営業職に就くために有効な志望動機とは?内定を勝ち取る5つの理由!

スポンサーリンク

「将来は営業職に就きたい!」
「でも営業職に有効な志望動機の書き方がわからなくて困っている」

このように、将来は営業職に就きたいが、正直営業職向けの志望動機の書き方がわからず困っているという方は多いでしょう。

実は、志望動機に組み込むことで良い印象を与えられる5つの志望理由が存在し、それを上手く活用することで内定にグッと近づくことができるのです!

この記事では企業に他の学生とはひと味違うと思わせるための志望動機作成の志望理由について、また営業職の内容について紹介します。

この記事を読んで営業職のニーズを理解し、企業が求める存在に近い志望動機を作成しましょう!

1.そもそも志望動機とは

志望動機とは、なぜその会社に入って働きたいのかアピールするためのポイントです。

志望動機は自己PRと違って学生によって志望理由が異なり、差がつきやすくなっています。

企業について学んでおかなければ具体的な動機をアピールすることは難しく、面接官からすれば企業に対してどのくらい想いが強いのか計るための重要な指針ともなるのです。

他の学生と差をつけて内定を勝ち取るためにも、具体的で魅力的な志望動機を書けるようになりましょう。

志望動機の書き方については別の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

【新卒必見】志望動機の書き方はフレームワークを使って効率的に行おう

2020.03.13

2.営業職の志望動機で求められること

営業職の志望動機で求められることについて紹介します。

営業職の志望動機には、具体的にどういった経緯があって営業職に就きたいのかという理由が求められます。

そのため、過去の経験から自分を採用することのメリットを具体的にアピールすることが大切です。

企業が行っている戦略やサービスをよく理解した上で、根拠に基づいた動機を作成できるようにしましょう。

以下の5つが志望動機で求められやすい志望理由です。

求められやすい志望理由5つ
  1. 販売する熱意
  2. 顧客に貢献する意志
  3. 結果に責任を持つ
  4. 聞き上手
  5. 臨機応変な対応

1つずつ紹介します。

なお、企業に自分を採用してもらうためには自己PRも大切なので、自己PRの書き方も紹介しています。

【就活攻略】自己PRの効率的な書き方を徹底解説!自己PRがない人必見!

2020.03.13

(1)販売する熱意

志望動機で求められやすい1つ目の理由は、販売する熱意です。

商品を売ることで数字に見える結果を得たい、顧客のニーズを理解し、それぞれの顧客に沿った提案をしたいなど、自社の商品を販売することへの熱意を語ると面接官に想像を膨らませることができます。

企業がどのような業界で、どんな顧客に対しどんな販売を行っているのか事前にリサーチし、自分が業界で何を出来るのか具体的にアプローチするようにしましょう。

販売への熱意を伝えることで、営業職を任せられる信頼感を手に入れてください。

(2)顧客に貢献する意志

志望動機で求められやすい2つ目の理由は、顧客に貢献する意志です。

商品を販売して顧客に満足してもらいたい、顧客が喜ぶ姿を見るのにやりがいを感じたいなど、顧客に対しての想いを伝えましょう。

営業とは販売相手がいないと成立しない仕事なので、どれだけ顧客を大切に思っているか、どれだけリスペクトしているかを伝えることは大切です。

また、自分が提案したことによって、顧客のQOL(Quality of Life:人生の質)やワーキングライフの向上に貢献したいという想いも営業職を行うにあたって大切なポイントとなってきます。

自らが出向き直接的に顧客の役に立ちたいという想いは、企業からすればこの人に営業職として働いてほしいと感じる一つの要素です。

(3)結果に責任を持てるか

志望動機で求められやすい3つ目の理由は、結果に責任を持てるかということです。

営業職は良くも悪くも自分の働きが直接目に見え、結果が表れます。

そのため、結果が出た後も責任を持って行動できるか、またどのような形で責任を取れるかアピールすると、目の前のことだけではなく全体のことも考えることができる人だと知ってもらうことができるわけです。

例えば営業成績が悪かった場合に自分の販売意欲が低かったことを素直に認めて反省し、次回以降の売上に貢献する等です。

誰かに任せっきりにはせず、自分の力で解決できる力があるということを伝えるようにしましょう。

以下の記事で責任感があることをアピールする方法を説明しているので、参考までに読んでみてくださいね。

【3つの例文で解説】自己PRで「責任感」をアピールするコツとは?

