自己PRでアルバイト経験を語るには?業種別の例文も紹介!

「自己PRでアルバイトの経験を語るなら、何を話せばいいんだろう」
「受ける会社とアルバイトの業種が全く違うけど、アピールになるのかな」

アルバイト経験を自己PRするには、何をどう伝えればいいのかお悩みではないですか?

アルバイト経験の自己PRは7つの要素を含め、伝え方を工夫するだけで面接官への印象がグッと上がるのです!

この記事では、アルバイト経験の自己PRに含めるべき要素と業種別の例文、アルバイト経験を語る時の注意点を紹介します。

この記事を読んで、あなたも面接を突破する自己PRを身に着け、内定を獲得しましょう。

面接での1分間自己PRに関しては、こちらの記事をご覧ください。

【例文あり】1分間の自己PRに含めるべき要素とは?伝え方も解説!

2019.03.25

1.自己PRでアルバイト経験を語るときのフレームワーク

ここでは、自己PRでアルバイト経験を語るときに有効なフレームワークを紹介します。

このフレームワークを使えば、誰でも簡単に自己PRを作れるようになりますよ。

(1)自己PRは7つの要素で構成しよう

自己PRはあなたの能力を面接官に伝えるものです。

限られた時間の中で、あなたが他の候補者よりも企業の役に立つということを伝えなければなりません。

そのために、自己PRには次の7つの要素を含めましょう。

自己PRに必要な7つの要素

能力・長所
背景
課題点
アクション
結果・変化
能力の再確認
仕事への活かし方

上の7つの要素を順番に含めて自己PRを作ることで、面接官にあなたの魅力が伝わり、入社後の活躍イメージを持たせることができます。

自己PRの詳しい作り方はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

【就活攻略】自己PRの効率的な書き方を徹底解説!自己PRがない人必見!

2019.01.14

2.【業種別】自己PRの例文3つ

Businesspartners meeting at a cafe

ここまで自己PRに必要な7つの要素を紹介しました。

ここからはアルバイト経験をアピールする自己PRの例文を業種別に3つ紹介します。

よくあるアルバイトの中で、接客系、体力系、頭脳系を1つずつ紹介しているので、似ているものを参考にしてみてください。

また、アピールするのが難しいアルバイトの業種についても紹介します。

まだ、自己PRでアピールする点が決まっていない人は、こちらの記事を参考に自己分析診断ツールを活用しましょう。

【就活攻略】本当に就活に使えるおすすめの自己分析診断ツール3選!

2019.02.15
例文として紹介する業種

  1. 飲食(居酒屋)
  2. 警備員
  3. 家庭教師

例文1:飲食(居酒屋)

1つ目の例文は、モチベーション管理によるリーダーシップをアピールするものです。

飲食(居酒屋)の自己PR

私には、周囲の人のモチベーションを向上させ、メンバーをまとめる力があります。(能力・長所)
Point:どのようなリーダーシップを発揮したのか具体的に説明しているところ

この能力は、居酒屋のアルバイトでバイトリーダーを務め、バイトメンバー全員をまとめる役割を担った過程で身につきました。(背景)

私のアルバイト先では、新バイトメンバーの半分が3か月以内に辞めてしまい、慢性的な人手不足でした。(課題点)

新バイトメンバーが業務や雰囲気に慣れず、旧バイトメンバーと新バイトメンバーに温度感ある状況がよく起こっていました。

旧バイトメンバーと新バイトメンバーのコミュニケーション量を増やすことが必要だと思い、2つの提案をしました。
Point:なぜ自分がその提案をしたかの理由を含めているところ

1つ目は、旧バイトメンバーが新バイトメンバーの業務のフォローをするということです。

一緒に業務をすることで、旧バイトメンバーと新バイトメンバーの間で、コミュニケーションをとる機会を作りました。

2つ目は、業務以外でのイベント日を作り、プライベートでの交流の場を作ることです。
(アクション)

2つの提案により、バイトメンバー全体に一体感が生まれ、フォロー体制により新しいバイト生が業務を覚えるのも早くなりました。

その結果、全体のモチベーションの向上につながり、3か月以内に辞めることはほぼなくなりました。(結果・変化)

このように、周囲の人のモチベーションを向上させ、メンバーをまとめる力があります。(能力への再確認)

働く際にも、組織力を向上させることに貢献していきたいです。(仕事への活かし方)

(564字)

この例文でのアピールポイントは、アパレルなど飲食以外の接客のアルバイトでも応用できます。

例文2:警備員

2つ目の例文は、正義感をアピールするものです。

警備員の自己PR

私には、周囲に流されない正義感があります。(能力・長所)

この能力は、遊園地の警備員のアルバイトをする過程で身につきました。(背景)

遊園地では、ごみのポイ捨てをする客がよくいましたが、他の警備員は注意せず、自分でごみを拾って片付けていました。(課題点)

私は客のポイ捨て行為を黙認していると繰り返されると思い、その場で注意するようにしました。
Point:なぜ自分がその行動をとったかの理由を説明しているところ

その際、気をつけていたことが2つあります。

1つ目は、ポイ捨てを見かけたら、どんな客であれ注意することです。

客によって態度を変えると、不公平感を与えてしまうからです。

2つ目は、注意する時は物腰柔らかな態度で接することです。
(アクション)

この2つにより、私が注意した客はポイ捨て行為を改めてくれました。

その結果、ポイ捨てを見かける頻度が減り、効果を実感した他の警備員もポイ捨て行為を注意するようになりました。(結果・変化)

このように、私は自分の正義感に従って行動を起こすことができます。(能力への再確認)

働く際にも、立場の違いに関係なく、正義感を保ち、周りの人の襟を正す存在でありたいです。(仕事への活かし方)

