• HOME
  • ブログ
  • 自己PR
  • 【例文】自己PRで好奇心をアピールする方法は?飽きっぽいと思われないコツ

【例文】自己PRで好奇心をアピールする方法は?飽きっぽいと思われないコツ

「自己PRで好奇心をアピールするにはどう話せばいいのだろう」
「飽きっぽいと思われないか心配…」

このような悩みを抱えていませんか?

好奇心の自己PRは、伝え方を工夫することで、飽きっぽいという印象を与えずに強みをアピールできるんです!

この記事では、好奇心の自己PRに含めるべき要素と例文を紹介します。

この記事を読んで、好奇心を自信を持ってアピールし、内定を獲得しましょう!

1.自己PRで好奇心を語るときのフレームワーク

ここでは、自己PRで好奇心を語るときに有効なフレームワークを紹介します。

このフレームワークを使えば、誰でも簡単に自己PRを作れるようになりますよ。

(1)自己PRは7つの要素で構成しよう

自己PRはあなたの能力を面接官に伝えるものです。

限られた時間の中で、あなたが他の候補者よりも企業の役に立つということを伝えなければなりません。

そのために、自己PRには次の7つの要素を含めましょう。

自己PRに必要な7つの要素

  1. 能力・長所
  2. 背景・きっかけ
  3. 問題意識・課題点
  4. アクション
  5. 結果・変化
  6. 能力の再確認
  7. 仕事への活かし方

上の7つの要素を順番に含めて自己PRを作ることで、面接官にあなたの魅力が伝わり、入社後の活躍イメージを持たせることができます。

自己PRの詳しい作り方はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

【就活攻略】自己PRの効率的な書き方を徹底解説!自己PRがない人必見!

2019.01.14

2.好奇心の自己PR3つ

ここまで自己PRに必要な7つの要素を紹介しました。

では、実際に好奇心をアピールするにはどのように自己PRを書けばいいのか、具体例を紹介します。

今回は650文字、600文字、300文字の3つの例文を紹介します。

例文1:勉強で好奇心を自己PR

1つ目の例文は、勉強でどのように好奇心を活かせたのかをアピールするものです。

好奇心の自己PR例文1

①能力・長所
私には、様々なことを知りたいと思う好奇心があり、それを自分の学習に活用することができます。

②背景・きっかけ
この能力は、大学のゼミで発表のための調査を進める過程で身に着きました。

③問題意識・課題点
大学のゼミでは政治学を専攻しており、チームで現代日本の政党システムについて発表するために準備を重ねていたのですが、中間発表の時点で教授から「現代の政党の仕組みを述べているだけで深い考察がない」と指摘を受けてしまいました。

④アクション
チームメンバーは改善策がわからず戸惑っていましたが、私は、外国の政党システムや日本の過去の政党システムについて理解してから現代日本の政党システムについて議論することで、相違点や類似点とその原因を踏まえた深い考察ができるのではないかと考えました。
そこで、以前好奇心から履修していた世界史や日本史の講義を復習し、外国や過去との比較を行いました。
さらに、自分が関心のある過去の政治の出来事をピックアップし、その背景を徹底的に調べ上げ、これらをチームメンバーに提示しました。

⑤結果・変化
その結果、関連が無いように思われる昔や外国の政党システムが現代日本の政党システムに多大な影響を及ぼしていることがわかり、これを活かして考察に幅と深みを持たせることができました。
教授からも「幅広い視点で事象を分析できている」と褒めていただきました。
Point:好奇心で知ったことが今必要なことに活きているとアピール

⑥能力への再確認
このように、私には様々なことを知りたいという好奇心があり、それを自分の学習に活かせます。

⑦仕事への活かし方
仕事でも、新しく覚えなければならない仕事に対して好奇心を発揮し、いち早く学習して会社に貢献できるようになりたいです。

(648文字)