2020.06.12

(4)聞き上手

志望動機で求められやすい4つ目の理由は、聞き上手であることです。

聞き上手な人は営業職に向いていると言われますが、志望動機でもこの部分はアピールできると良いでしょう。

顧客のニーズを引き出し、適した商品や情報を提供するには聞き上手であることが大切なポイントです。

自分の性格をいかに仕事にも活かせるか、業界の動向などを絡めながらもアピールするようにしましょう。

(5)臨機応変な対応

志望動機で求められやすい5つ目の理由は、臨機応変な対応ができることです。

どんな仕事においても臨機応変さは必要ですが、顧客と対面して仕事を進めることも多い営業職では特にこのスキルが求められます。

対面で話が進んでいくため、その時々にあった対応をする必要があり、顧客や営業内容に対してのアドリブ力や柔軟性は大切な要素となるでしょう。

また時代の流れに沿った営業活動を行ったり、トラブルに出くわした際などにも柔軟な発想が必要です。

物事をいろいろな角度から見ることができる能力を、営業職で十二分に発揮したいということをしっかりアピールするようにしましょう。

志望動機ジェネレーターを活用しよう

営業職の志望動機を作成する際、なかなか良い内容が思い浮かばない人も多いはず。

そこで活用したいのが「志望動機ジェネレータ」です。簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、採用される志望動機を効率的に完成させましょう。

