の場合、整髪料を使い過ぎてしまいスーツについて汚してしまう場合があります。

フケが落ちているのも悪目立ちするため、シャンプーなど日頃の手入れもしておきましょう。

また整髪料でテカテカになっている髪はそれほど清潔感がある印象を与えないため、あまりおすすめできる髪型ではありません。

整髪料を使い慣れておらず、不安な場合には、友人や美容師の方などにスタイリングのコツを聞いておくとよいでしょう。

36個の質問に答えて自己分析をしよう

身だしなみと合わせてチェックしておきたいのは、その仕事が「自分に向いているかどうか」です。

自分に向いている仕事を見極めるには、無料の自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、あなたの強み・適職を診断し、自分に向いている仕事を見極めましょう。

5.まとめ

この記事では面接時の髪型について、男女共通で守るべき基本や男性・女性ごとの髪型のポイント、注意するべき点について解説しました。

面接時に髪型そのものでプラスの印象を与えることはそれほどありません。

しかし、マイナスの印象を与えないように清潔感と企業ごとのマナーを踏まえて髪型をセットすることが大切です。

この記事を参考に髪型のポイントを掴み、面接でマイナス印象を与えないようにしましょう。

面接時のマナーや入室時のポイントなどは以下の記事を参考にしてください。

面接マナー徹底解説!入室方法と抑えておきたい3つのポイントを紹介

2020.04.17

【面接マナー】新卒就活での最低限のマナー5つと好印象を与えるコツ

2020.06.09
スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。