【過程が大事】自己PRで研究への取り組みをアピールする際のポイント

「研究成果には絶対の自信がある!でも、企業の人にどうやってアピールすればいいのかな?」
「研究室が忙しすぎて他のことはほとんどできていないから、何とか研究のアピールで乗り切りたい!」

研究への取り組みをアピールしたいけど、どうアピールすれば周囲と差をつけられるのか、悩んではいませんか?

研究への取り組みを自己PRする際には、7つの要素を含めることで周囲と差別化し、有利に選考を進められます!

この記事では、自己PRで研究への取り組みをアピールするときに含めるべき要素と例文、また研究への取り組みをアピールする際の注意点を紹介します。

研究内容を分かりやすく伝えアピールすることで、希望企業からの内定を獲得しましょう!

1.自己PRで研究への取り組みを語るときのフレームワーク

ここでは、自己PRで研究への取り組みを語るときに有効なフレームワークを紹介します。

このフレームワークを使えば、誰でも簡単に自己PRを作れるようになりますよ。

(1)自己PRは7つの要素で構成しよう

自己PRはあなたの能力を面接官に伝えるものです。

限られた時間の中で、あなたが他の候補者よりも企業の役に立つということを伝えなければなりません。

そのために、自己PRには次の7つの要素を含めましょう。

自己PRに必要な7つの要素

  1. 能力・長所
  2. 背景・きっかけ
  3. 問題意識・課題点
  4. アクション
  5. 結果・変化
  6. 能力の再確認
  7. 仕事への活かし方

上の7つの要素を順番に含めて自己PRを作ることで、面接官にあなたの魅力が伝わり、入社後の活躍イメージを持たせることができます。

自己PRの詳しい作り方はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

【就活攻略】自己PRの効率的な書き方を徹底解説!自己PRがない人必見!

2019.01.14

2.研究への取り組みをアピールする自己PRの例文3つ

自己PRに必要な7つの要素を紹介しました。

では、実際に研究への取り組みをアピールする自己PRをどのように書けばいいか、600文字、400文字、200文字程度で3つ例文を紹介します。

例文1:「論理的思考力」

1つ目の例文は、研究で試行錯誤をする過程で身に付いた論理的思考力をアピールするものです。

600文字以内で作成しています。

研究の自己PR例文1

①能力・長所
私は答えの見えない困難な課題でも、どのように対応すべきか考える論理的思考力があります
Point:具体的にどのような能力があるのか説明しているところ

②背景・きっかけ
この能力は大学院で研究に取り組む中で、答えの見えない課題に対して地道に試行錯誤しながら取り組んでいく過程で身に付きました。

③問題意識・課題点
研究は、近年人気が高まっている人工知能に関するテーマについて取り組んでいました。研究テーマはすぐに決まったものの、それほど知識がなかったので、まずは何から手を付ければいいのか全くわからず、最初の3ヶ月は研究がほとんど進みませんでした。

④アクション
このままでは研究が全く進まずに、卒業までに研究成果を出せないと思い、2つの行動を取ることにしました。
Point:なぜ自分がその行動をとったのかの理由を含めているところ

1つ目は、最終的な研究成果を得るために必要な内容を分解し、筋道を立てていくこと。2つ目は、この現象はなぜ発生するのか、どうしてこうなるのかを徹底的に考え、調べ、時間がかかっても1つずつ確実に解決していくこと。

⑤結果・変化
この2つの行動により、進め方がまったくわからなかった研究も論理的に考えることで少しずつ道が見え始め、最終的には学会で論文発表をできるレベルにまで到達できました。
Point:結果に結びついた要因を説明しているところ

⑥能力の再確認
このように、私には答えの見えない困難な課題であったとしても論理的に考えることで解決する能力があります。

⑦仕事への活かし方
ビジネスの世界でも答えのわからない困難な課題が多くあると思いますが、論理的に道筋を考え行動に移すことで、1つずつ解決していきます。

(571文字)