3.志望動機を書く前に確認したい2つのポイント

志望動機を書く前に、ぜひやってほしい2つのポイントが存在します。

これを行うだけで企業に対しての本気度をよりアピールでき、内定へ近づくことが可能です。

忘れずに行い、志望動機をより具体的な内容に変化させましょう。

以下の2つが志望動機を書く前に行ってほしいポイントです。

書く前に確認したいポイント2つ
  1. 企業のHPを見よう
  2. 社員紹介から共通の価値観を見出そう

1つずつ紹介します。

(1)企業のHPを見よう

志望動機を書く前に行ってほしい1つ目のポイントは、企業のHPを見ることです。

面接の準備期間などに志望先のHPを見ることで、その会社の理念や価値観、キーワードなどを確認することができます。

そういったキーワードや考え方を志望動機を書く際に参考にすると、企業が考えていることと志望動機が一致し、内定へ近づく第一歩になるのです。

HPで確認した企業としての考え方を把握し、自分も同じような考えを持っていることをアピールすることで、営業職への本気度を伺わせることができるでしょう。

(2)社員紹介から共通の価値観を見出そう

志望動機を書く前に行ってほしい2つ目のポイントは、社員紹介から共通の価値観を見出すことです。

先ほどHPを見ることで企業の理念や考え方を確認できると説明しましたが、同じように社員紹介からも同じことを読み取ることができますよ。

既に志望先で働いている社員は、会社の理念や価値観が反映された考えを持っています。

その考えを知り、企業が目指していることを知ることで、企業が求めていることを練り込んだ志望動機を作成できるようになるでしょう。

例えばどの社員も新規事業に対して積極的に挑戦しようとする姿勢を持っている場合、志望動機として新規性を大切にしたい旨を書けば好感を持たれるでしょう。

HPから共通の価値観を見出し、企業が求めていることを把握してから志望動機の作成に移ることをおすすめします。

4.営業職のやりがい

営業職のやりがいについて紹介します。

どんな仕事にもやりがいがなくては長続きしません。

また、志望動機にもどのような形でやりがいを感じたいのか記載することで、仕事に対してどのくらいの想いを持っているのか測ることができます。

営業職ならではのやりがいも含めて紹介するのでご覧ください。

以下の3つが営業職の主なやりがいです。

営業職のやりがい3つ
  1. 達成感が得られる
  2. 顧客に感謝される
  3. 大きく稼げる業界もある

1つずつ紹介します。

(1)達成感が得られる

営業職の1つ目のやりがいは、達成感が得られることです。

営業職は自分自身で直接顧客に対応することが多い仕事です。

その為、結果が目に見えた時などには、他には変えられない達成感を得ることができるでしょう。

また、自分の成長や結果が可視化されやすい仕事でもあるので、自分次第で大きな喜びを得られることもあります。

自ら得た達成感が更なる向上へと繋がる営業職は、人の喜びに携わることができる仕事です。

(2)顧客に感謝される

営業職の2つ目のやりがいは、顧客に感謝されることです。

営業職は自ら顧客に対応し、トラブルの解消や目的の達成に携わることで顧客から感謝してもらえる職業です。

前述した達成感を得ることにも繋がりますし、今後のモチベーションにも関わります。

営業職は決して簡単に目的を達成できる仕事ではありませんが、役に立てることの素晴らしさを感じられる職業の1つでしょう。

(3)大きく稼げる業界もある

営業職の3つ目のやりがいは、大きく稼げる業界もあることです。

給与は働く上でモチベーションを保つための1つのポイントですが、営業職では業界によってはかなりの給与を貰える可能性があります。

特にインセンティブ制度を取り入れている企業は多く、営業の成績によっては多額の報酬が貰える場合もあるでしょう。

自分の頑張りがそのまま給与に反映されるため、モチベーションを保ちやすくもあります。

大きく稼ぐためには、営業職に就いて働いてみるのも良いかもしれません。

5.営業職に向いている人の特徴

営業職に向いている人の特徴について紹介します。

営業を行うにあたり、高い対話能力は大切なスキルです。

志望動機や自己PRの際は、こういった能力を絡めて自らをアピールできると良いでしょう。

以下の6つが営業職に向いている人の特徴です。

営業職に向いている人の特徴6つ
  1. コミュニケーション能力がある
  2. 自己アピールが得意
  3. かわいがられやすい
  4. 狭く深く営業できる
  5. 物怖じせず行動できる
  6. 顧客に気遣いができる

1つずつ紹介します。

(1)コミュニケーション能力がある

営業職に向いている1つ目の特徴は、コミュニケーション能力があることです。

営業スタイルにもよりますが、顧客と直接会話して商品を販売する営業職ではコミュニケーション能力の有無は大きな差となります。

コミュニケーション能力に自信があると、自分から積極的に商品を勧めたり、顧客に対してより適した対応が可能になりやすいので、このスキルが高いと企業からも重宝されるでしょう。

自信のある方は、志望動機に自身のコミュニケーション能力について練り込んでみてはいかがでしょうか?

(2)自己アピールが得意

営業職に向いている2つ目の特徴は、自己アピールが得意なことです。

自社の商品のメリットを伝える際、自己アピールが得意だと商品の良さがより伝わるようなプレゼンが可能になるでしょう。

自分、そして自社の商品に自信を持って顧客に対応することで、顧客に良い印象を与えることができ、営業の成功に近づきます。

多くの人にアピールして業績をアップさせるには、良い意味で自ら目立つことが大切なポイントになります。

(3)かわいがられやすい

営業職に向いている3つ目の特徴は、かわいがられやすいことです。

ケースにもよりますが、顧客や取引先の人からかわいがられることで、営業をスムーズに行える場合があります。

もちろん、性格だけで業績をアップさせられるほど甘い世界ではありませんが、かわいがられる性格だと多少の失敗も許容されやすくなり、商品を買ってくれる可能性があるのです。