(422字)

この例文でのアピールポイントは、安全面に留意する必要のある、スイミングスクールなど警備員以外のアルバイトでも応用できます。

例文3:家庭教師

3つ目の例文は、課題解決力をアピールするものです。

家庭教師の自己PR

課題を探り、個人に合わせた解決方法を見つける力があります。(能力・長所)
Point:どのような課題解決力を身につけたのか具体的に説明しているところ

この能力は、家庭教師のアルバイトで、個人に合わせた勉強計画を作る過程で身につきました。(背景)

私が担当した中学生は、勉強が嫌いで習慣化しておらず、苦手がたまってしまい、成績が伸び悩んでいました。(課題点)

勉強する習慣をつけることが必要だと思い、2つの提案をしました。

1つ目は、1日の中で勉強する時間を固定することです。

学校から帰ってきて夕食を食べるまでの時間を勉強時間にすることを保護者の方にも共有して取り組んでもらいました。

2つ目は、一人でできたという満足感を得られるように、宿題では誘導の多い形式にすることです。
(アクション)

2つの提案により、勉強する習慣が身についただけでなく、宿題を楽しめるようになり、夕食前以外にも自分から勉強することが増えました。
Point:結果に結びついた要因を説明しているところ

その結果、1年間で学年順位が下位1/4から半分以内に上がりました。(結果・変化)

このように、課題を探り、個人に合わせた解決方法を見つける力があります。(能力への再確認)

働く際にも、課題を探り、顧客に適した解決策を提案していきたいです。(仕事への活かし方)

(441字)

この例文でのアピールポイントは、個別に対応する必要のある、コールセンターなど家庭教師以外のアルバイトでも応用できます。

(4)アピールするのが難しい業種

ここまで、自己PRの例文として3つの業種を紹介しました。

次に、アピールするのが難しい業種について説明します。

アルバイトの種類は数多くありますが、全てが自己PRに使えるとは限りません。

例えば、スーパーやコンビニのレジや棚卸などは、仕事への活かし方のアピールが難しいでしょう。

アピールのない人でも自己PRを作る方法をこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

自己PRが書けない人必見!エピソードの作り方と伝わる自己PRの書き方

2019.04.04

3.自己PRでアルバイトの経験を語るときの注意点

ここまで、アルバイト経験をアピールする自己PRの例文を3つ紹介しました。

7つの要素を押さえた自己PRを書くことができれば、ESの通過も面接の返答もスムーズにいきます。

しかし、自己PRでアルバイト経験を語るときの注意点を押さえておかないと、完璧な自己PRとは言えなくなってしまいます。

しっかりと自己PRでアルバイトの経験を語る時の注意点を押さえて、より完成度の高い自己PRに仕上げましょう。

ポイントとしては次の3つです。

自己PRでアルバイトの経験を語るときの注意点

  1. アピールポイントは1つに絞る
  2. 言葉を明瞭にする
  3. どう仕事に活きるのかを話す

順に説明します。

(1)アピールポイントは1つに絞る

自己PRでアルバイト経験を語るときの注意点1つ目は、アピールポイントは1つに絞るということです。

1つの自己PRにアピールポイントを複数含めてしまうと、1つ1つの内容が薄くなり、面接官の印象に残りにくくなってしまいます。

例えば、「接客のアルバイトで、レジや電話対応、顧客の案内をしていた」と言われても、何をアピールしたいのかが分かりません。

改善をしては、「店の回転効率を高めるために、席の配置を考えながら顧客の案内をしていた」など、業務内容ではなく、工夫したポイントやなぜその行動をとったのかを中心に、アピールポイントを1つに絞って説明するといいでしょう。

アピールポイントを1つ決め、詳しく説明することによって、面接官の印象に残りやすくなります。

(2)言葉を明瞭にする

自己PRでアルバイト経験を語るときの注意点2つ目は、言葉を第三者に分かりやすく明瞭なものにすることです。

人は一度よくわからない言葉を聞いてしまうと、そのあとの話を理解することが難しくなってしまいます。

例えば、「居酒屋のバイトリーダーを務めた」という言葉は、居酒屋のバイトリーダーというのがどんな役割を担うのか分かりにくいです。

面接官からしたら「バイトリーダーってどんな仕事をするのだろう」という疑問が生じてしまいます。

改善としては、「ホールのバイトリーダーとして、全体を把握しバイトメンバーに指示出しをしていた」など、業務内容が第三者にもわかるように伝えると良いでしょう。

身内で固有の言葉を使うのは避け、抽象的な言葉は具体的にして相手に分かりやすくしましょう。

(3)どう仕事に活きるのかを話す

自己PRでアルバイトの経験を語るときの注意点3つ目は、どう仕事に活きるのかを話すということです。

いくらアルバイトで人とは違うすごい経験をしていたとしても、仕事に活きるものでなければ、アピールした意味がありません。

例えば、営業職に応募する際に「ワールドカップの警備員のアルバイトをしていました」と言われても、営業職で活躍している姿が思い浮かびません。

改善としては、「警備員の仕事で身についた責任感を活かして、目標達成に向けて営業チームを引っ張っていきたい」など、アルバイトの経験から身についた能力と、その活かし方を説明するといいでしょう。

たとえアルバイトと会社の業界業種が異なっていたとしても、身についた能力に一段抽象化すると、面接官に仕事での活躍イメージが浮かびやすくなります。

4.まとめ

この記事では、アルバイト経験の自己PRに含めるべき要素と業種別の例文、アルバイト経験を語るときの注意点を紹介しました。

大切なのは、フレームワークを用いて自己PRを作成することです。

この記事の内容を実践して、面接を突破する自己PRを身に着け、アルバイトの経験を活かして、内定を獲得しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。