• HOME
  • ブログ
  • 面接
  • 面接で服装自由と言われたときってどうする?パターン別に徹底解説!
面接 逆質問

面接で服装自由と言われたときってどうする?パターン別に徹底解説!

スポンサーリンク

「面接で服装自由と言われたけど、実際に何を着ていくのがよいのだろう」
「面接で服装自由と言われたときに、無難な服装ってどんなものだろう」
「面接で服装自由と言われたときに、避けるべき服装ってどんなものだろう」

面接で服装自由と言われたとき、どのような服装で行くのがよいのか、悩まれている方は多いのではないでしょうか?

この記事では、服装自由と言われたときに取るべき行動を服装だけでなく、靴やバッグなどの身につけるものも合わせて説明します。

この記事を読めば、服装自由と言われたときに生じる悩みを全て解決できます。

以下の2記事はインターンシップで服装自由と言われた場合の対応法と、インターンシップに行く際の髪型について説明しています。

合わせて確認すれば、身だしなみで悩むことはなくなりますよ。

【完全版】インターンシップで「服装自由」と指示された時の服装は?

2020.06.12

【就活必勝】インターン面接はどんな髪型で行くべき?男女別に解説!

2020.04.12

1.面接の「服装自由」で取るべき行動

面接で「服装自由」と言われたときに取るべき行動について説明します。

この場合、「スーツを着て良いのか」「カジュアルな服装は避けるべきか」という疑問を感じる方も多いでしょう。

おすすめの服装を紹介するので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

(1)スーツまたはオフィスカジュアルで行こう

基本的には、服装自由と指定された場合でもスーツやオフィスカジュアルで行きましょう。

カジュアルすぎたり派手すぎる格好で面接に赴くと、面接官から常識や協調性などを疑われてしまうかもしれないので注意してください。

特に金融系などの固い印象のある業界の面接に関しては尚更スーツの方が好ましいです。

ただし、アパレルやクリエイティブ系の業界については、あえて服装自由として、クリエイターとしての素質や個性、センスを見ていることがあります。

それでも一部の企業のみですので、基本的にはスーツ、もしくはオフィスカジュアルという認識でよいでしょう。

(2)普段着はなるべく避ける

基本的に、普段着はなるべく避けましょう。

普段着だと、服装がラフすぎてその人が働くイメージを持ってもらいづらい上に、自分よがりであるイメージを与えてしまいます。

大半の企業はスーツ等、かっちり目の服装で働いていることが多く、最低限そこに合わせていかないといけません。

相手のことをしっかりと考えられている印象を与えるためにも、普段着はなるべく避けましょう。

目安としては、黒や紺などの上着を着ても違和感がない服装、柄が入っていない無地をベースにした服装が望ましいです。

(3)クールビズやコートはどうなの?

逆質問 意図

クールビズやコートについては、時期に応じて取り入れても問題ありません。

ただし、その際にも服装には気をつけましょう。

クールビズについては、一般的な時期に合わせて5月1日〜9月30日までにし、服装については柄のないシャツと長ズボンの着用が望ましいです。

コートについては、柄物ではなく仕事でも使えるようなスーツ店に売っている無地のトレンチコート等が望ましいです。

服装も時期に合わせて柔軟に変えていきましょう。

以下の記事では夏の面接に着ていくべき服装を紹介しているので、夏に面接がある場合は参考にしてください。

夏の面接にはクールビズがおすすめ!服装選びのポイントを紹介

2020.04.18

2.企業が服装自由にする理由5つ

続いて、企業が服装自由にする理由について説明していきます。

理由を知ることで、どのような服装にするか、心構えについて整理してください。

服装自由にする主な理由は以下の5つです。

企業が服装自由にする理由
  1. 緊張感を減らすため
  2. 選考の評価項目に入れているため
  3. 応募者の個性を見たいから
  4. 多くの応募者を集めたいから
  5. 特に意図はないことも

それぞれ詳しく説明します。

(1)緊張感を減らすため

単にリラックスして臨んでほしいという理由で自由にしていることがあります。

この場合、本当に何を着ていっても問題ないケースもあり、単純に面接のできだけが評価に影響します。

もちろん、服装を特に気にしない企業でも、あまりに派手な服装をしているとマイナスの印象を与える可能性があるため、その点には注意が必要です。

あまりにも派手、奇抜なものは避けた方がよいですが、それ以外なら何を着てもそれほど問題にはなりません。

普段の服装でリラックスした状態で選考に臨んでもらい、普段通りの振る舞いを見ることで素の人柄を見たいと考える企業もあります。

(2)選考の評価項目に入れているため

服装が自由といっても面接は就活の場であるため、ある程度フォーマルさを意識しなければなりません。

そのため、面接やビジネスといったシーンを正しく理解し、TPO(Time、Place、Occasion:時、場所、場合)を守った着こなしができているかどうかで評価を決める企業もあります。

