どうすれば面接で緊張しない?その方法とポイントを徹底解説!

スポンサーリンク

「面接で緊張してしまってうまく話すことができないけど、どうしたらよいのだろう」
「何で面接でこんなに緊張してしまうのだろう」
「面接で緊張せずにちゃんと自分の伝えたいことを話せるようになりたい」

面接で緊張してうまく自分の伝えたいことを伝えられずに、悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

就職活動の中でも、面接でしっかりと自分のことを伝えられるようになるのは非常に重要です。

この記事では、面接で緊張してしまう原因から解決策まで、幅広く説明しています。

この記事を読めば、緊張せず面接に臨むことができるようになります。

1.面接で緊張してしまう主な原因6つ

まずは面接で緊張してしまう原因について、順を追って説明していきます。

緊張してしまう主な原因は、不安や恐怖を感じた時に発生する”ノルアドレナリン”という神経伝達物質が血液中にたくさん分泌され交感神経を刺激することだと言われています。

面接では緊張がどのように発生してしまうのかを説明します。

面接で緊張してしまう主な原因は以下の6つです。

面接で緊張する主な原因6つ
  1. 面接対策が不十分
  2. 失敗を恐すぎる
  3. 完璧主義
  4. 人前で話すのが苦手な性格
  5. 劣等感がある
  6. トラウマがある

順に説明します。

原因1.面接対策が不十分

まずは、面接対策が不十分であることが理由である可能性があります。

通常面接の練習は事前に行うものですが、面接の練習が十分でないと感じている場合は本番が近づくにつれ不安に駆られ、緊張してしまいます。

人は自信があることや何度もやってきて慣れていることには成功するイメージを持つことができるため、緊張する可能性は低くなります。

ただ、準備ができていないことや未知のことに関しては成功するイメージを持つことができず、ついネガティブ思考が働いてしまい、それが緊張に繋がります。

もし現在準備不足だと感じている人は、もう一度自分が準備しておくべきことを見直し、面接にしっかり備えましょう。

原因2.失敗を恐れすぎる

次に失敗を恐れすぎるあまり緊張してしまうことがあります。

先が見えないことを不安に感じ、失敗したらどうしようという気持ちばかりを持っている人は緊張しやすい傾向にあります。

面接では誰もが失敗はしたくないと思うはずです。

志望度の高い企業の面接であれば、なおさら強く失敗を回避したい、ミスをしたくないという気持ちが働くのではないでしょうか。

それは、失敗したときにどうすればいいかというよりも、失敗そのものに不安を抱いているからかもしれません。

人は無意識に否定形を理解しないようにしていて、「失敗したくない」と思っても脳は「~したくない」という部分は理解できず、「失敗」という言葉だけに敏感に反応してしまいます。

