就活が怖いあなたへ。こわい原因とその対策・解消方法を解説!!

「就活が怖い…」
「就活から逃げ出したい…」

このように、就活に対して怖い気持ちを抱えているものの、どうすればいいかわからずにいませんか?

実は、就活に対する恐怖には適切な解決策があり、克服する方法があるんです。

この記事では、就活が怖いと感じる原因とその解消方法や怖いと感じた時にとるべき行動を紹介します。

この記事を読めば、就活に対する怖い気持ちがなくなりますよ!

1.2タイプの就活への「怖い」

就活への「怖い」は様々なパターンがありますが、大きく分けると2タイプの「怖い」に分けることができます。

2タイプの「怖い」
  • 怖い原因が曖昧ではっきりしていないタイプ
  • 怖い原因が自分でわかっており、はっきりしているタイプ

以下では、それぞれのタイプについて詳しく解説します。

(1)怖い原因が曖昧ではっきりしていないタイプ

あなたが「なんとなく怖い」「なぜだかわからないけれど怖い」などと感じている場合は、この「怖い原因が曖昧ではっきりしていないタイプ」に当てはまります。

具体的には怖い原因がわかっておらず、未来予測的な心配や不安から怖いという感情が引き起こされている状況です。

就活においては、「自分の将来が怖い」「就活の雰囲気やプレッシャーが怖い」と言った状況が挙げられます。

しかし、怖い原因が曖昧なタイプでも、「何をすればいいかわからず怖いのは就活の流れを知らないから」など、考えれば原因が明確な場合もあるため、一過性で不安の原因が明確なタイプの要素も絡んでいるとケースもあるといえます。

 (2)怖い原因が自分でわかっており、はっきりしているタイプ

あなたが特定の出来事や対象に対して怖いと感じているのならば、それは「怖い原因が自分でわかっており、はっきりしているタイプ」に当てはまります。

就職活動において例えると、「面接が苦手だが、企業から内定をもらうためには面接を受けなければならない」という状況は、「面接が苦手」という原因が明確です。

この場合、「面接が苦手」という怖い原因が明確になっているため、その怖い原因に対する対処法を知り、実行することによって怖さを早期に解消することが可能です。

2.「就活が怖い」のタイプ別具体例と対処法

ここでは、上記で解説した「就活が怖い」のタイプ別具体例と対処法について解説します。

(1)怖い原因が曖昧ではっきりしていないタイプ

怖い原因が曖昧ではっきりしていないタイプについて解説します。

具体例
  • 内定がなかなか出ない
  • 就活の独特の雰囲気に押しつぶされそうになる
  • 社会人になることや自分の将来が怖い

#1 内定がなかなか出ない

 

「内定がなかなか出ず、怖い」「自分が内定がもらえるか不安で怖い」という就活生は多いです。

何度もweb選考やESで落とされ続けると、自分の人格を否定されているような気持ちになってしまいます。

このように内定を得られるか不安になっている方は、まず「徹底的な自己分析をする」ことをおすすめします。

自己分析は就活の基本中の基本ですが、自己分析を疎かにすると闇雲な就活に走ってしまい、結局内定をもらえないという状況に陥りがちです。

自己分析をすることで、自分の強みを再確認できるだけでなく「自分が合う社風・企業理念の会社はどこか」など志望する企業の精査ができ、結果的に内定率のUPにつながります。

あなたが何の強みも持っていない人間なはずがありません。今一度、以下の記事を参考に自己分析をしてみてください。

【必見】自己分析のやり方徹底解説!就活に使える自己分析を行おう!

2020.03.13

#2 就活の独特の雰囲気に押しつぶされそうになる

 

就活を始める前や就活を始めたての学生に多くあるのが、この「就活の独特の雰囲気が怖い」というものです。

大学生にとって、就活は受験とは全く違ったこれまでに体験したことのないものであり、得体が知れず怖く感じてしまうものです。

そのような学生は、まず「就活のスケジュール・流れを知る」「就活の体験談を読む」ことをおすすめします。

就活には、多くの学生が従うスケジュールがあり、これに沿って就活は進んでいくのでスケジュールを知ることで就活がどのようなものかを知ることができます。

以下の記事が就活スケジュールの参考になるので、合わせてご覧ください。

就活はいつから?【全体の約92%よりも一歩進める】選考スケジュールを解説

2020.09.16

#3 社会人になることや自分の将来が怖い

どんな人でも自分の将来は不確定なものであり、不安で怖くなってしまうものです。

「ちゃんと収入を得られるだろうか」「職場での人間関係はうまくやっていけるだろうか」など多くの怖い要素があり頭を抱えてしまいがちです。

このような方は「自分の将来に対する『最低限のライン』はどのようなものか考えてみる」ことがおすすめです。

将来に対する理想は考えているとキリがなくその理想とのギャップに苦しんでしまうので、いっそのこと「最悪これぐらいの生活を送っていたら大丈夫」というラインを決めてみましょう。