ビジネスシーンでは暗黙の了解も多く、言葉をすべて額面通りに受け取ってはいけません。

何よりもその場にふさわしい行動、振る舞い、服装を心がけることが求められます。

面接でTPOの意識を図るには服装がもっとも分かりやすいため、自由と指定し、それぞれの意識を見ています。

当日の服装次第で評価がよくも悪くも変動するため、何を着るのかは慎重に選ばなければなりません。

(3)応募者の個性を見たいから

応募者の個性を見たいからという可能性もあります。

服装を自由にすることで見たい個性は特に以下の2点です。

企業が見たい個性
  1. 性格や価値観を知りたい
  2. アパレル業界で服のセンスを知りたい

順に説明していきます。

#1:性格や価値観を知りたい

服装を自由に指定して何を着てくるのかを見ることで、その人のセンスや個性をチェックしたいと考える企業は多いです。

新卒の採用は将来性を重視していることが多く、学生のパーソナリティを重要視しています。

何ができるかよりもどのような人間であるかが見られており、面接での質問は基本的にその人のことを知るために考えられたものといえるでしょう。

しかし、面接の質問だけではすべてを知ることは当然できず、得られる情報も限られています。

そこで、服装という個性が出やすい部分を手掛かりに、その人なりのこだわり、その人にしかないセンスを見ようと考える企業は少なくありません。

身だしなみのマナーを押さえているかはもちろん、服装の端々に見える個性がチェックされていることは理解しておきましょう。

#2:アパレル業界で服のセンスを知りたい

アパレル販売員は、ただ決められたコーディネートを身につけるだけではありません。

ブランドのアイテムの着こなし方などを把握した上で、自分でアイテムの良さがアピールできるようなコーディネートを考えていきます。

また、お客様の話を聞いてコーディネートを提案する場合もあります。

そのため、その場その場でコーディネートを考えるセンスが求められます。

このようなコーディネートでは全体のコーディネートや色使いだけではなく、アクセサリーなどの小物使いなどにも気を配ったコーディネートの方が、よりセンスが高いと評価されます。

ただ流行りのコーディネートをするのではなく、ブランドイメージを守りながらも小物などで自分らしさを出しているコーディネートは面接官からの評価も高いでしょう。

(4)多くの応募者を集めたい

多くの応募者を集めたいからであることもあります。

スーツよりも服装自由の企業の方が、敷居が低く就活生も行きやすい傾向があります。

それが結果的により多くの応募者を募ることに繋がります。

特にベンチャー企業が大手企業と差別化を測るために、服装自由にしている企業が多いです。

その方が社風も自由な印象を与えることができる一石二鳥の要素もあるため、服装自由にしている企業もあります。

(5)特に意図はないことも

色々と説明してきましたが、特に意図がない場合ももちろんあります。

スーツで働く場面があまりない企業だと、そもそもスーツで面接を受ける認識すらない企業もあります。

大体の場合は何かしらの理由があることが多いですが、全く意図がない場合もあります。

3.「私服でお越しください」と言われた場合は?

NG質問2

続いて「私服でお越しください」と言われた場合についてのポイントを説明します。

私服を指定された場合の対応
  1. オフィスカジュアルが基本
  2. スーツは避ける

順に説明していきます。

(1)オフィスカジュアルが基本

基本的にはオフィスカジュアルが望ましいです。

企業はその人のリラックスした素の部分を見たいということで私服で来ることを指定する場合もありますが、何でもいいというわけではありません。

就活では私服といっても大学に行くような普段のいわゆる私服ではなく、ビジネスシーンでも活用できるようなオフィスカジュアルな服装が好ましいとされています。

いくら私服と言っても、就活もまたビジネスの一環です。

派手になりすぎたり、ゆるくなりすぎないように整った身なりでなければなりません。

しかし企業は素の部分を見たいのではないかと反論が聞こえてきそうですが、TPOに合わせた服装や振る舞いをすることが出来るか、社会人として自覚を持って周りに合わせることが出来るかなどを見ている場合もあります。

