• HOME
  • ブログ
  • 面接
  • 【10分で読めるWeb面接完全攻略マニュアル】やり方・場所・服装と3つの注意点

【10分で読めるWeb面接完全攻略マニュアル】やり方・場所・服装と3つの注意点

スポンサーリンク

「Web面接を受けることが決まったのだけど、何を準備すればいいのかな?」
「Web面接を受けるときの場所や服装ってどうすればいいのだろう…?」

これからWeb面接を受けようとしているあなたは、右も左も分からずに困っているのではないでしょうか?

そこで今回は初めてWeb面接を受ける就活生の方向けに、流れや場所、服装について細かく解説します。

記事の後半ではWeb面接を受ける際の注意点を3つ取り上げているので、この記事を参考に万全の体制で面接に臨みましょう!

なお、「Web面接だけでなく、Web説明会についても知りたい!」という方は以下の記事がおすすめです。

【就活】WEB説明会って?メリット・デメリットまで徹底解説!

2020.04.15

1.そもそもWeb面接とは?Web面接の流れを紹介!

Web面接とは、その名の通りオンライン上で行われる採用面接のことです。

従来の日本の採用面接は、就活生が企業に直接足を運ぶ対面式が主流でしたが、これは地方に住む就活生にとって極めて不利な方式でした。

そこで登場したのが、Web面接です。

Web面接はわざわざ外出せずとも採用面接が受けられるため、特に地方在住者にとっては有難い存在だと言えるでしょう。

しかも、「コロナウイルスの感染拡大による外出自粛」という時勢と上手く噛み合っており、今後は対面式に取って代わると考えられています。

そんなWeb面接は、以下の流れによって行われます。

Web面接の基本的な流れ
  • ステップ1:ツールをインストールしてアカウント作成
  • ステップ2:面接を受ける場所を決め、必要な機材を揃える
  • ステップ3:当日に企業からメールが送られてくるので、その指示に従う
  • ステップ4:身なりを整えていざ面接へ
これを見れば分かる通り、ツールや機材を用意すること以外は、通常の面接と何も変わりません。

むしろ、従来の面接と比べると時間や金銭のコストがぐっと下がっているので、何かと忙しい就活生にこそおすすめしたい面接方式ですね。

2.スマホでもOK!Web面接を受ける際に必要となるものを紹介!

Web面接を受けるのに必要なものは、パソコンで受けるかスマホで受けるかによって大きく異なります。

そのため、まずはどの媒体でWeb面接を受けるのかを決めましょう。

それぞれの媒体のメリット・デメリットは以下のようになっています。

パソコン スマホ
メリット
  • 画質・音質・通信速度が安定している
  • 画面が見やすい
  • 手軽にセッティング可能
  • 自宅以外でも面接を受けやすい
デメリット
  • カメラやマイクなど用意するものが多い
  • 自宅以外では使いにくい
  • キーボードやマウスの音に気を遣う必要がある
  • 通信速度が安定しない
  • ラインなどの通知音が流れてしまうことがある
  • 画面が見づらい
  • 画角が狭いため、顔だけしか映らないことがある

基本的には通信速度が安定しているパソコンが好ましいですが、しっかり事前準備さえ行えばスマホでもまったく問題ありません。

それでは、これらのメリットとデメリットを踏まえたうえで、Web面接を受ける際に必要となるものを確認しましょう。

(1)パソコンで受ける場合はカメラやマイクが備わっているか確認

パソコンWeb面接を受ける場合、まず手元のパソコンにカメラやマイクが備わっているか確認する必要があります。

もし、備わっていない場合はこれらを別途用意しましょう

ちなみに、商品の性能にもよりますが、PC用マイクの相場は3,000円前後、Webカメラの相場は2,000円前後となっています。

もし、「ちょっと高いな…」と感じる方は、カメラやマイクを貸し出しているネットカフェのほうが安く済みますよ。

(2)スマホで受ける場合は固定するためのスタンドを用意

前述のパソコンとは違い、スマホにはカメラやマイクが標準搭載されているため、これらを別途用意する必要はありません。

その代わり、こちらではスマホを固定するためのスマホスタンドが必要不可欠です。

まれに、スマホを壁に立てかけてWeb面接を受けようとする人がいますが、これではカメラの角度が調整できないうえ、万が一倒れた際に面接官を不快にしてしまいます。

こうなってしまっては、せっかくのWeb面接が台無しですよね。

他にも、スマホには注意すべきポイントがいくつか存在するので、気になる方は以下の記事をチェックしてくださいね。

【スマホでも大丈夫?】スマホでweb面接を受ける際の注意点3選!

