【スマホでも大丈夫?】スマホでweb面接を受ける際の注意点3選!

スポンサーリンク

「パソコンを持っていないのだけど、Web面接ってスマホで受けても大丈夫?」
「スマホでWeb面接を受ける場合、機材などは揃えたほうがいいのだろうか…?」

これからWeb面接を受けようとしているあなたは、このような疑問を抱えているのではないでしょうか。

そこで今回はスマホでWeb面接を受けても大丈夫なのか、スマホでWeb面接を受けるための準備について解説します。

記事の後半では、スマホでWeb面接を受ける際の注意点を3つ取り上げているので、この記事を参考に辛い面接を一緒に乗り切っていきましょう!

ちなみに、Web面接に関する基本的な知識を身に着けたい方は、以下の記事がおすすめですよ。

【10分で読めるWeb面接完全攻略マニュアル】やり方・場所・服装と3つの注意点

2020.04.30

1.そもそもスマホでWeb面接で受けても大丈夫?

これからWeb面接を受けようとしている就活生からよく聞かれるのが、「スマホでWeb面接を受けても大丈夫かどうか」という疑問です。

結論から述べてしまうと、Web面接はスマホで受けても何ら問題ありませんが、より万全を期すならパソコンが好ましいと言えます。

というのも、スマホに比べてパソコンのほうが画質や音質、通信速度が安定しているからです。

つまり、スマホよりもパソコンのほうがトラブルに遭遇する率が圧倒的に低いわけですね。

とはいえ、就活生の方の中にはパソコンを所持していない方もいるでしょうし、事前準備さえしっかり行っていれば、そのデメリットも十分挽回できますよ。

2.スマホでWeb面接を受けるための準備

スマホでWeb面接を受けるための準備について解説します。

多くの場合、Web面接での失敗は「インターネット上で行うという気軽さ」から発生します。

そのため、Web面接を成功させるためには、対面式の面接と同じ緊張感を持ち続けることが何よりも大事です。

これを踏まえたうえで、必要な準備について確認していきましょう。

(1)まずは応募先企業がどのツールでWeb面接するのか確認!

スマホでWeb面接を受けるための準備1つ目は、応募先企業がどのツールでWeb面接するのか確認することです。

実は、一言でWeb面接と言っても、企業によって使うツールが違います。

具体的には、以下の3つが代表的です。

企業がよく使う面接ツール
  • Skype
  • Zoom
  • appear.in
こういったツールに関する指示は、事前に企業から送られてくるメールに記載されているので欠かさずチェックするようにしましょう。

ちなみに、この面接ツールの1つであるZoomについては以下の記事で取り上げているので、こちらも要チェックです!

(2)Web面接を行う場所を決める

スマホでWeb面接を受けるための準備2つ目は、Web面接を行う場所を決めることです。

Web面接を受けるうえで、場所選びは非常に重要だと言えるでしょう。

例えば、面接の最中に誰かの話し声が聞こえてきたり、回線が安定しなかったらりしたら、それだけで面接官の印象は悪くなってしまいますよね。

また、一般的にWeb面接を受ける場所は自宅が好ましいとされていますが、それもあくまでケースバイケースです。

実際に、毎日新聞が運営するビジネスサイト『経済プレミア』では、自宅でWeb面接を受けたことによる失敗談が報告されています。

そのため、安直に自宅を選ぶのではなく、条件に適している場所を選ぶのが好ましいですね。

ちなみに、自宅以外でWeb面接を受けられるおすすめスポットは、以下の記事で解説しています。

【自宅は危険?】Web面接を受けるのに最適な場所3選【背景も重要】

2020.04.24

(3)カメラやマイクの動作確認を行う

スマホでWeb面接を受けるための準備3つ目は、カメラやマイクの動作確認を行うことです。

パソコンとは違い、スマホにはカメラやマイクが標準装備されているため、これらの機材をわざわざ揃える必要はありません。

そのため、あたかもテレビ電話感覚でWeb面接に臨んでしまう方がいるのですが、こういった気の緩みが失敗を招いてしまうのです。

例えば、よくありがちなのがカメラ部分の汚れに気付かずに面接を始めてしまうことですね。

スマホはパソコンなどに比べると手で触れていることが多いため、指紋汚れが起きやすいです。

また、マイクの性能も決して優れているとは言えないので、可能ならばスマホ用カメラとマイクを別途用意するのがおすすめです。

(4)服装を整えて、いざ面接へ!