かわいがられやすく人懐っこい方は、自らの長所を活かして営業の世界に飛び込んでみるのも良いかもしれません。

(4)狭く深く営業できる

営業職に向いている4つ目の特徴は、狭く深く営業できることです。

なぜ狭く深くなのか疑問に思う方も多いと思いますが、狭く深く営業することで、より深く信頼が固い関係を築くことができます。

良い信頼関係が築ければ築けるほど、信頼性の高い縁が広がっていくでしょう。

信頼性の高い相手には大きな仕事も任せやすいので、結果的に業績の向上にも繋がります。

時間はかかりますが、狭く深い関係性を築けるような方は営業職に向いていると言えるでしょう。

(5)物怖じせずに行動できる

営業職に向いている5つ目の特徴は、物怖じせずに行動できることです。

営業はアポイントメントを取ってから話しが進んでいく場合もあれば、飛び込みでいきなり初対面の方へ商品を勧める場合もあります。

物怖じしない性格だと、そのような場面でも自ら行動することができるので、営業職には向いていると言えるでしょう。

#1:好奇心旺盛

好奇心旺盛な性格は、営業職に向いていると言えるでしょう。

顧客の様々なニーズに応えるためには、自分の専門外のことについても多少知っておくと良い交渉に繋がる場合もあります。

勤勉で学ぶことが楽しいと感じる性格だと、時代や状況によって変わっていく業界の動きに着いていくことができるでしょう。

自己PRで好奇心の強さをアピールする方法を以下の記事で紹介しているので、一度読んでみてください。

【例文付き】自己PRで好奇心をアピールするテクニックと注意点を紹介

2020.06.09

#2:チャレンジ精神がある

業種上失敗の方が多くなってしまう営業職ですが、チャレンジ精神を持っていることで次の営業へ活かすことができます。

プレゼンに工夫を加えたり新たな営業先を見つけたりと、失敗もすべて自分の糧にするくらいの気持ちで仕事に挑めると、業績の向上も望めるでしょう。

強いチャレンジ精神を持って営業に飛び込むことが成約への第一歩です。

チャレンジ精神があることを積極的にアピールするためには、以下の記事も参考になります。

チャレンジ精神を効果的に自己PRするには?例文と注意点を踏まえて解説!

2020.06.13

#3:しつこく食い下がる

しつこく食い下がることができると、成約に近づくことがあります。

顧客に拒否されても何とか相手を説得し、成約をつかみ取るメンタルの強さは営業職に向いています。

あまりにもしつこいと相手を怒らせてしまい、今後の関係が悪化する場合もあるので引き時には注意するようにしましょう。

(6)顧客に気遣いができる

営業職に向いている6つ目の特徴は、顧客に気遣いができることです。

顧客が求めているニーズを汲みとるという行為は、相手への気遣いの気持ちがなければ行えません。

相手の目線に立って物事を考えることで、相手の求めていることに気づくことができます。

思いやりを大切にし、相手を気遣うことで営業もスムーズに進行できるのではないでしょうか。

気配りができることを積極的にアピールすることは大切です。

そのためには以下の記事も参考になるので、ぜひ読んでみてくださいね。

【面接官の心を動かす】自己PRで気配りをアピールするコツと例文を紹介!

2020.06.13

6.営業職の種類

営業職の種類について紹介します。

同じ営業職でも複数種類が存在するので、業種によって志望動機も工夫するようにしましょう。

ここでは代表的な営業職の種類を紹介します。

以下の3つがこの記事で紹介する主な営業職の種類です。

主な営業職3種
  1. メーカー営業
  2. 代理店営業
  3. 商社営業

1つずつ紹介します。

(1)メーカー営業

営業職の1つ目の種類は、メーカー営業です。

メーカー営業とは、自社の商品を販売するための営業のことをいいます。

顧客に直接プレゼンしたり、自社の商品を使用している企業やメーカーなどを回って今後の契約をとったり、要望を聞いたりといった内容の業務を行います。

直接自社の商品を売り込むため、商品知識や質疑応答に対応できる知識が求められます。

(2)代理店営業

営業職の2つ目の種類は、代理店営業です。

自社の商品を販売する代理店の開拓や、代理店の営業支援などを主に行います。

代理店が行う営業に同行して営業サポートを行うこともあるので、販路を拡大したり人のサポートをしたいという方にはおすすめです。

(3)商社営業

営業職の3つ目の種類は、商社営業です。

こちらもメーカーの代わりに営業を行うことで報酬を得ます。

一般的に取り扱う商品の数が多いので、膨大な知識の量を求められるのが商社営業の特徴となるでしょう。

メーカーと顧客の間に立ち、橋渡しの役割を行うのでよりたくさんの人と関わる機会があり、業界を回しているという実感を得られるのではないでしょうか。

7.まとめ

この記事では、営業職に求められる志望動機について紹介しました。

一般常識から臨機応変な行動を起こせる柔軟な頭脳が営業職には大切です。

事前に準備を行い、企業の思いを汲みとってから志望動機の作成に取りかかると尚良しでしょう。

自分の能力でいかに営業活動の功績を上げられるかアピールし、企業から商品の販売を任せられる大切な役割として働いてみませんか?

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。