2020.04.24

3.Web面接を受ける場所は自宅でOK!ただし環境によっては別の選択肢も

基本的に、Web面接を受ける場所は自宅で問題ありません。

しかし、家の環境や条件によっては、別の場所で受けたほうがよい場合もあるので注意しましょう。

特に多いのが、同居している家族の話し声や生活音が聞こえてしまうというケースです。

実際に、毎日新聞が運営するビジネスサイト『経済プレミア』では、自宅でWeb面接を受けたことによる失敗談が数多く報告されています。

つまり、よく検討もしないで安直に自宅を選ぶのは好ましくないということですね。

ちなみに、自宅以外でWeb面接を受ける場所としては、以下の3つが好ましいとされています。

自宅以外でWeb面接を受けるのに最適な場所
  • 個室のネットカフェ
  • 大学
  • ホテル
この理由は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてチェックしましょう。

【自宅は危険?】Web面接を受けるのに最適な場所3選【背景も重要】

2020.04.24

(1)Web面接では背景に何も映らないことが重要!

Web面接を受ける場所を決めるうえで、忘れてはならないのが背景です。

実は、背景はWeb面接において最も見落としやすいポイントで、チェックを怠ったせいで面接官に悪印象を与えてしまう方が数多くいます。

特に多いのが、背景の壁紙が汚れていること、部屋の隅に脱ぎっぱなしの服や洗濯物が映り込んでいることです。

こういった事態を防ぐためにも、Web面接を受ける前のカメラチェックは念入りに行ってくださいね。

4.Web面接の服装はスーツが基本!

Web面接を受ける際の服装は、原則としてスーツが好ましいです。

これは企業側が服装に関して何らかの指示を下していた場合も例外ではありません。

実際に、大手就職サイト『リクナビ』アンケートによると、「服装自由」と指定した人事担当者の55.6%がオフィスカジュアルを、42.7%がスーツを想定していると解答しています。

また、同アンケートでは、「私服でお越しください」と指定した人事担当者の65.3%がオフェスカジュアルを、35.6%が私服を想定していると解答しています。

つまり、企業側から服装に関する指示があっても、スーツを着ていけばまず問題は起こらないということですね。

こういった服装のお悩みについては、以下の記事でも解説しているのでこちらも要チェックです!

【これで解決!】インターンシップの正しい服装と選ぶ際の注意点3つ

2020.06.10

5.Web面接でよく使われるツール3選!

Web面接でよく使われるツールについて解説します。

紹介するのは以下の3つです。

Web面接でよく使われるツール
  • Skype
  • Zoom
  • Whereby(旧appear.in)
この中で、特に使われる機会が多いのがSkypeとZoomです。

いずれも基本利用料は無料なうえ、設定も非常に簡単なので、これからWeb面接を受ける方はツールの使い勝手を把握しておきましょう。

(1)Skype

Web面接でよく使われるツール1つ目は、全世界で3億人以上ものユーザーを抱えているSkypeです。

こちらは、誰もが1度は使ったことがあるツールなのではないでしょうか。

Skypeはオンライン通話やチャットに対応している無料コミュニケーションツールで、iPhone版がリリースされた2010年以降、日本人の間でも広く親しまれるようになりました。

こちらの特徴は、何と言っても初期設定が容易であること、会議通話やテレビ電話などWeb面接に必要な機能が一通り揃っていること、セキュリティ機能が万全であることでしょう。

その利便性の高さから導入している企業が非常に多いため、Web面接を受ける前にあらかじめダウンロードしておきたいところですね。

サービス名 Skype
企業名 Microsoft Corporation
登録方法 パソコンからの無料会員登録はこちらから
iPhone版はこちらから
android版はこちらから
公式サイト 公式サイトはこちらから

(2)Zoom

Web面接でよく使われるツール2つ目は、Web面接の流行とともに一般人にも注目されるようになったZoomです。

Zoomは2013年にリリースされたオンライン会議用ツールで、主にビジネスで役立つ機能が数多く搭載されています。

その最たる例が、自分のパソコンやスマホの画面をそのまま相手にも映し出す高度な画面共有機能です。

また、Zoomにはテキスト入力や図形挿入が互いに行えるホワイトボード機能も搭載されており、ビジネス向けコミュニケーションツールに求められていた双方向性がより強化されています。

そのため、導入している企業は非常に多く、実際にMMD研究所が行ったアンケート『在宅勤務がきっかけで導入したITツールランキング』によると、Skypeに次ぐ第2位にまで上り詰めています。

このZoomについては以下の記事でも取り上げているので、こちらもあわせてチェックしてくださいね。

ZoomのWeb面接は事前準備がすべて!面接を成功させるポイントとは?