スマホでWeb面接を受けるための準備4つ目は、服装を整えることです。

服装に関するトラブルで特に多いのは、上半身だけスーツに着替えて、下半身はパジャマのままで面接を受けることでしょう。

場合によっては上手く乗り切れることもあるかもしれませんが、WEB面接に掛ける真剣さは対面式の面接と何も変わりません。

恥ずかしい思いをしないためにも髪型をしっかり整え、外出してもおかしくない恰好で面接に臨みましょう。

3.スマホでWeb面接を受ける際の注意点3選

スマホでWeb面接を受ける際の注意点3選を紹介します。

Web面接は従来の対面式面接よりも気軽に受けられるのがメリットですが、それゆえ通常では起こりえないようなトラブルが発生しやすいです。

ちょっとしたミスを起こさないためにも、これらの注意点を踏まえたうえで面接に臨んでくださいね。

(1)スマホを手で持つのは絶対NG!固定する際はスタンドを使おう

スマホでWeb面接を受ける際の注意点1つ目は、スマホを手で持たないことです。

スマホでWeb面接を受ける方の中には、まれに手でスマホを持って受けようとする方がいます。

しかし、この状態では角度が安定しないばかりか、手ブレのせいで面接官が画面酔いしてしまう恐れすらあります。

こういった事態を避けるためにも、面接を受ける前にスマホを固定するためのスタンドを用意するようにしましょう。

ちなみに、カメラの位置は目線と同じ高さに設置すると、上目遣いや伏し目がちになりにくいですよ。

(2)アカウント画像はきちんとしたものに変更!

スマホでWeb面接を受ける際の注意点2つ目は、アカウント画像をきちんとしたものに変更することです。

先ほど、Web面接用のツールとしてSkypeやZoomを挙げましたが、これらはいずれもアカウント画像の設定が可能です。

しかし、問題なのはこのアカウント画像にプライベート写真やプリクラ、アニメ画像を設定してしまうことですね。

もちろん、こういった画像を設定しているからといって即座に面接に落ちるわけではありませんが、やはりビジネスマナーという観点ではあまり好ましくありません。

こういった細かなところで損をしないためにも、アカウント画像はなるべくスーツ姿を載せるのが良いでしょう。

(3)バックグラウンドアプリや通知音に注意!

スマホでWeb面接を受ける際の注意点3つ目は、バックグラウンドアプリや通知音に注意することです。

通常、面接を受ける際はスマホの電源を切るのが鉄則ですが、スマホでweb面接を受ける場合はそうもいきません。

そこで発生しやすくなるのが、アプリの通知音です。

当然、面接中にアプリの通知音が鳴ったら面接官の印象が極めて悪くなるので、必ず通知音や着信音が設定しておきましょう。

また、誤動作を防ぐために、バックグラウンドアプリも閉じてくださいね。

Web面接の突破には、自己分析が必須

Web面接は、会話に遅延が出て、一問一答形式になりがちで、ミスが挽回しにくいです。一度の説明で上手に自分のことを説明しきる必要があります。

自分の事を上手く説明するには、綿密な自己分析が必須です。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用してみましょう。My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・性格のタイプを診断できます。

My analyticsを活用して、自分自身を深く理解し、Web面接を突破しましょう。

4.まとめ

この記事では以下の内容について解説してきました。

まとめ
  • スマホでWeb面接で受けても大丈夫かどうか
  • スマホでWeb面接を受けるための準備
  • スマホでWeb面接を受ける際の注意点3選
基本的に、スマホでWeb面接を受けること自体は何ら問題ありません。

しかし、パソコンに比べると注意しなくてはならない点が多いため、事前準備はしっかり行ってくださいね。

なお、「Web面接で気を付けることについては分かったけど、肝心な面接のコツも知りたい!」という方は、以下の記事がおすすめですよ。

効果的な面接練習方法4選!1人でも出来る方法・定番質問も紹介

2020.04.18
スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。