その結果、失敗のイメージだけに意識が向き、不安や緊張が強まってしまいます。

もし失敗しても、「失敗から得るものがある」「次で取り戻そう」というような考えを持つことができれば、失敗への不安を減らすことができるでしょう。

まだ起きてもいないことを不安に思ってもどうにもならない、という前向きな気持ちが大事です。

原因3.完璧主義

完璧主義であるがゆえに、緊張してしまっている可能性もあります。

完璧主義である方は、失敗することを過度に嫌う傾向があります。

また、追い求める理想が高すぎるがゆえに、どれだけ準備に時間を費やしても「まだ準備が足りないのではないか」と不安になり、それが緊張に繋がってしまいます。

その場合、完璧を追い求めすぎずに、今自分ができることに自信を持って面接に臨むとよいでしょう。

原因4.人前で話すのが苦手な性格

お祈り 返信 不要

人と話すことが苦手に感じていることも緊張に繋がります。

「人前で話すことが苦手」という思い込みが、より自身を不安に追い込んでいる可能性があります。

面接においては、面接官がとても怖く感じてしまう人もいるかも知れません。

しかし面接官はあなたの敵ではありませんし、なにか危害を加えようとしているわけでもありません。

人前で話すことが苦手な人は、思い切って目の前にいる人の目をしっかりと見て、その人と会話をするつもりで話をしましょう。

面接官はあなたの話を聞きたいと思っており、その目を見れば、その思いは伝わってくるはずです。

相手が前向きに自分の話を聞いてくれていると分かれば、会話することへの恐怖感は薄れていくでしょう。

原因5.劣等感がある

劣等感があることにより、緊張してしまっている可能性もあります。

緊張する人の特徴に「自分に自信がない」ことが多く挙げられます。

そして、自信がない人は当然自分を過剰に良く見せようとします。

この「過剰さ」が緊張する要因になっている可能性があります。

要するに、自分自身の発言内容と自己評価にズレが起きていて、嘘をついている気がしてしまいます。

嘘の内容に自信を持つのは当然不可能なことで、変な違和感があなたを襲い、それが緊張にも繋がっている可能性があります。

原因6.トラウマがある

ガクチカ 思い浮かばない

何かで失敗したトラウマから苦手意識が生まれ、緊張へとつながってしまっているケースもあります。

「また同じミスはできない」「また間違えそうで怖い」というプレッシャーから、普段の自分を出せなくなってしまっているのです。

過去のトラウマを引きずっている人は、過去の失敗をまだ受け入れてないことが原因とされています。

「失敗した」とそのままにしていても、現在をうまくやっていけないのは当然だということです。

さらに過去のトラウマを引きずる人は、「どうせまたうまくいかない」とネガティブ思考に陥りやすいです。

ネガティブなオーラは面接官にも伝わりますし、緊張だけでなく自信のなさなどにもつながるため、面接突破も難しくなるでしょう。

2.緊張を克服する方法

志望動機の1ステップ・ビジョン

続いて、緊張を克服する方法について説明していきます。

ここまで緊張の原因について説明してきましたが、今からでも十分克服することができます。

できることから実践していきましょう。

緊張を克服する方法は以下の6つです。

緊張を克服する方法
  1. 面接対策をしよう
  2. 失敗を恐れない
  3. 完璧でなくていい
  4. 人前で話すことに慣れよう
  5. 劣等感を克服する
  6. トラウマは成功体験で克服

