面接の結果通知が遅くて不安?面接結果が来ない5つの理由とは?

スポンサーリンク

「面接の結果が出る時期を過ぎているのに、まだ連絡が来ない」
「面接の結果はいつになったら出るのだろう」

このように、面接の結果通知の時期で悩んだことはありませんか?

実は、面接の結果通知が遅れることには5つの理由があり、事前に対策をとることで不安を軽減させることができます!

ここでは面接の結果通知が遅れる理由や、一般的な面接結果が出る時期、面接結果が時期を過ぎても来ない場合の対処法について説明します。

この記事を読めば、面接結果が遅れることへの不安が軽減し、落ち着いた気持ちで就職活動を続けられるようになりますよ!

1.面接の結果通知が来る時期の目安

基本的に、面接の結果通知が来る時期は面接後1週間前後とされています

しかし、これはあくまでも目安なので企業によって選考にかかる時間が違うことに注意しましょう。

1週間よりも早く結果通知がくることもあれば、連絡が来るのが1か月後になった人もいます。

面接の結果通知が来ないと、合否が分からずソワソワしてしまうかもしれませんね。

2.一般的な面接の結果通知の時期や会社ごとの違い

面接の結果通知は会社によって違うのですが、大まかな目安や会社ごとの違いを知っておくと面接結果の通知が遅い時の判断材料になります。

面接の結果通知が遅いと感じた場合に、知っておくべきポイントは以下の3つです。

面接の結果通知に関するポイント3つ
  1. 面接の結果通知は1週間後が一般的
  2. 大企業では結果通知が2週間後になることもある
  3. その場で合否を伝える会社もある

これらのポイントを理解しておくと、面接結果の出る時期や会社による通知時期の違いを理解した上で、合否の結果を待つことができますよ!

(1)面接の結果通知は1週間後が一般的

面接の結果通知は、面接が終了してから一週間後が一般的です。

会社によってはあらかじめ面接結果の通知時期を知らせているところもありますが、そうでないところもあります。

一般的な面接結果の通知時期を知っておくことで、あまりにも結果通知が遅いと感じた場合に、会社に問い合わせるなどの行動を起こす時期の目安になります。

(2)大企業では結果通知が2週間後になることもある

大企業の場合は結果通知が2週間後になる場合もあります。

大企業は中小企業とは異なり、一度に数百人規模の学生を採用する会社もあるため選考に時間がかかるからです。

書類審査だけでも大量の書類を読まなければならないですし、面接にかける時間や日数も中小企業とは比べ物にならないくらい長くなっています。

それだけ多くの学生の中から会社の将来を担う人材を選ばなければならないので、内定者を選ぶのに時間がかかるのも当然と言えるのです。

(3)その場で合否を伝える会社もある

会社によっては面接の合否の結果をその場で伝えるところもあります。

これは人材不足が深刻な会社であったり、募集人数に対して応募者の学生があまりにも少ない場合が考えられます。

中には、面接を受けた翌月や翌週から働いてほしいという会社もあり、少しでも早く人手がほしい会社はその場で面接結果を伝えるのです

また、学生時代に非常に優秀な成績を残してきた学生であったり、会社がぜひ手に入れたいと思う学生であれば応募者が多い会社であっても、すぐに面接結果を伝えられます。

逆に言えば、どう考えても採用したくないと考える学生が面接に来れば、その場で不採用の通知をするかもしれません。

3.面接の結果発表の時期が気になる人ができること

どうしても面接の結果発表の時期が気になるという人ができることは以下の4つです。

結果発表の時期が気になるときにできること4つ
  1. 採用担当者に面接の結果がいつ頃になるか聞いておく
  2. 不採用の場合も連絡をしてくれるか聞いておく
  3. 面接のお礼メールをする際に聞いてみても良い
  4. 期日を過ぎても連絡が来なければ電話やメールをしても良い

あまり神経質になりすぎて会社に迷惑をかけるような行動は控えるべきですが、これらの行動を不自然にならないようにとることで少しでも不安を和らげることができますよ!

(1)採用担当者に面接の結果がいつ頃になるか聞いておく

面接の結果発表の時期が気になるという人が1つ目にできることは、採用担当者に面接の結果がいつ頃になるかを面接の際に直接聞いておくことです。

会社のホームページや募集要項などに面接の結果通知の時期が記載されている場合が多いですが、そのような情報が見当たらない場合に適した行動です。

応募者同士の推測で話を進めていると、誤った情報に惑わされて不安を助長してしまう可能性があります。

採用担当者から直接面接結果が出る時期の目安を聞くことで、信頼性のある情報を入手できますよ!