例文2:「継続力」

2つ目の例文は、先の見えない地道な研究に取り組み中で身につけた継続力をアピールするものです。

400文字以内で作成しています。

研究の自己PR例文2

①能力・長所
私は、先の見えないことでも地道に継続していく能力があります。
Point:具体的にどのような能力があるのか説明しているところ

②背景・きっかけ
この能力は大学院の研究で、毎日条件を変えて似たような実験に繰り返し取り組み続ける中で身につけました。

③問題意識・課題点
似たような実験ばかりで成果もなかなか出ないと、どうしても実験を繰り返すのがつまらなく面倒になってしまいます。

④アクション
そこで私は、実験をする理由を明確にし、実験をただの作業ではなく研究を前に進めていくために必要なマイルストーンだと考えるようにしました。少しずつでも進んでいることが可視化できれば、モチベーションを維持できると考えたからです。
Point:なぜ自分がその行動をとったのかの理由を含めているところ

⑤結果・変化
その結果、似たような実験を繰り返す中で特徴的な研究成果を出し、論文も学内で表彰を受けることができました。
Point:結果に結びついた要因を説明しているところ

⑥能力の再確認
このように、考え方を工夫することで地道な作業でも継続できます。

⑦仕事への活かし方
働く際にも、地道に取り組む必要がある仕事に対してもモチベーションを保ちながら取り組めます。

(373文字)

例文3:「専門知識」

3つ目の例文は、研究の中で身につけた企業でも使える専門知識をアピールするものです。

200文字以内で作成しています。

研究の自己PR例文3

①能力・長所 ②背景・きっかけ
私の長所は、大学院で研究する過程で身に付けた有機化学に関する高い専門知識です。
Point:具体的にどのような能力があるのか説明しているところ

③問題意識・課題点 ④アクション
研究当初は得意分野が無く、何か武器を手に入れる必要があると感じ、専門知識を得るために積極的に学会に参加しました。
Point:なぜ自分がその行動をとったのかの理由を含めているところ

⑤結果・変化
その結果、有機化学において教授よりも詳しい分野が出るほどになりました。
Point:結果に結びついた要因を説明しているところ

⑥能力の再確認 ⑦仕事への活かし方
働く際にも、有機化学に関する高い専門知識を活かして、世に出ていない新しい製品開発を実現します。

(177文字)

3.研究への取り組みを自己PRで語るときの注意点

ここまで、研究への取り組みをアピールする自己PRの例文を2つ紹介しました。

7つの要素を抑えた自己PRを書くことで、ESや面接もスムーズにこなせます。

しかし、自己PRで研究への取り組みを語るときの注意点を抑えておかないと、完成度が下がりアピールの効果が不十分になってしまいます。

ポイントとしては次の2つです。

研究への取り組みをアピールするときの注意点

  1. 研究内容に偏りすぎない
  2. 分かりやすく伝える

順に説明していきます。

(1)研究内容に偏りすぎない

研究への取り組みをアピールするときは、研究内容の説明に偏りすぎないようにする必要があります。

研究への取り組みを明確にするのに研究内容や成果をアピールするのは分かりやすいですが、伝える際に内容を重視してしまうと話が伝わりにくく、本当に伝えたい内容が面接官に届かない可能性があります。

面接官は研究の成果よりも、どうしてその成果を出せたのか?課題があったときにどのように解決したのか?という点に強い興味を持っています。

研究成果よりも過程を重視して、その中でどんな能力を身につけることが出来たのか?を意識して伝えるようにしましょう。

(2)わかりやすく伝える

自己PRで研究への取り組みをアピールする際に必要な2つ目の注意点は、わかりやすく伝えることです。

特に理系の研究は、専門分野が少しでも違うとまったく話についていけなくなるぐらい、ニッチな世界に対して取り組んでいくことが多いです。

前提知識がない人に対しても、あなたが取り組んできた研究内容を分かりやすく伝えることで、それが強力なアピールポイントになります。

仕事をしていく中で、わかりやすく伝えることは必要不可欠なので、企業でも重宝されます。

4.まとめ

この記事では、研究への取り組みを自己PRで伝える際に含めるべき要素と例文、またアピールする際の注意点を紹介しました。

研究は客観的に分かりにくいことがほとんどですが、フレームワークの活用で分かりやすく伝えられます。

この記事の内容を実践して、研究の内容とアピールポイントを正しく伝え、内定を勝ち取りましょう。

【関連記事】
面接での1分間自己PRに関しては、こちらの記事をご覧ください。

【例文あり】1分間の自己PRに含めるべき要素とは?伝え方も解説!

2019.03.25

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。