ここまで説明したすべての原因に対応する克服法があるので、順に説明します。

(1)面接対策をしよう

面接 逆質問

まずは面接対策をしっかりとしましょう。

準備ができていれば緊張は和らぐはずです。

具体的な方法を順を追って説明していきます。

緊張を和らげるための面接対策は以下の4つです。

緊張を和らげるための面接対策4つ
  1. 面接の台本を作る
  2. 質問の意図を明確にする
  3. 質問を誘導する
  4. 自己PRに絡めて回答する

1つずつ説明します。

#1:面接の台本を作る

面接の台本を作ってみましょう。

面接官が質問する内容とその解答が書かれた台本を用意しておくのです。

そうすることで、覚えたことを読むだけの状態にすることができ、自信を持って面接に臨むことができます。

基本的には選考フェーズによって面接官が確認したいことが変化していきます。

企業はまず、活躍する素養のある優秀な人材を選考に残そうとします。

それを見極める要素は「自己PR」となるため、序盤の選考では「自己PR」を聞かれることが多いです。

優秀な人材を選考に残すことができたら、次はできるだけ志望の高い人を残そうとするため、「志望動機」を聞かれることが多くなります。

以上より、序盤の選考は能力をアピールできるような「自己PR」、中盤〜終盤にかけての選考は「志望動機」の台本を準備しておきましょう。

#2:質問の意図を明確にする

続いて質問の意図を明確にしましょう。

面接官がどんな答えを返して欲しいかがわかれば、自信を持ってそれに対して回答することができます。

思い込みで回答してしまうと、面接官の意図とズレる可能性があります。

そのため、しっかりと意図を確認するために、面接官に何を答えるべきか確認の質問をしてみましょう。

そうすることで、迷いなく自信を持って質問に回答することができます。

#3:質問を誘導する

面接官の質問を誘導することができたら、緊張せずに回答することができますよね。

ただ質問されたことに答えただけであれば、突拍子もない想定していない角度から質問されることがあります。

自分が深掘りされても答えられることをフックに入れて答えることで、面接官からの質問を誘導することができます。

フックとは、面接官の興味が向くような話題のことです。

例えばあなたが「私の強みは発想力です。」と伝えた後、面接官から「あなたが理想とする発想力の定義を参考人物を紹介しながら説明してください。」と言われたとします。

このように、想定していない角度から質問を返された場合には、質問の答えが分からず答えられないでしょう。

しかし「私の強みは発想力です。この力は学生起業したときに直面した困難を通して身につけました。」と伝えると、面接官から「学生起業で直面した困難とはどのようなものでしたか?」と聞き返されるでしょう。

この場合、「直面した困難とは〜」と話を続けることができ、あなたが想定していた通りに答えることができます。

やり取りの中にフックを入れ続けることで、自分が想定した質問を回答し続けることができます。

#4:自己PRに絡めて回答する

自己PRに絡めて回答しましょう。

これは想定していない質問がいきなり出てきた場合に有効です。

専門知識が必要な質問が出てきた場合、しっかりと調べていない状態で適当に回答をしてしまうと、そこを深掘りされてしまい、次第に回答ができなくなり頭が真っ白になります。

しかし、そのような質問でも自己PRに絡めて回答することで、深掘りされる内容を想定内に収めることができ、自分に関する話題に質問を誘導し、緊張せずに自信を持って回答することができます。

例えば「昨今の日露間の外交政策についてどう思うか?」と質問された場合に「ロシアは閉鎖的で保守的だと思った。特に北方領土問題に関してはもっと寛容になるべきだ。」と専門知識を使って答えた場合、「領土問題を解決するためには、具体的にどうすれば良いと思うか?」等と聞かれます。

こう聞かれてしまっては時事問題に詳しければ答えられますが、あまり知らなければ回答に詰まってしまいます。

そこで「ロシアは閉鎖的で保守的だと思うが、これは私が開放的な性格をしているからそう感じるのだと思う。」と答えれば、次に面接官から「あなたは何故自分を開放的だと思うのか?」等と質問されやすくなり、少しでも時事問題の専門知識を深掘りされて困ることを避けられます。

このように面接官の問いに対して自分の内面を絡めて答えていくことで、自分の価値観や能力に関する質問に誘導でき、詳しくない話題を展開されずに済みます。

そうは言っても、まずは自分の価値観や能力を理解するために自己分析が必要です。

以下の記事では自己分析の方法を説明しているので、自己分析ができていない方は一度読んでみてください。

【必見】自己分析のやり方徹底解説!就活に使える自己分析を行おう!