面接では応募者から企業に対して逆質問する時間が設けられているので、そこで以下の記事を参考にして結果発表の時期を聞いてみましょう。

【面接の逆質問例20選】必須ポイント2つとNG逆質問3つも紹介

2020.06.01

(2)不採用の場合も連絡をしてくれるか聞いておく

面接の結果発表の時期が気になるという人が2つ目にできることは、不採用の場合も連絡をしてくれるか聞いておくことです。

会社によっては内定者のみに面接結果を連絡しているところもあるため、内定者を選びに時間がかかっているのか、不合格だから通知が来ないのか分からないこともあります。

不合格の場合は通知をしないということを事前に知らされている場合は良いのですが、それが不明確な場合はあらかじめ採用担当者に聞いておくと安心できますよ!

(3)面接のお礼メールをする際に聞いてみても良い

面接の結果発表の時期が気になるという人が3つ目にできることは、面接のお礼メールをする際に聞いてみることです。

本来は面接の当日に面接結果が出る時期や、不合格者でも通知がくるかを聞いておくのが望ましいです。

しかし、面接に集中しすぎて結果通知の時期を確認し忘れる場合もあるでしょう。

そのような場合は、面接の後日にお礼のメールを送るついでに当たり障りなく面接の結果が出る時期を聞いてみると良いですよ!

お礼メールの送り方に関しては以下の記事が参考になります。

インターンシップのお礼メールの書き方は?例文3つや注意点を紹介!

2020.06.12

(4)期日を過ぎても連絡が来なければ電話やメールをしても良い

面接の結果発表の時期が気になるという人が4つ目にできることは、期日を過ぎても連絡が来なければ電話やメールをしてみることです。

面接の結果通知が遅れる理由は様々ですが、あまりにも結果通知が遅い場合は最悪の場合連絡を忘れていた、ということが考えられます

面接の結果発表の時期があらかじめ定められている場合は、時期を過ぎても連絡が来なければ直接会社に電話やメールをして問い合わせてみましょう。

何らかの理由で結果通知が遅くなっている場合はその理由を伝えられるでしょうし、問い合わせをしたとしても合否の結果に影響を及ぼすとは考えにくいです。

4.会社が面接結果をすぐに出さない5つの理由

自分の面接の結果をすぐに知りたいという気持ちは、多くの人が持っているでしょう。

会社が面接結果をすぐに出さない理由は以下の5つです。

面接結果をすぐに出さない理由5つ
  1. 他の人と比較したいから
  2. 他の候補者が辞退した時の保険にされている
  3. 会社の業務が忙しいから
  4. よく考えて選考しているのかを疑われるから
  5. 連絡を忘れている