企業がどちらの観点から見ているか分からないので、どちらの場合でも印象がいいオフィスカジュアルが無難であり、ベターでもあると言えます。

ただしアパレル業界やエンタメ業界など、オフィスカジュアルよりもさらに普段着に近い服装の方が良い場合もあります。

(2)スーツは避ける

お祈り 返信 不要

私服で来て欲しいと言われている場合は、スーツは避けましょう。

企業が私服可のようにスーツでも私服でもいいとするのではなく、私服でお越しくださいと指定するのには意味があります。

そこにはその人の私服を見て、その人間性を見たいという気持ちが隠れています。

もちろんどんな服を着ているのかというだけでは人間性の全てが分かるわけではありませんが、装いが変わることでリラックスした気持ちで取り組むことができます。

私服を着ていくことでよりリラックスした素の部分を見たいと考えている企業も多いので、私服で来ることを求められている場合に限り、私服で行くのが望ましいでしょう。

4.服装指定がなければスーツ一択

最後に服装指定がない場合については、スーツ一択が無難でよいでしょう。

面接は服装の指定がないことがむしろ一般的で、スーツを着用することが基本的なマナーです。

夏場は暑くて大変かと思いますが、相手に好印象を持ってもらうことを一番に、マナーにのっとった服装を心がけてください。

好感度を高めるには、身なりに清潔感があることも大切なポイントです。

スーツがしわになっていないか、ワイシャツの襟や袖口は汚れていないかなどを、前日にチェックしておくようにしましょう。

5.靴やバッグはどうする?

続いて、靴やバッグについて説明していきます。

服装と合わせて重要な要素となっていますので、必ず確認しておきましょう。

(1)オフィスカジュアルに合わせる場合

オフィスカジュアルに合わせる場合から説明していきます。

オフィスカジュアルに合わせる場合
  1. 靴は革靴でなくてもOK
  2. A4サイズが入るビジネスバッグ

順に説明します。

#1:靴は革靴でなくてもOK

オフィスカジュアルの場合は、靴は革靴でなくても大丈夫です。

服装に合わせていくことが重要であるため、革靴の方が合う場合はもちろん革靴を履きましょう。

注意が必要なのは、ラフ過ぎないことです。

例えば、柄がたくさん入っている靴、色が派手な靴等は避けましょう。

モノクロをメインにデザインがシンプルな靴を履いていくことが望ましいです。

#2:A4サイズが入るカジュアルすぎないバッグ

バッグは、A4サイズが入るカジュアルすぎないバッグがよいです。

A4サイズが入るものが望ましいのは、企業から資料を頂戴する可能性があるのと自身で資料を綺麗に入れるためです。

基本的には無地で色が派手目のものでないバッグにしましょう。

それであれば手持ちのものでなく、リュックでも大丈夫です。

(2)スーツに合わせる場合

続いてスーツに合わせる場合を説明していきます。

スーツに合わせる場合
  1. 革靴を履こう
  2. A4サイズが入るビジネスバッグ

順に説明します。

#1:革靴を履こう

スーツの場合は、革靴を履きましょう。

革靴以外だと、どんな靴でもどうしても違和感があるためです。

色に関しては革靴であればそこまで派手目なものはないはずですので、スーツに合う色を選ぶのがよいです。

もし判断に困る場合は、ベルトの色に合わせるのが無難です。

ベルトの色が黒の場合は黒、茶色の場合は茶色で対応しましょう。

#2:A4サイズが入るビジネスバッグ

バッグはA4サイズが入るビジネスバッグがよいです。

こちらも靴と同様で、スーツに合うバッグとなるとやはりビジネスバッグになるでしょう。

最近はリュックにもできるビジネスバッグがありますが、それは問題ありません。

色合いに注意して派手すぎずに、スーツに合うビジネスバッグを選びましょう。

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

服装マナーとあわせて知っておきたいのは、応募している企業が「自分に向いているかどうか」です。

自分に向いている仕事を見極めるには、無料の自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、あなたの強み・適職を診断し、自分に向いている仕事を見極めましょう。

6.まとめ

この記事では服装自由であるときのポイントを中心に、様々なパターンでの服装の気をつけるべきポイントを説明しました。

基本的に悩んだ場合は、服装の指定がない場合と服装自由と言われている場合は「スーツ」、私服と言われている場合には「オフィスカジュアル」と認識しておくと問題ないでしょう。

それでも悩む場合には、「スーツ」を着用して行きましょう。

これで服装にまつわる悩みは解消されたと思います。

服装は就職活動ではメインではないため、早めに不安を解消し他のことに集中することで、内定を獲得していきましょう。

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。