2020.03.13

(2)失敗を恐れない

逆質問 コミュニケーション能力

次に、失敗を恐れないことが大切です。

そのために、失敗をどう捉えていくかについて説明していきます。

失敗を恐れないための方法は以下2つです。

失敗を恐れないための方法2つ
  1. 失敗は楽しめる
  2. 失敗の経緯を言語化する

それぞれ説明します。

#1:失敗は楽しめる

まずは失敗を楽しみましょう。

希望を抱きすぎるがゆえに、不安が出てきます。

「誰でも失敗することはある」「失敗は成功の元」と考えることで、極度の緊張状態になることを防ぐことができます。

初めからダメで元々という気持ちを持つことで、気持ちを落ち着かせることができます。

#2:失敗の経緯を言語化する

続いて、失敗の経緯を言語化しましょう。

失敗したことを明確にできるので、今後の参考になります。

何かノートにまとめて書いて次は失敗しないようにしておくことがおすすめです。

失敗したことも振り返って次に活かすことができれば次第に成功に繋がり、それが自信となって緊張することはなくなっていくでしょう。

(3)完璧でなくていい

お祈りメール 返信

完璧を求めすぎなくても大丈夫です。

そのための考え方と行動は以下の3つです。

完璧を求めすぎないための方法3つ
  1. 目標は完璧にすることではない
  2. 人に頼ってみる
  3. 失敗しても自分を責めない

順に説明します。

#1:目標は完璧にすることではない

目標は完璧にすることでなく、企業から内定をいただくことです。

失敗を恐れて細かいプロセスにこだわりすぎるのではなく、求められている結果を出すことに意識を向けてみましょう。

例えば面接だと、面接官が何を求めているかをしっかりと考えて、それに対しての準備を行うことが大切です。

ゴールとして求められている成果の質も、完璧主義の人が確認をしておくべきポイントです。

#2:人に頼ってみる

何事も自分でやるのではなく、人に頼ってみましょう。

人に任せたり、人の力を借りて物事を進めることも大切です。

これは仕事にも通ずるところなので、今のうちにできるようになっておいた方がよいです。

誰にでも得意不得意はあります。

悩んでいることがあれば、それが得意な人に頼ることで自信をつけることができます。

#3:失敗しても自分を責めない

失敗しても自分を責めるのはやめましょう。

思い通りにいかなかったときは、「こういうこともある」「また頑張ればいい」と自分に言い聞かせましょう。

自分を責めるのではなく頑張った自分を認めることで、うまくいかなかった状況を冷静に見つめることができ、また次に努力する力に変えることができます。

(4)人前で話すことに慣れよう

続いて人前で話すことに慣れていきましょう。

そのためにできることは以下の2つです。

人前で話すことに慣れる方法2つ
  1. 声は大きめにする
  2. 背筋を伸ばす

それぞれ説明します。

#1:声は大きめにする

声を大きく出すようにしましょう。

小さい声でぼそぼそ話すと、それだけで自信がなさそうに見えてしまって相手の反応が悪くなります。

聞き手のパッとしない反応を見ると自分自身もますます不安になり、どんどんうまく話せなくなってしまいます。

一番遠くにいる人に向かって声のボールをぽーんと投げるようなイメージで声を出してみてください。

そうすると、自然体でありながらしっかりと耳に入ってくる声になるので、聞いている人も耳を傾けやすくなります。

#2:背筋を伸ばす

背筋を伸ばして話してみましょう。

背筋をピンと張って、よい姿勢で話すだけで自信がつきやすくなり、相手にも好印象を与えることができます。

行動心理学でも姿勢から入るのはとても大切だと言われています。

自信のある振る舞いをすると、だんだん自信がついてきます。

(5)劣等感を克服する

続いて劣等感のある人はそれを克服していきましょう。

その上でのポイントは以下の3つです。

劣等感を克服する方法3つ
  1. 解決志向で考える
  2. 自分の不完全さを認める
  3. 人に貢献する

順に説明します。

#1:解決志向で考える

劣等感を解決志向で考えましょう。

人は劣等感を感じているとき、「なぜ自分はダメなのか」という思考を無意識のうちにしています。

しかし、その答えを探そうとすればするほど、自分自身の至らないところを数えるばかりで苦しくなる一方です。

そこで、劣等感を克服するアプローチとして有効なのは「どうやって今の自分よりも良くなるか」という思考をすることです。

問題の原因を掘り下げるのではなく、解決策の手段を広げることが劣等感を克服するのに役立ちます。

