• HOME
  • ブログ
  • 面接
  • 面接で好印象を与えるメイクは5つのポイントが秘訣!髪型も紹介!

面接で好印象を与えるメイクは5つのポイントが秘訣!髪型も紹介!

スポンサーリンク

「面接の時ってどれくらいメイクをすればいいのだろう?」
「メイクも合否に関係するのだろうか?」
「面接官に好印象を与えるメイクってどんなメイクなの?」

このような悩みをもっている人が多いと思います。

実はメイクは第一印象が決まるくらい重要なものなのです!

ここでは、面接の際に好印象を与えるメイクの5つのポイントと髪型について説明します。

この記事を読めばあなたも面接官の心を掴むようなメイクをマスターすることができるでしょう。

1.面接のメイクで心がけたいポイント3つ

面接のメイクでは、面接官に「清潔感・知性・意欲」が伝わるようなメイクを心がけるのがポイントです。

面接官は仕事をきちんとこなしてくれる人材を探しているので、可愛くみせたりする必要はないからです。

必要以上の濃い化粧で着飾っている人と必要最低限のナチュラルメイクの人では、後者の方がTPOに合わせたメイクができていて好印象です。

誰が見ても「清潔感」があり、TPOに合わせたメイクができることで「知性」も感じられ、尚且つ必要以上に着飾るのではなく仕事をしに来ているという「意欲」を感じさせることがポイントです。

2.面接にはナチュラルメイクがおすすめ

面接のメイクはやはりナチュラルメイクがおすすめです。

面接官は派手さやお洒落さを求めているわけではないので、誰が見ても清潔感を感じ取れるようなナチュラルメイクの方が好印象を与えます。

普段と同じようなプライベートなメイクをしている人よりも、TPOをわきまえてナチュラルメイクをしている人の方が「真面目に働いてくれそう。」「社会人としての常識がありそう。」という印象を与えやすいです。

