【できる就活生はやっている】企業研究ノートの作り方

スポンサーリンク

「企業研究のやりかたがわからない…」
「企業研究ノートの作り方も作らなきゃいけない理由もわからない…」

企業研究についてこのようなお悩みを持っていないですか?

実は企業研究ノートを作ることは内定を獲得するための近道です。

この記事では、効率よく企業を研究し、内定を獲得するための企業研究ノートの作りかたを紹介します!

この記事を読むことで、周りの友人よりも一歩内定に近づくことができます!

企業研究のやり方については以下の記事を参考にしてください。

企業研究のやり方徹底解説!ポイントを押さえて効率よく研究する方法とは?

2020.04.16

1.企業研究ノートの作り方

ここからは企業研究ノートの作り方について説明していきます。

具体的には以下の3つについてお話しします。

  1. 企業研究ノートとは
  2. 企業研究ノートにまとめるべき情報
  3. 企業研究ノートはドキュメントまたはWordを使うのがおすすめ

順番に説明します。

(1)企業研究ノートとは:就活情報を一元管理するもの

企業ノートとは各企業ごとの特徴などについてまとめたものです。

具体的には次のような情報を書き込んでいきます。

企業研究ノートにまとめる情報

1.WEBで調べた情報
2.説明会
3.OB訪問で得た情報

就職活動はやるべきことも沢山あり、集めるべき情報も膨大です。

あなたが一生懸命調べた情報も有効に使わなければもったいないです。

まずは、情報を有効に使うためにはきちんと整理し、活用できるようにまとめておく必要があります。

そのために必要なのが企業研究ノートです。

(2)企業研究ノートにまとめるべき情報

企業研究ノートに情報をまとめるときは2つの軸を意識しましょう。

1.会社を選ぶため
2.志望動機の材料集め

この軸を元に次のような情報をまとめておくと今後活用しやすくなります。

企業研究ノートにまとめる情報
  1. 業界の特徴・規模
  2. 業務内容・ビジネスモデル
  3. 経営理念・社風
  4. 今後の展望
  5. 求める人物像
  6. 待遇
  7. その他気になるポイント

それぞれ順番に説明します。

#1:業界の特徴・規模

あなたが興味をもった業界の特徴と規模についてまとめておきましょう。

見返した際に一目で業界の特徴を把握することができるからです。

また、企業の規模の大小による業務や担当範囲において、共通点が見つかったりすることがあります。

詳しくはこちらの記事で解説しているので合わせてご覧ください。

業界研究セミナーで他の就活生と差をつけるためのポイント4選!