#2:自分の不完全さを認める

自分の不完全さを認めましょう。

完璧主義であればあるほど、自分自身を責めるきっかけが増えるからです。

劣等感を克服するために最も重要なことは、「人は人、自分は自分」と割り切って考えることです。

完璧を追求しようという姿勢は、社会人にとって必要な部分でもあります。

しかし、その姿勢がいき過ぎると、自分と他人を必要以上に比較し、どんどん息苦しさを感じるようになります。

自分にも他人にも不完全さを許し、それを認め合うことで自分にも他人にも優しく、そして自分らしく努力できるようになります。

#3:人に貢献する

最後に他の人に貢献していきましょう。

他人に貢献するとは、簡単にいうと他人から「ありがとう」という言葉をもらうことです。

「ありがとう」という言葉をもらえばもらうほど、自己肯定感が上がるからです。

この自己肯定感が高ければ高いほど、他人と自分を比べることはありません。

それだけでなく、どのような環境であっても自分らしくふるまうことができます。

つまり、自己肯定感を上げることが劣等感を克服するうえで重要です。

また、以下の記事では気配りできることをアピールする方法を説明しているので、合わせて読んでおけば人に貢献した経験をアピールできますよ。

【面接官の心を動かす】自己PRで気配りをアピールするコツと例文を紹介!

2020.06.13

(6)トラウマは成功体験で克服

トラウマは成功体験で克服しましょう。

成功体験を積むことができれば、自信がつきます。

面接の場合だと、人前で話すことを繰り返し行っていくことで成功体験を積むことができるようになってきます。

場数が大切なので、何度も練習をこなすために数多くの面接を受けていきましょう。

3.面接前日にすれば安心できる4つのこと

最後に面接前日にすれば安心できることについて説明していきます。

これだけ備えれば緊張することはなくなっていくでしょう。

することは以下の4つです。

面接前日にすれば安心できる4つのこと
  1. 面接の詳細や持ち物の確認
  2. 体調を整える
  3. 面接のイメトレをする
  4. ESや企業HPを再確認する

それぞれ説明します。

(1)面接の詳細や持ち物の確認

まずは面接の場所や時間を確認しましょう。

前日に少しでも不安要素を解決しておけば心身ともに安心することができます。

メールなど企業からの情報を見直すのが確実です。

あわせて面接担当者の所属や名前も確認し、手帳など確認しやすいツールにメモをしておきましょう。

道に迷ったり、電車が遅延したりと不測の事態が起こっても余裕を持って対処できるよう、早めに最寄駅に到着するプランを立てましょう。

また、面接の持ち物に関しては以下の記事で紹介しているので、合わせて読んでおけば安心できますよ。

面接の持ち物をチェック!必須アイテム8つと便利グッズ7つで完璧!

2020.04.18

(2)体調を整える

逆質問 入社意欲

体調をしっかりと整えましょう。

体調が乱れていると、どれだけ準備をしていても力を発揮できるか不安になるものです。

前日の夜更かしや暴飲暴食で体調が崩れても、誰も責任を取ってくれません。

前日は早めに寝て万全な状態で面接に臨めるように備えましょう。

(3)面接のイメトレをする

面接のイメトレをしましょう。

イメトレが不測の事態を減らすことに繋がります。

面接本番をイメージして受け答えする内容を復習するのがよいです。

「これを聞かれたらばっちり答えられる」というものがあると、自信を持って面接に臨めます。

また、声を出すことで自然と緊張がほぐれる効果もあります。

(4)ESや企業HPを再確認する

ESや企業HPを再確認しておきましょう。

面接官は、あなたの提出した書類をもとに質問を行います。

そのため、応募書類を書いた時点での自分の戦略やセールスポイントをしっかり再確認し、面接官に対してブレない応答ができるようにしておきましょう。

ESの書き方に自信がない方は、合わせて以下の記事を読んでみてください。

通過率9割超!お祈りされないESの書き方を徹底解説!

2020.03.12

4.まとめ

ここまで読んでみていかがでしょうか。

緊張した状態だと、どうしても面接で十分な力を発揮することができない可能性があります。

この記事に書いてあることを一つずつ実践して、万全なリラックスした状態で面接に臨めるようにしましょう。

そうすることで内定にも近づくことができます。

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。