【三次面接完全攻略】よく聞かれる質問3つと対策方法2つを解説

スポンサーリンク

「三次面接では何を聞かれるの?」
「三次面接はどうやって対策したらいいの?」

このように悩んでいる就活生は多いです。

この記事ではそのような人の悩みを解決するために、三次面接で意識するべきことから質問されること、そして2つの対策方法を紹介していきます。

この記事を読めば、一次面接対策を効果的に行えますよ!

一次面接や二次面接がまだの方や三次面接と比較したい方は下の記事で紹介しているので確認してみてください。

【1次面接突破】意識するポイント2つとよくある質問4選と対策

2020.06.08

一次面接と何が違うの?二次面接を通過する3つのポイントを紹介!

2020.04.17

1.三次面接で意識する2つのこと

三次面接の通過率がどれくらいあるのか意識する人は多いです。

三次面接の通過率については、意見がわかれることも多く、本当の通過率についてはあまり知られていません。

通過率を知っておくことも大切ですが、それ以上にしっかりと対策をしてから臨むことが大切です。

通過率が高かろうが低かろうが、準備不足では不合格になる可能性があるので三次面接に向けて準備は怠らないようにしましょう。

そこで通過率よりも意識してほしいことが2つあります。

  1. 志望度の高さを示す
  2. 入社後をイメージする

この2つの事について詳しく解説するので意識して三次面接に臨みましょう。

(1)志望度の高さを示す

1つ目は志望度の高さを示すことを意識することです。

一次面接では優秀な学生を通過させ、高次になればなるほど志望度の高さをチェックされます。

なぜここまでして「志望度の高さ」をチェックしているのか、その理由は、志望度の高さから「入社後に活躍が見込めるか」どうかを判断しているからです。

企業は採用活動に膨大なお金と時間をかけているため、「ここまでのかけたのだから企業のためになる人が欲しい」と思っています。

そしてそれらを評価する具体的な指標こそが、志望度の高さになります。

例えば志望度が高ければ企業への理解も深いですし、企業への愛も感じられて企業への愛情が深い人は「企業のため」に働いてくれるため、入社後も活躍が見込めます。

三次面接では役員や社長など、会社の経営に大きく関わる人物が面接官を務める場合が多いので特に入社後の活躍について厳しくチェックしています。

そのため、一次面接から重要視されている「志望度の高さ」を三次面接でも再度確認されるので意識しましょう。

(2)入社後をイメージする

2つ目は入社後をイメージすることです。

三次面接では一次面接や二次面接で聞かれる質問に加え、より深く応募者を理解し見極めるために、「入社後のキャリアビジョン」について質問してくることが多く、入社後のイメージを準備しておく必要があります。

「将来どのような仕事をしたいですか?」「ご自身のキャリアビジョンをお聞かせください」などの質問に対する基本的な回答は、求人情報やこれまでの面接から期待されている仕事を想定して「求められている職務を遂行したうえで、5年後、10年後には可能であれば〇〇にチャレンジしていきたい」と答えられるよう準備しておきましょう。

例えば経理職に応募する場合は、「財務や経営企画などにも挑戦していきたい」と関連性のある職種に広げていく回答や、募集職種を極めて「部門をまとめる仕事や部下の指導も行いたい」という回答も検討してみてください。

「10年後のことなんてイメージできない」という方も、5年後くらいであれば、募集職種の仕事から考えられるはずです。

そのため、具体的にあなたの中で将来のイメージを固めて三次面接に臨むことを意識しましょう。

2.三次面接でよく聞かれる3つの質問

三次面接になると二次面接と質問される内容が変わってきます。

三次面接を通過するためにも良く聞かれる質問を知って対策を行いましょう。

  1. なぜその企業なのか
  2. 内定を出したら他者を辞退するのか
  3. 入社後に成し遂げたいこと

特に聞かれる3種類の質問に着目して紹介していきます。

(1)なぜその企業なのか

良く質問される内容の1つ目はなぜその企業なのかです。

この質問は一次面接から聞かれている内容になってくるので、重要になってきます。

一次や二次面接とは違う面接官が担当するので改めて聞かれるという形になります。

基本的にはこれまでに回答してきた内容でいいですが、他社競合との差別化に意識して回答を考えるとより良い回答になります。

例えば「御社は〇〇企業と違って従業員一人一人に対して親身になって考えてくるところに惹かれました。」というように他社との比較で内容を掘り下げましょう。

そのためには企業研究が欠かせません。

企業研究を行い、なぜあなたがその企業を選んだのか明確にしていきましょう。

下の記事で企業研究について詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

【できる就活生はやっている】企業研究ノートの作り方

2020.04.16

(2)内定を出したら他社を辞退するか

良く質問される内容の2つ目は内定を出したら他社を辞退するかです。

三次面接は採用に直結することも多いため、他社の選考状況を聞かれるが多いです。

他社の選考状況を聞く理由はさまざまですが、その企業が第一志望であればキッパリと他社を辞退できると伝えましょう。

もし、その企業が第一志望以外であっても辞退できることを伝えましょう。

濁してしまったり、正直に第一志望ではないと言ってしまうと面接官にあまりよくは思われません。

たとえ、面接で「入社します」と言っても、必ずしも入社しなければいけないというわけではないのです。

また、企業も面接では「入社します」と答えたものの、のちのち辞退されるという経験をたくさんしていますし、「面接では入社すると言ったのになぜ入社しないんだ」だと言ってくる企業もほとんどないので、安心してください。