面接で目立つメイクをしたり、より可愛くみせようとする必要はないので、第一印象を良くするためにもナチュラルメイクにしましょう。

(1)ファンデーションは地肌に近い色を選ぼう

引用元:KOSE ファンデーションの選び方

ファンデーションは地肌に合った色を選択するべきです。

地肌に合った色でないと顔色が悪く見えてしまったり、顔の色が浮いてしまいナチュラルには見えなくなってしまうこともあります。

例えば、明るく見せようと地肌よりも白めのファンデーションを使用してしまうと首の色との差が目立ってしまい不自然です。

「肌は白い方がいい」なんて事はありません。

あなたの肌に合った色のファンデーションを選ぶことがナチュラルメイクのポイントなのです。

(2)眉毛は太めのアーチ状が好印象

引用元:資生堂 美容の情報

眉毛は顔の印象が大きく変わってしまうほど大事なパーツです。

眉毛はやや太めでアーチを描くような形を心がけましょう。

やや太めにすることでナチュラル感が増し、アーチ状は万人受けする眉毛の形だからです。

眉毛が細すぎたり眉毛の角度をつけすぎるとキツイ印象を与えてしまいます。

元々の眉毛の形を活かしながらもナチュラルな眉毛を意識しましょう。

(3)アイメイクは薄めにしよう

引用元:DIOR メイクアップ

アイメイクは薄くナチュラルにすることが鉄則です。

アイメイクを濃くしてしまうと派手に見えたり、キツく見えてしまうのです。

つけまつげやマツエク、カラコン、アイプチなどは派手に見えたり不自然に見えてしまうこともあります。

また過度のアイメイクは「仕事において不適切」と思われてしまうことも少なくありません。

アイメイクは薄いくらいの最低限のメイクで抑えておきましょう。

(4)チークはオレンジかピンク系が無難

引用元:資生堂 美容の情報

チークはナチュラルメイクにそれほど必要ありませんが、顔色が明るく見えるオレンジかピンクを軽くつけるようにしましょう。

濃すぎるチークはナチュラルメイクには不適切です。

他はナチュラルに化粧をしていてもチークだけ濃くなってしまうと不自然なメイクになってしまいます。

顔色が良く見えるくらいのサラッとした色づきを心がけることが大切です。

(5)リップは健康的に見える色にしよう

引用:COFFRET D’OR アイテム一覧

リップも健康的に見えるピンクかオレンジがおすすめです。

ナチュラルに見せるためにも濃い色は避けましょう。

何も塗らないと顔色が悪く見えてしまうこともあるので、血色が良く見えるカラーを薄く塗るだけでOKです。

あなたに合った健康的な薄付きのリップを探しましょう。

3.面接でNGなメイク

面接官に好印象を与えるナチュラルメイクの5つのポイントを紹介しましたが、反対にNGなメイクも紹介します。

意外とやってしまいがちな3つのNGパターンを紹介するので、気をつけるようにしましょう。

(1)すっぴん

すっぴんはNGです。

「ナチュラルメイクが良いのならすっぴんでも良いのでは?」と考える人がいますが、それは違います。

すっぴんは身だしなみに気をつけていないだらしない人という印象を与えてしまう可能性が高いのです。

普段メイクに慣れていない人やすっぴんに自信がある人でも、顔色が良く見えるリップを塗って眉毛を整えるだけでも印象は変わってきます。

メイクも身だしなみの1つなので、必要最低限のメイクは必要です。

(2)厚化粧

意外と多いのが厚化粧ですが、厚化粧も良い印象を与えません。

肌荒れやシミなどを隠すためにファンデーションを重ね塗りするなど、気付かないうちに厚化粧になっている人も少なくありません。

厚化粧も面接官に「遊んでいそう」などの印象を与えてしまうため、ニキビなど気になる場所があるのであればコンシーラーを軽く塗ることがおすすめです。

厚化粧はナチュラルメイクには見えませんので気をつけましょう。

(3)流行最先端のメイク

流行最先端のメイクを取り入れるのも良くありません。

面接に流行のメイクなど必要ないからです。

流行最先端のメイクとは、流行のカラーを取り入れたメイクやアイラインを目尻で跳ねあげさせたりするメイクです。

流行のカラーをメイクに取り入れるのでなく無難で落ち着いたカラーを使用した方が好印象なので、流行最先端のメイクは必要ありません。

4.服装と髪型も整えよう

メイクで「清潔感・知性・意欲」をアピールすることも大切ですが、服装や髪型も重要です。

いくらメイクを心がけていても、服装や髪型もきちんとしていないと良い印象を与えることはできません。

メイクがナチュラルでも髪型が奇抜だったり、TPOに欠けた服装だとマイナスなイメージしかありませんよね。

面接のメイクを活かすためにも、服装や髪型もあわせて考えるようにすることが大切なのです。

(1)清潔感が大切

メイクも髪型も服装も共通して言えることは、清潔感が大切ということです。

服装と髪型でも清潔感をアピールするポイントを説明します。

#1:綺麗なスーツを着よう

面接の服装は基本的にスーツです。

清潔感が重要視されるので、綺麗なスーツを準備しておきましょう。

スーツだけでなくカバンや靴も汚れていると目立ってしまうので要注意です。

スーツはクリーニングに出しておき、カバンや靴にも汚れがないかチェックしておくことが大切です。

汚れやシワのない綺麗なスーツで清潔感をアピールしましょう。

面接ではときどき「服装自由」と指定されることもあるので、その場合は以下の記事を読んで参考にしてくださいね。

面接で服装自由と言われたときってどうする?パターン別に徹底解説!

2020.04.17

#2:ボサボサ頭や寝癖はNG

ボサボサな髪型や寝癖もとてもだらしなく見えるのでNGです。

だらしないヘアスタイルは不潔にも見えてしまうことがあるので気をつけましょう。

おしゃれを意識した無造作ヘアなどもボサボサ頭に見えてしまうことがあります。

髪型もメイクと同じく流行やおしゃれは必要ありませんので、清潔感のある髪型が第一です。

メイクと同じようにナチュラルできちんとしたヘアスタイルを意識しましょう。

(2)好感を持たれる髪型のポイント3つ

メイクと同じように大切なのが髪型です。

髪型にもTPOがあり、髪型次第でも印象が変わってしまいます。

メイクはきちんとしても髪型がだらしなかったりすると、とても残念な印象になります。

面接官はメイクから服装や髪型まで全てを見て全体の身だしなみをチェックしています。

「きちんとした身だしなみをしているので仕事も真面目にこなしてくれそうだな」と面接官に思ってもらえることが大切です。

ここでは面接の際に気をつける髪型のポイントを紹介します。

より詳しく就活の髪型について知りたい方は、以下の記事をあわせて読んでおけば髪型対策は万全です。

【就活必勝】インターン面接はどんな髪型で行くべき?男女別に解説!

2020.04.12

#1:おでこと眉がはっきり見える

おでこと眉がはっきり見えるよう前髪を工夫しましょう。

おでこと眉が見えるヘアスタイルにすることで、表情が分かりやすく明るい印象を与えることができます。

前髪が長いのであればオールバックにし、前髪が中途半端な長さであればピンで留めるなどをしておでこと眉を見せるようにしましょう。

面接までに前髪を整えやすいよう伸ばしたり、短くカットしておくことをおすすめします。

#2:耳元や輪郭はスッキリさせる

耳元や輪郭も隠さずスッキリ見せることもポイントです。

顔まわりの髪の毛もスッキリとまとめておくことで清潔感があり明るい印象を与えます。

ワックスなどを使用して後ろに束ねたり、ショートヘアの人でも髪を耳にかけて耳元まで見せるようにしましょう。

顔全体をしっかり見せることでスッキリするのです。

#3:ヘアゴムやピンは目立たない色にする

髪の毛を束ねたり整える時に使用するヘアゴムやピンは目立たない色を選びましょう。

髪の毛と同色のヘアゴムやピンを使用することも清潔感をアップさせるポイントです。

派手な色のピンやゴムは悪目立ちし浮いて見えてしまうため面接に不適切です。

髪型でもおしゃれよりも清潔感を優先するようにしましょう。

以下の記事では面接での髪型について詳しく説明しているので、あわせて読んでおくのがおすすめです。

【第一印象が大切!】面接時の髪型はどうすべき?男女別のポイント

2020.04.17

36個の質問に答えて自己分析をしよう

身だしなみと合わせてチェックしておきたいのは、その仕事が「自分に向いているかどうか」です。

自分に向いている仕事を見極めるには、無料の自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、あなたの強み・適職を診断し、自分に向いている仕事を見極めましょう。

5.まとめ

面接で身だしなみはとても重要視されます。

面接官に「清潔感・知性・意欲」を感じさせたいのであれば、女性の場合はメイクや髪型まで工夫する必要があります。

おしゃれや着飾ることは必要とされていないので、ナチュラルで健康的で無難な身だしなみを心がけることが大切です。

この記事を参考にして面接に挑めば、面接官に好印象を与えられるでしょう。

メイクと髪型をマスターしたら、次は面接のマナーも押さえておきましょう。

これで面接マナーの心配はなくなりますよ。

【面接マナー】新卒就活での最低限のマナー5つと好印象を与えるコツ

2020.06.09
スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。