2020.04.12

業界研究は本とOB訪問の合わせ技が重要!やり方を徹底解説

2020.04.12

#2:業務内容・ビジネスモデル

自分がその会社に入った場合、どのような業務を担当するのか簡単にでいいのでまとめておきましょう。

できるのではあれば、数年後のキャリアアップによる担当業務の変化なども記入できると尚良いです。

また、同じような会社であってもビジネスモデルが違うことはよくあります。

ビジネスモデルによっては将来性のあるものであったり、将来性の薄いものであったりすることがあるので調べることができればまとめておきましょう。

#3:経営理念・社風

経営理念や社風についてもまとめておきましょう。

就活時には、経営理念や社風についてあまり興味がない人もいるかもしれません。

しかし、実際に就職した後で、社風に馴染めなかったり、経営理念に共感できないという理由で退職してしまう人もいます。

自分の性格ややりたいことと、経営理念や社風が一致するかどうかを判断するためにも、記入しておくといいでしょう。

#4:今後の展望

希望している企業の今後の展望などをまとめておきましょう。

企業ごとのホームページなどを確認すると掲載されていることが多くあります。

なぜ今後の展望を知るべきかというと、あなたのキャリアに影響してくるからです。

あなたは〇〇という業務をやりたくてその企業に入社したとします。

しかし、企業の方針として今後は✖︎✖︎という業務に力を入れていくとしていた場合、望んでいたキャリアを歩けなくなる可能性があるからです。

#5:求める人物像

求める人物像についても理解しておきましょう。

そして企業の求める人物像と自分の性格が一致していない場合、慎重に行動するべきです。

なぜなら、入社した後に求められる内容がプレッシャーやストレスになる可能性があるからです。

自分の性格とマッチする企業があるかもしれないので、慎重に企業選びをしましょう。

#6:待遇

就職するからには待遇は重要視するべき点です。

たとえ、やりがいのある仕事であっても待遇が悪ければベストな働き方とは言えないでしょう。

反対に待遇が良くても、やりがいのない仕事であればそれも考えものです。

なので、ここでは自分なりの基準を設けて、バランスよい企業を選ぶことをオススメします。

#7:その他気になるポイント

今までまとめるべき情報として6つあげてきました。

上記の6つにあてはまらない部分はこの7つ目の「その他気になるポイント」にまとめておきましょう。

  • 会社の人たちの人柄
  • 通勤のしやすさ

など、気になるポイントはなんでも記入しておきましょう。

企業選びで迷った際にこのポイントが決め手になることがあります。

今回は7つ紹介しましたが、この中で自分なりの優先順位と点数をつけておくことをおすすめします。

なぜならその優先順位と企業を照らし合わせることで効率的に企業選びができるからです。

また、点数をつけておくとあとから簡単に比較することができます。

(3)ドキュメントもしくはWordを使うのがオススメ

企業研究ノートはドキュメントかWordをつかってまとめるのがおすすめです。

おすすめする理由は以下の3つです。

  1. 情報の整理・追加がしやすい
  2. 検索機能を活用できる
  3. ESにコピペできる

それぞれ説明します。

#1:情報の整理・追加がしやすい。検索機能も活用できる

ドキュメントやWordならばいつでも情報の追加や整理が可能です。

多忙な就活生は電車の中で、企業について調べたりすることもあるかと思います。

そんな時に、手書きのノートは難しい時もありますし、効率が良くないです。

ドキュメントやWordならばスマートフォンからも追加や編集が可能ですし、情報が集まってきたら整理することも可能です。

また手書きのノートとは違い、検索機能が利用できます。

検索機能を利用すれば、必要な情報を簡単に見直すこともできます。

このように、スキマ時間を使って就活を進めることができるのでドキュメントやWordを利用することがオススメです。

手書きノートとWordやドキュメントの比較

・いつでも編集可能
・まとめた情報の検索が簡単
・そのままESに利用できる

ドキュメントやWordには手書きのノートに比べてこのようなメリットがあります。

#2:ESにコピペできる

ドキュメントやWordにまとめることでESにも活用できます。

ESにはあらかじめドキュメントやWordに書いた内容をコピペすればいいです。

それだけでESを書き終えることができるので、時間短縮につながります。

時間短縮できた分は、企業研究や志望動機の作成に時間を使いましょう。

2.企業研究ノートを作る2つの理由

企業研究ノートを作る意味は主に2つあります。

企業研究ノートを作る意味
  1. 自分にとって魅力的な企業かどうか判断できる
  2. 志望動機の材料になる

順に説明します。

(1)自分にとって魅力的な企業かどうかを判断できる

企業研究ノートを作ることで、魅力に感じた点をチェックしたり、自分の会社選びの軸と照らし合わせることができます。

たくさんの企業を研究して、企業毎のノートを作成すると、自分の傾向がわかるようになります。

「わたしは企業の経営理念を重視していたんだな」
「ぼくは企業の業務内容を重視していたんだな」

このようになんとなく志望していた会社だったが共通点が見つかったりすることもあります。

また、ノートにまとめることで企業の特徴が一目でわかるようになります。

特徴がわかれば、その会社が自分にとって魅力的な会社なのかの判断がしやすくなります。

(2)志望動機の材料になる

企業研究ノートを作ることで、情報が整理され、他社競合との比較がしやすくなります。

また、面接では志望動機について深掘りされることが多いですが、企業や業界について理解していないと曖昧な志望動機しか話すことができません。

企業の面接担当は、面接のプロですので曖昧な志望動機は必ずバレます。

「この人はあんまりうちの業界か会社について理解していないんだな」と思われてしまうでしょう。

しかし企業研究ノートを書くことでその業界や企業について深く理解できるため、面接時にも具体的な内容をお話しすることができます。

志望動機の例

良い例:御社は〇〇業界の中でも✖︎✖︎という分野においてシェアNo1という実績があります。

また、経営理念として掲げている△△に非常に共感したため志望します。

悪い例:御社はこの業界では非常に有名で、安定した経営を行なっているため志望します。

このように、なぜその会社じゃなければいけないのか

という、観点が抜けている志望動機を言ってしまうと、きちんと調べてないんだなという印象を与えてしまうでしょう。

詳しくはこちらの記事で説明しているので合わせてご覧ください。

【志望動機が書けない】7つの要素を使った志望動機のひな型を紹介!

2020.06.09

3.企業研究ノートを作るメリット2つ

企業研究ノートを作るメリットは2つあります。

企業研究ノートを作るメリット
  1. 志望度・マッチ度を明確に出来る
  2. 面接対策になる

順に説明します。

(1)志望度・マッチ度を明確に出来る

企業や業界を調べていく中で、魅力に感じた点を可視化していくことで、志望度が分かります。

また優先度も分かってくるので、効率的に企業を選択し、選考準備ができます。

自分の中で大切にしている部分がわかるようになると、企業を選ぶのが比較的楽になります。

なぜなら自分の大切にしている部分と企業を比べるだけでその企業とのマッチ度を把握することができるからです。

(2)面接対策になる

面接では志望動機を深掘りされることが多いです。

例えば、次のような質問が来ることもあります。

「なぜ〇〇社じゃなくてうちなの??」

企業研究をしていないと、具体的な理由などはないことが多いため、曖昧な回答しかできないでしょう。

しかし、企業研究ノートを作ると、その業界や企業について具体的な知識がつくため、このような質問に対しても答えられるようになります。

36個の質問に答えて自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析を通じて、自分の強みを理解する必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

4.まとめ

この記事では、企業研究ノートの作り方からメリットまでを紹介しました。

企業研究ノートは、効率よく就活を進めることに加え、自分とマッチ度の高い企業を選ぶことにつながります。

また企業研究だけでなく、面接時にも応用可能ですので就活生は作っておくことをオススメします。

ぜひ、紹介した方法を用いて志望度の高い企業へ就職できるよう企業研究ノートを活かしてみてください!

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。