このような理由で面接の結果通知が遅れていることが考えられるので、結果通知が遅くなっている理由によってあなたができることが変わってきます。

ここからは、会社が面接結果をすぐに出さない5つの理由について詳しく説明していきます。

理由1:他の人と比較したいから

会社が面接結果をすぐに出さない1つ目の理由は、他の人と比較したいからです。

採用面接には多くの学生が時期を分けて来社する場合もあるので、結果通知を出した後になってから本当に採用したい学生が応募してくることも考えられます。

後になって採用したい学生が来たとしても、すでに採用人数の定員に達している場合はこれ以上採用することができず、その学生を断るしかなくなってしまいます。

このようなことを避けるために、会社側は全ての応募者の面接が終わってからどの学生を採用するかをしっかりと吟味するのです。

また、募集した人数に対して応募者が多すぎる場合も、他の人との比較に時間がかかるため面接結果が出るのが遅くなります。

会社は少しでも会社にとってプラスになる人材を確保したいと思っているので、応募者が多すぎると採用する学生を選ぶのにどうしても時間がかかってしまうのです。

時期を過ぎてもなかなか面接結果が出ない場合は、このように選考に時間がかかってしまっていることが考えられます。

理由2:他の候補者が辞退した時の保険にされている

会社が面接結果をすぐに出さない2つ目の理由は、他の候補者が辞退した時の保険にされているからです。

学生は、卒業するまでに確実に内定を得ようと何社も面接を受けていることが多いです。

そのため、会社が内定を出したとしても、その学生が結果的に他社に就職することを決めて自分の会社の内定を辞退することが考えられます。

これでは定員に合わせて内定通知を出していた会社に欠員が出てしまうことになるので、会社側はそれを避けなければなりません。

そうは言っても、定員より多くの内定を出してしまって実際の就職者が定員オーバーになってはいけないので、面接結果を出さずに保険として確保しておくのです。

企業から内定をもらえなかった場合は、後からお祈りメール(不採用通知)が送られます。

お祈りメールに対応するのも就活生のマナーの1つであるため、以下の記事を参考に対応してください。

お祈りメールは返信するべき? 企業からのメールへの対応を一挙紹介!

2020.06.12

理由3:会社の業務が忙しいから

会社が面接結果をすぐに出さない3つ目の理由は、会社の業務が忙しいことが考えられます。

会社の規模によって違いはありますが、人事の仕事というのは人材の採用のみではない場合が多く、他の業務も並行して進めていることが多いです。

業務の多い人事部では、労務や社内人事規程の作成、総務業務などのように複数の業務を任せられていることもあります。

このように多忙な中で書類選考を行い、面接に同席し、採用する学生を選考しなければならないので面接結果を通知する時期がどうしても遅くなってしまうのです。

しかし、採用者に内定を出すという業務は会社の人事の仕事の中でも優先度の高い仕事なので、基本的に遅れることはありません。

そうは言っても人材不足で悩んでいる会社は多く、従業員1人あたりが抱えている仕事も多い所もあります。

そのため、会社の業務があまりにも忙しい場合は面接の結果通知が遅くなってしまうのです。

理由4:よく考えて選考しているのかを疑われるから

会社が面接結果をすぐに出さない4つ目の理由は、よく考えて選考しているのかを疑われるからです。

この理由は会社側の学生に対する意図が感じられるので、あまり納得できる理由ではないですが会社側のプライドを保持する目的でもあります。

実際に、面接を行ってから結果を通知するまでの期間が短すぎると本当に吟味して自分のことを選考してくれているのか、と学生に思われるのです。

企業によっては、面接が終わった瞬間にその学生を採用するかどうかを決めている場合もあります。

面接の結果が合格であれば結果を伝えられた学生も喜ぶかもしれませんが、もしも不合格であった場合は、その場で学生が怒ったり帰らなかったりすることも考えられるのです。

そのため、結果が合格であろうと不合格であろうと、しっかりと吟味して出した結論であるということを学生に示すために結果通知を遅らせている可能性があります

これは書類選考でも同じことで、時間をかけて苦労して書いた書類に対して提出した翌日や翌々日に結果を出すと、しっかりと書類を読んだのかどうか疑わしく思われます。

このように、企業側が学生を時間をかけて選んでいるという感覚を学生に与えるためや、学生とのトラブルを避けるために面接の結果通知を送らせている可能性があるのです。

理由5:連絡を忘れている

会社が面接結果をすぐに出さない5つ目の理由は、連絡を忘れているからです。

これは会社側の信用を損ねるためあってはならない理由ですが、先ほど説明したような多忙な業務に追われている人事部では、滅多に起こることではありませんが、場合によっては面接結果の通知を忘れることも考えられます。

内定通知であれば忘れずに連絡することがほとんどですが、中には不採用の通知は後回しにしているという会社もあります

内定通知の優先度は高く不採用の通知の優先度は低いと考えているので、不採用の通知を出すのを後回しにして他の業務を先に進めようとしているのです。

連絡を忘れられている場合はこちら側からアクションをしなければ結果を知ることができない場合もあるため、学生側から連絡するなど、とるべき行動も変わってきます。

就活が上手くいかない時は、自己分析をやり直そう

就職が上手くいかない時は、一度、自己分析をやりなおして、自分の強み・弱みについて改めて理解し直すのが効果的です。とはいえ、そんな時間もないですよね。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで自分の強み・弱みを見つめ直し、逆転の内定を勝ち取りましょう。

5.まとめ

この記事では、面接の結果通知が遅くなっている時に考えられる理由や一般的な面接結果がでる時期、面接結果が時期を過ぎても来ない場合の対策について説明しました。

面接が終わってから不安な気持ちを引きずらないためにも、ここで説明した内容を参考にして事前に対策をとることがオススメです。

少しでも不安を軽減して、落ち着いた気持ちで就職活動を続けられると良いですね!

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。