サークルやアルバイトをしておらず、自分にはアピールポイントがないと心配している方は本業の勉強をアピールするのも一つの方法です。

好奇心旺盛な性格は様々な業務の知識を吸収することに繋がるので、特にジョブローテーションの多い企業では好まれるアピールポイントです。

例文2:サークルで好奇心を自己PR

負けず嫌いを自己PRするラガーマン

2つ目の例文は、テニスサークルの活動でどのように好奇心を発揮したのかをアピールするものです。

好奇心の自己PR例文2

①能力・長所
私には、好奇心で「これをやってみたい!」と思ったことを実行し、結果を残す力があります。

②背景・きっかけ
この能力は、サークル活動で面白いと思ったアイデアを思いつき実行していく過程で身に付きました。

③問題意識・課題点
私が代表を務めるテニスサークルでは、練習メニューに詳しいメンバーがいないために効率的な練習が確立できず、メンバーの実力が向上しないことが課題でした。

④アクション
そこで私は、「この練習は面白いし、良い練習になるのではないか」と直感的に感じた練習を取り入れました。
その練習は3人で行うもので、一人が片方のコートに行き、後の2人がもう片方のコートに行ってゲームをするというものです。
2人の方はそれぞれ半面ずつ担当し、相手から向かってくるボールを返します。
当然1人の方が不利であり、広い範囲をカバーしなくてはならないため、半面で練習するよりもコートを走り回るようになり、苦しい状況でのレシーブを多く経験できるようになりました。
Point:練習内容をイメージしやすいように丁寧に説明

⑤結果・変化
結果としてメンバーはコートを走り回る体力や苦しい体勢でレシーブをする技術がつき、試合で相手から返ってくるほとんどのボールをレシーブし、ラリーを長く続けられるようになりました。
それに伴ってミスが減り、夏の大会でベスト8に輝きました。

⑥能力への再確認
このように、私には好奇心でやってみたいと思ったことを実行し、結果を出す力があります。

⑦仕事への活かし方
仕事でも様々なアイデア取り入れてそれを実行し、確かな業績を残していきたいです。

(588文字)

好奇心を行動力に結びつけ、実際に役に立った経験を記述することで会社でも結果を残せるということをアピールできます。

例文3:アルバイトで好奇心を自己PR

3つ目の例文は、カフェのアルバイトで好奇心を発揮したエピソードをアピールするものです。

好奇心の自己PR例文3

①能力・長所
私は、好奇心を持って多くのアイデアを出せます。

②背景・きっかけ
この能力は、カフェのアルバイトでヒット商品を考案する過程で身に付きました。

③問題意識・課題点
私のアルバイト先のカフェは食べ物に魅力がなく、売上が伸びないことが課題でした。

④アクション
そこで私は、お客様の好きな食べ物をリサーチし、それらを組み合わせて合うものがないか試しました。
Point:好奇心で様々なものを試していることをアピール

⑤結果・変化
試作品の中で店長に好評だった「チーズタッカルビナン」を実際に提供した結果、お客様の間でヒットし、店全体の売上の半分を占めるまでになりました。

⑥能力への再確認
このように、私は好奇心を活かして革新的なアイデアを出せます。

⑦仕事への活かし方
仕事でもリサーチをした上で革新的なアイデアを出す企画者になりたいです。

(285文字)

好奇心があることを「アイデアを多く出せる」、「勉強熱心」という形でアピールする例文です。

3.好奇心を自己PRで語るときの注意点

好奇心を自己PRで語るときには、飽き性だと思われないようにする必要があります。

好奇心旺盛な性格は勉強意欲や向上心といったプラスの要素としてアピールすることができますが、一方で飽き性・一つのことを続けるのが苦手と捉えられてしまう可能性があります。

そのため、好奇心をアピールする際は、可能ならば一つのことに対して好奇心を持って様々な視点から学んだという形にすると飽き性という印象を与えるのを防ぐことができます。

例えば、先程のゼミの自己PR文ならば「政党システム」という一貫したテーマに対して様々な角度から好奇心を持って考察したという形で書くことによって基本的な目標がぶれていないことをアピールできています。

4.まとめ

この記事では、自己PRで好奇心をアピールするための要素と例文、自己PRで好奇心をアピールするときの注意点を紹介しました。

好奇心をアピールするときは、一つのことに好奇心を持って長く取り組んだ経験を入れることで効果的に強みを伝えることができるとわかっていただけたと思います。

この記事に書かれていることを参考に好奇心をアピールして、希望業界の内定を手に入れましょう!

【関連記事】
面接での1分間自己PRに関しては、こちらの記事をご覧ください。

【例文あり】1分間の自己PRに含めるべき要素とは?伝え方も解説!

2019.03.25

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。