最低限のラインを決めることで心が軽くなり、将来に対しての不安を減らすことができます。

そして、その最低限のラインを越えるためには今どうすれば良いかということまで考えることができればよりgoodです。

(2)怖い原因が自分でわかっており、はっきりしているタイプ

怖い原因が自分でわかっており、はっきりしているタイプについて解説します。

具体例
  • 面接やグループワーク等の選考が怖い
  • オンラインでの就活のマナーなどが怖い

#1 面接やグループワーク等の選考が怖い

面接やグループワークなどの各選考フローに対して、就活生それぞれが苦手としているものがあるかと思います。

「毎回面接まではうまくいくのに、面接でうまく質問に答えられず落ちてしまう…」「グループディスカッションで話す内容が思いつかない…」など様々な理由があります。

このような怖さの場合、適切な対策方法を知った上で練習を繰り返すことが最適な怖さへの対策です。

面接対策には以下の記事が参考になります。

面接で落ちる原因が分からない!受かるためにするべき対策とは?

2020.04.18

また、グループディスカッション対策には以下の記事を参考にしてください。

【グループディスカッション対策】対策方法と評価項目各6つを紹介

2020.06.07

#2 オンラインでの就活のマナーなどが怖い

コロナウイルスの影響で急増したオンラインでの就活に戸惑い、怖く感じている方も多いです。

オンラインのみでの情報収集・web面接特有のマナーなど十分な対策を取れているかわからず、怖くなってしまいがちです。

このような方は、友人と情報共有などを重ねながら予行演習をしてみるのがおすすめです。

web面接の対策には以下の記事がおすすめですので、参考にしてください。

【10分で読めるWeb面接完全攻略マニュアル】やり方・場所・服装と3つの注意点

2020.04.30

3.怖い時は行動すべし。タイプ別すべきこと

就活が怖い時は、とにかく行動することが怖さを取り除く最善の方法です。

ですが、怖くて動けないという方は以下の2パターンに分かれるでしょう。

  • 何をすればいいかわからず行動できない
  • ストレスがトラウマになって行動できない

それぞれのパターン別に解説します。

(1)何をすればいいかわからず行動できない

何をすればいいかわからない時は、まず自分が今行っている就活の見直しをしましょう。

就活の見直しは以下の5ステップで可能です。

就活の見直し5ステップ
  1. 自己分析の見直し
  2. 志望企業・業界の見直し
  3. ESの見直し
  4. 面接やグループワークなどの各選考対策の見直し
  5. その他就活マナーなどの見直し

最初の項目ほど、土台となる重要な部分なのでそこから手をつけていきましょう!

(2)ストレスがトラウマになって行動できない

ストレスがトラウマになって行動できない場合は、思い切ってエージェントや友達に頼ってしまうと良いです。

友達や就活のプロを頼って相談したりすることで、うまくいくことも多くあります。

ストレストラウマの就活生にはdoda新卒エージェントがおすすめです。

プロのキャリアアドバイザーがあなたの現在の就活状況をヒアリングし、強みや適性などを明らかにし、会社選びの視点を0から一緒に整理してくれます。

また、通常はわからない面接の合否理由もあなたに代わって聞くので、たとえ一度失敗しても対策して、次に活かすことが可能です。

\まずは無料登録/

dodaキャンパスの評判ってどうなの?利用者の口コミやメリット、デメリットを徹底解説!

2020.10.01

まとめ

この記事では、就活が怖いと感じる原因とその解消方法や怖いと感じた時にとるべき行動を紹介しました。

就活が怖い時には、怖い原因を分解して整理しながらとにかく行動することが大切です。

うまく就活への怖さを乗り越えて、就活を大成功させましょう!

関連記事一覧