期限やルールを守ったうえでなら内定を辞退しても問題ないので、「ウソをつくのに後ろめたさがある」「のちのち内定を辞退するのが心苦しい」という人も、“今”その企業からの内定が欲しいのであれば、入社意思をハッキリと伝えましょう。

(3)入社後成し遂げたいこと

良く質問される内容の3つ目は入社後成し遂げたいことです。

三次面接では就職意欲が重要視して見られていますが、その有無を判断するために将来のビジョンが問われることは多いです。

入社後にやりたいこと、成し遂げたいことが明確に決まっている=企業に就職した後、仕事を通じて成長したいという気持ちが強いと判断してくれます。

なんとなくで入社してやりたいことが明確になければ本当にその企業で活躍してくれるのか面接官は不安になります。

例えば、〇〇の問題に取り組みたいや新規事業を立ち上げたいなどあります。

そのため、事前にその企業の仕事をくまなく知り、どんな仕事が自分に向いていそうか、やりたいと感じるかを考えておくことが大切です。

面接官に働く姿をイメージさせることができれば、高評価も獲得しやすいでしょう。

3.三次面接に備えた2つの対策

三次面接を通過して内定をもらうためにも対策は入念にする必要があります。

対策のやり方は人それぞれですが、ここでは効率の良い2つの対策方法を紹介します。

  1. OB訪問
  2. 一次・二次面接の反省を踏まえた練習

この2つの対策を行って三次面接に万全な状態で挑みましょう。

(1)OB訪問

1つ目の対策はOB訪問することです。

OB訪問では、自分が興味のある企業や業界で勤務している先輩を訪問し、実際の業界や仕事内容、社内の雰囲気などを教えてもらうことができます。

何よりも学校の先輩かつ企業の従業員である人なので、質の高い選考のアドバイスがもらえます。

社風の本質や、人間関係がどのように業務に活かされているのかまで従業員の生の声を対面して直接聞くことができるので、上辺だけで共感するのではなく、根本から知ることができます。

他にも、OB訪問では自分が社会人になるイメージを持つことができるため、働き方についても具体的な道筋が見えてきます。

他社競合との違いは、自分の知識で考えるよりも会社の中で働いている人に聞いた情報の方が有益になります。

OB訪問について詳しく知りたい方は下の記事で紹介しているので参考にしてください。

業界研究は本とOB訪問の合わせ技が重要!やり方を徹底解説

2020.04.12

(2)一次・二次面接の反省を踏まえた練習

2つ目の対策は一次・二次面接の反省を踏まえた練習です。

これまでに受けてきた面接の内容は重要です。

どのような質問にどのように答えたのか把握して、質問内容にどのような傾向があるのか探りましょう。

企業によってある程度傾向はあるので、その傾向を理解して対策をしましょう。

その上で、一次・二次面接で上手くいかなかったところを練習しましょう。

面接の練習方法について下の記事で紹介しているので参考にしてください。

効果的な面接練習方法4選!1人でも出来る方法・定番質問も紹介

2020.04.18

4.三次面接で落ちた可能性が高いケース

最後に三次面接で落ちたケースが高いケースを紹介します。

あくまでも必ず落ちるというわけではないので参考程度までに知っておきましょう。

  1. 面接時間が短い
  2. 不自然に褒められる

三次面接を終えて落ちたかもしれないという方はこの2つの場合に当てはまっていないか確認しましょう。

(1)面接時間が短い

1つ目は面接時間が短い場合です。

三次面接の段階では、選考人数が絞り込まれていることが多いため面接時間は長く取られることが多いです。

そのため、あまりにも短時間で面接が終了してしまうとダメだと感じてしまう人は多いでしょう。

面接時間が短いからといって、必ずしもダメになるわけではありませんが終了が早すぎる場合は評価が確定したと考えることが大切です。

面接の時間はあらかじめ設定されていますが、評価が確定し覆ることがないと判断されれば、その場で面接終了となることもあります。

不自然に早く終わるということはその段階で評価が決まったということなので、短時間で終わっても合格が確定したために面接を打ち切るということもあるので時間は気にしすぎないようにしましょう。

(2)不自然に褒められる

2つ目は不自然に褒められる場合です。

面接官にはさまざまなタイプがいて、厳格な雰囲気の人もいればフランクに接してくれる人もいます。

個人によってタイプは違っているものの、不自然なほど丁寧に対応された場合は不合格になったと感じる人が多いです。

丁寧な対応をされれば、一見評価がよいと思われがちですが必ずしもそうとは限りません。

不合格にしても企業のイメージを下げないために、あえて必要以上に丁寧な対応をするという企業は多いです。

三次面接まで残ったとなれば企業との関わりも深くなっており、印象も強く残っています。

不合格にしたことで、強く残った印象がマイナスに変わるのを恐れて、できるだけ丁寧に対応をします。

もとから丁寧な対応を心がけている企業も多いですが、過剰に褒めてくるときなどは注意が必要になります。

5.まとめ

三次面接まで来たからと言って油断は大敵です。

準備を怠っていたり、意欲のアピールが足りなかったりすると充分に不合格となる可能性もありえます。

最後まで気持ちを引き締めて、悔いのないように対策をして三次面接に臨みましょう。

最終面接の記事も併せて参考にしてみてください!

【就活生必見】最終面接(役員面接)の通過率を向上させる回答4選!

2020.04.17
スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。