2020.04.24
サービス名 Zoom Cloud Meetings
企業名 Zoom Video Communications
登録方法 パソコンからの無料会員登録はこちらから
iPhone版はこちらから
android版はこちらから
公式サイト 公式サイトはこちらから

(3)Whereby(旧appear.in)

Web面接でよく使われるツール3つ目は、ブラウザ完結型という手軽さが魅力的なWherebyです。

Wherebyは、元々appear.inという名称で展開されていたWeb会議用ツールで、特に少人数でのミーティングが多い中小企業に好まれています。

その特徴は、1度発行した会議用URLを半永久的に利用し続けられること、ユーザー登録を行っていなくともWeb面接に参加できることです。

特にユーザー登録が不要という点は、何かと忙しい就活生にとっては非常にありがたい限りですね。

サービス名 Whereby(旧appear.in)
企業名 株式会社Hashikake
登録方法 パソコンからの無料会員登録はこちらから
iPhone版はこちらから
android版はこちらから
公式サイト 公式サイトはこちらから

6.Web面接を成功に導くためには?Web面接を受ける際の注意点3選

Web面接を受ける際の注意点3選を紹介します。

Web面接は外出せずとも受けられるという性質上、どうしても気が緩んでしまいがちですが、その真剣さは通常の面接と何も変わりません。

それを踏まえたうえで、緊張感を持ってWeb面接に臨んでくださいね。

(1)マナーは通常の面接と同じ!挨拶やお礼は元気に!

Web面接を受ける際の注意点1つ目は、挨拶やお礼を元気に行うことです。

これは特に、自宅でWeb面接を受けようとしている方に気を付けてもらいたいことですね。

というのも、自宅に家族がいると「家族に自分の大声を聞かれるのが恥ずかしい…」と考えてしまい、元気な声で挨拶しにくくなってしまうからです。

また、Web面接を受ける方の中には、自宅にいるという気の緩みから挨拶やお礼を忘れてしまう方もいます。

他にも、髪型やネクタイの位置など守らなくてはならないマナーは数多くあるので、これらを忘れがちな方は以下の記事をチェックしてくださいね、

【面接マナー】新卒就活での最低限のマナー5つと好印象を与えるコツ

2020.06.09

(2)カンペはNG?アイディアによっては利用可能!

Web面接を受ける際の注意点2つ目は、カンペの利用についてです。

Web面接では原則としてカンペがNGとされています、だからといって明確に禁止されているわけではありません。

そのため、「喋る内容がどうしても記憶できなくて当日が不安だ…」という方は大いに利用しましょう。

おすすめな方法はカメラの直線上にカンペを設置することで、こうすることにより目線を動かすことなく内容をチェックできますよ。

(3)面接を受ける前にネット・カメラ・マイクをチェック

Web面接を受ける際の注意点3つ目は、面接に入る前にネット・カメラ・マイクをチェックすることです。

Web面接において機材の不調は最も発生しやすいトラブルの1つで、その多くは事前チェックを怠ったことにより発生しています。

しかも、面接官もそういった傾向を理解していますから、何らかのトラブルが起きただけで「準備不足」や「トラブルへの対応力が低い」という評価が下されてしまうのです。

こういった詰まらないことで面接官に悪印象を与えないためにも、事前チェックは欠かさず行うようにしましょう。

Web面接の突破には、自己分析が必須

Web面接は、会話に遅延が出て、一問一答形式になりがちで、ミスが挽回しにくいです。一度の説明で上手に自分のことを説明しきる必要があります。

自分の事を上手く説明するには、綿密な自己分析が必須です。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用してみましょう。My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・性格のタイプを診断できます。

My analyticsを活用して、自分自身を深く理解し、Web面接を突破しましょう。

7.まとめ

この記事では以下の内容について解説しました。

まとめ
  • そもそもWeb面接とは何か
  • Web面接を受ける際に必要となるものを紹介!
  • Web面接を受ける場所
  • Web面接の服装
  • Web面接でよく使われるツール3選
  • Web面接を受ける際の注意点3選
初めての方にとって、Web面接は分からないことばかりでしょう。

しかし、実際にやることは通常の面接と何も変わりません。

大切なのは自分の魅力をしっかりアピールし、企業への熱い思いを伝えることです。

これからWeb面接に挑戦する方は、くれぐれも面接の本質を忘れないように気を付けてくださいね。

もし、面接の本質を見失いかけてしまっている方は、以下の記事がおすすめですよ。

面接対策本おすすめ3選!インプットとアウトプットで面接突破

2020.06.12
スポンサードリンク

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。